タグ:九份 ( 2 ) タグの人気記事

ハルばあ、台湾に行く その3

9月24日(土) 3日目

今回の旅はリョウさんのメインの目的が、小籠包と胡椒餅を食べる事。
ハルばあのメインは野柳に行って「女王の頭」を見る事でした。

この日は、いよいよハルばあのメインイベント
野柳に行く現地ツアーに参加します。

日本から申し込んであった今回のツアーは外国人との混載ツアーです。
朝8時半にホテルに小さなバスが迎えがきました。

この日同じツアーに参加したのは、インド系の若い男性二人組。
インド系のご家族4人、タイ人の若いカップル、40代くらいの日本人男性
そしてハルばあ夫婦の11人です。

50代くらいの台湾人男性ガイドさんは、英語と日本語でガイドしてくれます。
どうやらこのガイドさん、日本語よりも英語がお得意みたいです。
でも日本語もかなり流暢に話します。スゴイ。

野柳までは台北から車で高速に乗って1時間ほどで着きます。
ここは近年、台湾の人達に大人気の観光地です。
つい数日前にもテレビで、最近の人気スポットと野柳の紹介をしていました。

ここでは海からの風を受け浸食された奇岩が見られるのです。
ハルばあ達も2年ほど前に、テレビでここの奇岩の事を知り
年々浸食が進んでいて、数年後には同じ物が見られなくなるというので
一度ぜひ見に行きたいと思っていたのです。

バスは野柳の前に基隆の町に立ち寄りました。
基隆は古くから港町として栄えた街です。

年間半分は雨が降っていて雨の港言われるほど台湾でも雨の多い街ですが
この日はものすごく良いお天気で、まるで真夏のような暑さです。

まず小高い山の上にある大仏禅寺に行きました。
d0168471_2056413.jpg


本堂の中には金の千手観音が祀られています。
d0168471_20595716.jpg

この寺には台湾で一番大きな観音像が立っていて、これは基隆の守り神だそうです。
基隆港を見下ろすように建てられていて、安全な航海を守っています。
d0168471_20574528.jpg

観音像の中を登れるようでしたが、リョウさんの足は階段を拒否したので断念。

d0168471_2103237.jpg


港も一望でき、お天気に恵まれたせいか中々の見晴らしでした。
d0168471_20582768.jpg





30分ほどで大仏禅寺を出て、野柳地質公園に向かいました。
d0168471_21452100.jpg

ここは今、台湾の人達に大人気の観光地で、駐車場は大型バスでいっぱいです。
ガイドさんの説明を聞きながら海岸に向かい、あとは1時間自由散策。
この植物が野柳、この土地の名前の由来だそうです。
d0168471_2111415.jpg


大人気というだけあって、奇岩の岩場はかなりの人出でした。
d0168471_2115512.jpg
でも台湾、中国、韓国の人達が多く、日本人はほとんど見かけません。
d0168471_212284.jpg
変わった形の岩がたくさんありましたが、やはり一番人気は「女王の頭」
d0168471_213631.jpg

この岩の前で写真を撮るためには、長い列に並んで順番を待たなければなりません。
係員が二人いて、危険がないよう、そして横入りがないよう見ています。

途中、後ろ側からきて写真を撮ろうとしていた中国人の集団は
注意されてもきかなかったため、係のおじさんにすごい勢いで怒鳴られていました。
でもキチンと並んで順番を待てば、お願いすると写真を撮ってくれたりします。

ハルばあ達も、リョウさんと並んで記念写真を撮ってもらいました。
d0168471_2135429.jpg
d0168471_2141937.jpg

ここは思っていた以上に広く(一番端まで2キロくらいあるそうで)
写真の列に並んでいたので、他をゆっくり見る時間はありませんでした。

それでも一応、目的は達成。
何年か先には、海風で浸食されて首の部分がもっと細くなり崩れるので
この姿を見るのは後数年と言われている「女王の頭」を見ることができました。


野柳地質公園を出て高速に乗り、マイクロバスは一路台北市内へ。
台北市内には1時くらいに到着。

MRTの中山駅近くでバスを下してもらい、ランチを食べた後は
新光三越デパートの地下でバラマキ土産を買いました。

そしてその日の夕方、今度は別の会社の現地ツアーに参加。
「夜の九份観光と夜市散策」に参加しました。

九份は何度か行っていますが、夜の九份は初めてです。
今回、九份2度目となるリョウさんが、夜提灯の灯った九份が見たいと希望しました。

九份は人気の観光地だし、ちょうどシルバーウィークで日本人も多いし
いつも以上に混んでるんだろうな~という予想はしていましたが
土曜日だったせいもあるのか、想像をはるかに超えた大混雑。
大型バスがひっきりなしに駐車場を出入りしていました。

以前は基山街の入口近くのバス停までバスで行き
そこからお土産物やなどのお店を見ながら坂を上がったのに
今回はかなり手前でバスを降ろされてしまったため
基山街に向かうには、九分で一番有名な場所である
豎崎路の長い階段を上がるしかありません。

さすがにこれにはリョウさんも足の具合を考えて悩んだみたいですが
せっかく来たので、無理をして登ることに決めました。
d0168471_2183939.jpg
階段下まで行ってみると、ものすごい人がいて満員電車状態。
前の人に続き、ゆっくり一歩一歩上がるしか出来ないのですが
立ち止まった好きな場所で写真を撮ることもできません。
d0168471_219128.jpg

登りきるまでに相当な時間がかかり、上った基山街では歩きまわる気力なし。
それでも九分に来ると毎回お約束の「芋圓」を食べに行きました。
d0168471_2195180.jpg

里芋と片栗粉で作った芋団子の入った台湾スイーツ。
薄甘で中々美味しいのですが、来るたびに量が少なくなっている気がします。

あとは少し周辺のお店を見て、早めに集合場所まど戻ろうと思ったのですが
やはり人波で階段を降りるのも時間がかかり、到着したのは集合時間5分前でした。

集合場所近くのお店の屋根には巨大な猫のオブジェがありました。でも何故?
d0168471_21125110.jpg


九份観光の後、バスは台北市内に戻り饒河夜市の見学に向かいました。
d0168471_211193.jpg
夜市の入口にあるお寺。
d0168471_21121874.jpg

でもリョウさんの足がすでに悲鳴を上げている状態だったので
ハルばあ達は夜市の入口でリタイア。
すぐ目の前にある松山駅からMRTに乗ってホテルに戻りました。


翌9月25日(日)は朝早い飛行機で台北を出発。
超格安ツアーだったので、実際に観光できるのは丸2日とちょっとでした。

今回はリョウさんの足の具合を考えて、ツアーバスが楽だろうと
色々現地ツアーを申し込んでみましたが
大誤算が一つ、大型バスに乗り降りに階段が必須でした。
思った以上に階段が多く、リョウさんは自分で予想していたより足に負担がきてしまい
楽しみにしていたいくつかを諦めなければなりませんでした。

「頑張って足を治すから、また台湾に来ようね」とリョウさん。
ホント、もっと気兼ねなく楽しむためにも早く良くなってほしいと
心から願うハルばあとリョウさんの久しぶりの旅でした。












[PR]
by haru2010yakei | 2016-10-17 20:36 | 旅行

台北旅行 その2

台北2日目。といっても観光できるのはこの日だけ。
せっかくの一日、朝TVで見たら天気予報は雨だったけれど
折りたたみ傘をしっかり持って、めいっぱい歩きまわる気マンマンのハルばあ夫婦。
まずは今日のメイン、リョウさんご希望の九份半日観光ツアーに参加。

この九份ツアーは旅行会社のオプションで申し込むと料金は大体4000円~5000円。
現地で同じツアーを申し込むと4000円。
でもインターネットで直接現地ツアーを申し込むと3080円くらいです。
さらに今回、ハルばあ達はちょうどキャンペーン期間中に予約したので
なんと50%オフでふたりで3080円と激安でした。ラッキー!

九份は映画「非情城市」の舞台として観光客が訪れるようになり
最近では宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の湯婆ばの家のモデルになったことで
日本から訪れる観光客の人気ナンバーワンになっている場所です。

ホテルに迎えにきたバスに乗り込み、バスで1時間ほどの九份へ。
九份の町は山の上の方にあるのですが、日曜日は観光バスは上まで登れないそうで
途中で公共バスに乗り換えて九份に向かいます。

まずはガイドさんが写真のベストポイントまで連れていってくれて、そこで解散。

d0168471_2159335.jpg

たくさんの団体が次から次へやってくるので、写真を撮るのも大変です。
小雨が降ったりやんだりする中、リョウさん写真を撮りまくります。

その後はアニメで湯婆ばの家のモデルになった阿女茶樓でお茶を飲みました。

d0168471_23443280.jpg


d0168471_22302977.jpg

小さなお茶菓子3種つきお茶セット300元(810円)
有名な観光地にあるせいか、けっこういいお値段。

店員さんがお茶の入れ方、飲み方を教えてくれます。
さすがウーロン茶は絶品、お菓子も素朴でおいし~い。
残った茶葉はお持ち帰りできます。

d0168471_2240596.jpg

のんびり台湾茶を味わったあとは、写真を撮りながらお店をみて歩きました。

d0168471_22452936.jpg

d0168471_22465047.jpg

よくわからない虫系の佃煮風のものを売っているお店なんかもあります。

台湾スイーツとして有名な芋圓山はこの店が発祥みたいです。
d0168471_22553238.jpg

d0168471_22561424.jpg

芋圓はタロイモと小麦粉を練ってダンゴにした台湾風ぜんざい。
お豆たっぷり、薄甘ですごく美味しい。
温かいのと冷たいのとありますが、ちょっと肌寒かったので温かい芋圓を
リョウさんと半分こで食べました。
ちょっと値上がりして40元(108円)でした。

d0168471_23101795.jpg

自由時間は1時間半弱なので、お茶を飲んでゆっくりお店を見て歩くと
アットと言う間にツアーの集合時間になってしまいます。
金鉱博物館などに行く時間はありませんが、小さな町なので雰囲気を味わうなら十分かも…

とりあえず小雨が降ったりやんだりする中、写真を撮りまくり
リョウさんは九份観光をそれなりに楽しんで満足したようです。

集合した後はバスで台北市内に戻ってランチタイム。
このツアーは軽食がつくのですが、台湾料理の簡単なコースでした。
ルゥロウハンという肉そぼろご飯や空心菜の炒め物など、おいしく頂きました。

ランチ後ツアーから離れ、午後は自分たちで台北市内を観光しました。
その3に続く
[PR]
by haru2010yakei | 2010-11-04 23:48 | 旅行


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧