タグ:ロシア ( 3 ) タグの人気記事

ハルばあ、ロシアに行く その4

11月2日(月)

ロシアで泊まったホテルは、こじんまりしているものの安いツアーなのに中々快適。
そう思っていたのに、前の晩は大変でした。

ちょうど秋休みで旅行中の中学生の団体が同じホテルに泊まっていたのです。
日本でいうところの修学旅行でしょうか。

友人たちと親元を離れて宿泊するのは、中学生にとってワクワクすることでしょう。
それはよくわかるのですが、とにかく半端なくウルサイ!

あちこちの友達の部屋を行ったりきたりするのでしょう。
バタン、バタン、思いっきりドアを開け閉めする音が途絶えない。
廊下を大声出して走り回る。
部屋の中でもドッタン、バッタン。

とにかくものすご~くうるさくて、部屋から顔を出して怒ると
一瞬静かになるのですが、数分後には元の木阿弥。

もちろんフロントに「うるさくてたまらない!何とかして」と文句を言ったし
ツアーメンバー全員から苦情のいった添乗員は、フロントに厳重抗議したし
中学生を引率していた先生が、何度も注意をするものの静かになるのはほんのつかの間。

夜中を過ぎてもうるさくて、しかも館内電話でいたずら電話までかけてくるしまつ。
いくらホテルがまあまあでも、一緒に泊まっていた子供たちが最悪でした。

朝、朝食バイキングの列に並んだ同じツアーメンバー皆
「夕べは最悪!ロシア人は、一体子供にどんなしつけをしているんだ!」と怒っていました。

そんな列に、やっぱり中学生達が大騒ぎしながら横入り。
するとハルばあ達の前に並んで順番を待っていたロシア人の初老のおばさんが
ものすごい勢いで子供たちをしかりました。

ロシア語はわからないし、身振り手振りと双方の様子をみていると
「みんな並んでいるのに横入りするな。後ろに行って静かに待て」
そんな感じだったのだと思いますが、とにかくスゴイ剣幕だったので
ガタイのいい男の子の集団も面喰い、おとなしくなって静かに列の後方に並びました。

思わずハルばあ達一行は「おばさんエライ!」と心の中で拍手。
ロシアにもちゃんと叱れる大人がいるじゃない(失礼)と思いました。

実は、翌日も別の中学生グループが同じホテルに宿泊したのですが
その学校の子供たちは、多少廊下で集まって話していたりするものの
ちゃんとお行儀よくて、他の宿泊客達に迷惑をかけることもなく
レストランでは順番を守り、楽しそうに笑いながら和やかに食事をしていました。

ロシアの子供達みんなが、キチンとしつけされていない訳ではないようです。
たまたま一晩だけとはいえ、本当に運が悪かったと思うしかないようでした。

そんな思い出のホテルがこれ。
d0168471_15542918.jpg

ホテルの前は、素敵な散歩道になっていました。
d0168471_15551498.jpg



さて、この日の観光は、モスクワから70㎞にあるセルギエフ・ポサード。
モスクワ北東部に円を描くように、古い都が9つ点在し
それを結ぶエリアが「黄金の環」と呼ばれていますが、その中の一つです。

世界遺産トロイツェ・セルギエフ大修道院
d0168471_1673448.jpg


塀の中には、15世紀~18世紀に建設されたいくつもの教会、博物館
僧房、神学校、病院、図書館などがあります。

塀の中に入るのに入場料はないのですが、写真を撮るためには撮影料を支払います。

d0168471_16182225.jpg


ネギ坊主のカラフルな建物が中心部のウスペンスキー大聖堂。
因みに、このネギ坊主は実は玉ねぎではなくて、蝋燭の炎の形を表しているそうです。
d0168471_16241478.jpg



d0168471_16244174.jpg


d0168471_16264048.jpg


d0168471_1627776.jpg


ここは昔、修道士たちの食堂として使われていた所。
d0168471_1627466.jpg


この日はこの建物の中の見学が許可されていました。
d0168471_16292714.jpg

d0168471_16295591.jpg


d0168471_16325351.jpg


d0168471_16333166.jpg


d0168471_16334949.jpg


ガイドさんが色々説明をしてくれるのですが、建物が多くてハルばあは混乱状態。
何とか覚えていた豆知識といえば…

ソ連時代は宗教が認められなかったので、ここは20年間閉鎖されていたという事。
あとロシア正教では「右が正しい」という意味があり、結婚指輪も右にするとか。

実際に使われている宗教施設なので、中まで見学ができない所も多く
また古い教会内部はイコンが大量に飾られていましたが
フラッシュ撮影ができないので、暗すぎて写真が撮れませんでした。

とにかく、どこもかしこもカラフルで可愛い建物で、まるでテーマパークみたいでした。

見学の後は、遅めの昼食を取り、その後はマトリョーシカ絵付け体験へ。
d0168471_16433285.jpg

マトリョーシカは、19世紀に貴族の奥方が日本からこけしを持って帰り
それを元に作られたものなのだそうです。

工房で職人さんのスゴ技を見学。
d0168471_1647235.jpg


その後、一人一つずつ見本を見ながら、人形の絵付けにトライします。
思ったより木製の人形に色を塗ったり、絵を描いたりは難しく
また筆が太目だったので、人形の顔を描くのが大変で
変な顔とか、おかまみたい、なんて大笑いしながら作業しました。

あまりに不器用なハルばあは、つくづく細かい作業が向いていないと実感。
とてもではないですが完成品は写真でご披露できる代物ではありません。

ハルばあの色付した変な顔のマトリョーシカもどきは
現在、ハルばあ家のサイドボードの奥に、見えにくいよう、ソっと置かれています。

この日の行程はこれで終了。
ホテルに戻った4時半だったので、夕飯の時間まで2時間ほどフリータイム。

なので近くにあるショッピングセンターにお土産を買いに行きました。
歩いて7~8分にあるショッピングセンター、ここも24時間営業です。
d0168471_1658451.jpg


d0168471_16583091.jpg


友人はここの食料品売り場で、量り売りのチョコレートを買いました。
自分で袋に好きなだけ入れて量りに乗せ、品名のボタンを押すと
値札のバーコードが出てくるシステムらしいのですが
ハルばあ達には、ロシア語で書かれた品名が読めない…

一応絵がついているので、これかな…なんて不安な顔して量りの前にいたら
ロシア人には珍しくニコニコ顔の優しそうなお兄さんが近寄ってきて
「これを買いたいの?ここを押すんだよ」と英語で説明してくれながら
値札を出して貼ってくれて「レジへ持って行って」と、手渡してくれました。

ロシア人は割とムスッとした表情の人が多く、取っつきにくい印象でしたので
ハルばあも友人も、にっこり手伝ってくれて、手を振りながら去っていく青年に大感激。

でも考えてみると、ロシアの人達はお世辞にも愛想の良い人が多いといえず
お店の店員さんなども表情の乏しい人が圧倒的に多いのですが
愛想はいいけど、お客を待たせているのにのんびりしていたり
自分たちのおしゃべりに夢中で、サッサと仕事をしないヨーロッパの人に比べ
とにかく黙ってサッサと働らく人が多いです。

レストランでも、飲み物を頼むとすぐ持ってきてくれるし
食べ終わったお皿はサッと片付けてくれるし、水は言わなくてもつぎ足してくれるし
クロークの太ったおばさんも、おしゃべりせずにドンドン仕事を片付けます。

ニコニコ陽気だけど、おしゃべりばかりして中々動かない人達よりも
イライラさせられる事が少ないのがロシアの店員さん達でした。

ホント「目からウロコ」ばかりの旅です。
その5につづく。
[PR]
by haru2010yakei | 2016-05-18 17:45 | 旅行 | Comments(4)

ハルばあ、ロシアに行く その2

10月31日(土)

ロシア観光2日目
朝からあいにくの曇り空。
でも北の国 ロシアだからと覚悟していたほどの寒さではありませんでした。
東京の11月後半くらいの感じでしょうか。

この日の午前中はサンクトペテルブルク歴史地区の観光です。

サンクトペテルブルクはピョートル大帝がロシア近代化の夢を託し
ネヴァ川のデルタ地帯に人工的に作られた街です。
d0168471_19384263.jpg

町の中にはネヴァ川の支流と運河にかかる無数の橋が点在していて
それらすべてのデザインが違うと言われているそうです。
d0168471_19465240.jpg


ヨーロッパはオーストリア、チェコ、ハンガリー、イタリア、スペインしか見ていませんが
サンクトぺテルブルグは、ヨーロッパ的でとっても美しい街でした。
d0168471_1943938.jpg

d0168471_1943281.jpg

国土が広いせいか、建物も大きくゆったり建てられていて
何より裏通りでも落書きなどほとんど見ないし、道路もキレイに清掃されていて
歴史地区ということもあるのでしょうけれど、本当に美しい街でした。

ネヴァ川から見たエルミタージュ美術館。すごく大きいです。
d0168471_1949348.jpg



ここはロシア正教の荘厳な寺院、イサーク大聖堂
d0168471_19522384.jpg

内部は孔雀石やトパーズなどの貴石と黄金で豪華絢爛な装飾だそうです。
また展望台からは360度のパノラマが見渡せるそうですが
ハルばあ達の格安ツアーでは、中まで入る事ができませんでした。残念。


そこから徒歩で、紅葉の残った広い公園をぬけてデカプリスト広場へ。
d0168471_19572331.jpg



これはピョートル大帝の青銅の騎士像。
d0168471_19594587.jpg

花嫁と花婿が、この像の周りを手をつないで歩きながら永遠の愛を誓うと
必ず幸せになれるという言い伝えがあるのだそうです。


古代ロシア風の教会、スパース・ナ・クラヴィー大聖堂。
d0168471_206085.jpg

ここは別名「血の上教会」といいます。
農奴解放をはじめとする「大改革」を行った皇帝アレクサンドル2世が
テロリストの標的にあって瀕死の重傷を負い、その1時間後に崩御しました。

この教会は、跡を継いだアレクサンドル3世によって先帝を弔うため
その血を流した皇帝遭難の場所に建てられたためその名で呼ばれるそうです。


午前中の観光はここで終了。
ランチの後は待ちに待ったエルミタージュ美術館の観光です。

d0168471_2051319.jpg

エルミタージュ美術館は、元々エリザヴェータ女帝によって建てられた冬の宮殿で
ロマノフ王朝の財宝とソ連誕生後に国有化されたコレクションであふれる世界有数の美術館です。

収蔵品は300万点を超すそうで、1階にはエジプトのミイラやギリシャ・ローマ彫刻
2階には豪華な宮殿ホールの調度品と15~18世紀の西ヨーロッパの傑作
3階には19世紀~20世紀の巨匠たちの作品
他にも日本や中国などの東洋文化に関するコレクションなどが展示されています。


大使の階段と呼ばれる大理石の豪華な階段を上り展示室に入ります。
d0168471_20522268.jpg



ここはピョートル大帝の間
d0168471_20523920.jpg



玉座の間
d0168471_2052584.jpg



3人の男性たちは歌い手さんで、ロシア民謡を朗々と歌い上げてくれました。
d0168471_20531614.jpg



パヴィリオンの間にある18世紀にイギリスの時計職人によって作られた有名な孔雀の仕掛け時計。
思っていたより大きなものでした。

d0168471_20533651.jpg
d0168471_1021014.jpg





















ラファエロの回廊。バチカン宮殿のラファエロの作品をコピーして造られた回廊だそうです。
d0168471_10234768.jpg



エルミタージュ美術館は絵画も展示室も、フラッシュを使用しなければ写真は撮り放題。
でも有名な絵の前は人が多かったり、光の加減などもあって
ハルばあの腕では上手に撮るのは、かなり難しいです。

d0168471_10284854.jpg

d0168471_10291679.jpg



レオナルド・ダ・ヴィンチの「リッタの聖母」だってガラス越しとはいえ写真OKです。
d0168471_10293762.jpg



d0168471_1032348.jpg

d0168471_1032567.jpg

d0168471_10331945.jpg

d0168471_10334087.jpg

d0168471_10335980.jpg

どこもかしこも豪華絢爛、そして美術品にあふれています。
そしてものすごく広いので、館内マップを持っていても気を付けないと迷子になりそうです。

エルミタージュ美術館の中から見た宮殿広場と旧参謀本部。
d0168471_10342336.jpg


ハルばあ達のツアーは、エルミタージュ美術館観光に約4時間とられていました。
まず最初に、ツアーガイドさんと一緒に説明を聞きながら2時間ほど有名どころを見て回り
そのあと自由行動だったのですが、すべてを見て回るのには全然時間が足りませんでした。

それでもガイドさんに言わせると、夏の観光シーズンを過ぎているので
人も少なく、かなりゆっくり見て回れてラッキーなのだとか。

いつか又来ることがあったら、エルミタージュ美術館にせめて1日くらい時間をとって
ゆっくりと見学して歩きたいと心から思ったハルばあです。

エルミタージュ見学が終わり夕食のあとは、オプショナルツアーで申し込んだバレエ鑑賞。
エルミタージュ劇場で「眠れる森の美女」を見ました。
d0168471_10543974.jpg

エルミタージュ劇場は宮廷人専用の劇場として建てられた小劇場で
エカテリーナが制作、脚本を担当した演劇が上演されたといわれています。

小さな劇場ですが、さすがに床は大理石、壁や柱はマーブル模様
ギリシャ神の彫像や、音楽家や詩人の肖像画も飾られた素晴らしい劇場でした。

とっても貴重な体験をし、大満足で2日目の観光が終わりホテルに戻ったあとは
徒歩で10分ほどの所にある24時間営業の大きなスーパーマーケットへお買い物に。

日本のイオンショッピングモールのようなかなり大きな店で、広い駐車場も車であふれています。
売っている品物の種類も多く、輸入品も大量に売っています。

普通にマクドナルドやスタバもあるし、アメリカやヨーロッパなどと変わりません。
ロシア語に交じって、英語表記の看板もたくさん見ました。

因みに現在のロシアでは英語は小学校からの必須科目で、高校からは第二外国語も必修だとか。
なので若い人たちは、かなり英会話ができるのだそうです。

そもそも現地ガイドさんや添乗員さんが「夜の外出は控えて」と一言も言わないところをみると
ここは治安もそんなに悪くないようです。

唯一の注意が「石畳でつまずきやすいので、夜は特に足元に気をつけて」と
「世界中どこでもそうですが、人の多い所ではスリに注意して」だけでした。

それまでハルばあの中のロシアは「暗い、危険、物がない」でしたが、大間違い。
やはり資源の豊富な国は違うようです。

政治的にはまだまだ色々あって好きになれない国ですが、市民の生活は十分な国の補助もあるし
ハルばあ達が引きずっていたソ連のイメージからは、すでに遠く離れているようです。

よく外国人がいまだに日本と言えば「芸者、忍者、侍」が抜けていないのと同じ。
行って実際にふれてみないとわからないこともたくさんです。
見るもの聞くもの食べるもの、良い意味での想定外が多かったサントペテルブルグでした。

明日はモスクワに移動です。
その3につづく。
[PR]
by haru2010yakei | 2016-03-30 20:57 | 旅行 | Comments(10)

ハルばあ、ロシアに行く その1

10月30日(金)

昨夜遅く到着し泊まったホテルはここ「AZIMUT HOTEL」アジムト ホテル
d0168471_14123037.jpg

事前にもらっていた行程表では、バスタブなしシャワーのみのお部屋ということでしたが
実際はバスタブもあるし、心配していたお湯もたっぷり出るし
お部屋は清潔で十分な広さもあるしで、格安ツアーなのに満足なホテルです。

d0168471_1415587.jpg

ホテルの前にある看板を見ると、変わった文字に改めてここはロシアだと思わされます。

現地ガイドのアレクサンダーさんと一緒に、9時半にバスでホテルを出発。
この日の最初の観光はピョートル大帝夏の宮殿です。
d0168471_14264059.jpg

d0168471_1428529.jpg

ピョートル大帝は18世紀初めにサントペテルブルグを建設し、ここに都を遷した皇帝で
ヨーロッパから多くの建築家や技術者を招くなどロシア近代化のために尽力した人です。

彼は海が大好きな人なので、バルト海の近くの丘に離宮を建てたそうです。
高さ23.5mのこの宮殿より高い建物を建てるのは、教会を除いて禁止されていたそうです。

d0168471_14291564.jpg

園内には約150の噴水と4つの滝があり、それは見事なのだそうですが
残念ながら噴水の営業は10月11日までで、水は流れておらず
また数々の彫像にも、厳寒の冬を越すためのカバーがかけられていました。

大宮殿を背にして大滝の上から庭園を見下ろすと、その向こうに海が望めます。
写真の水路の先に少し見えるのが海です。

ロシアに行くまでは、これらの噴水にあまり重きを置いていなかったのですが
実際に広く美しいであろう庭園を見ると、噴水が出ている夏場の時期に来れば
花々や木立、たくさんの彫像に映える噴水が素晴らしかっただろうに…
せっかくなんだから、無理しても早い時期に来れば良かったと思ってしまいました。

大宮殿は第二次世界大戦の時にすべて破壊されてしまい復元されたのだそうです。
でも宮殿内の家具、装飾品、美術品、シャンデリアからカーテンまですべて
宮殿破壊の2年前にシベリアに運んで無事だったそうで
建物は復元でも、中はほぼ当時のままなのだそうです。

残念ながら、ピョートル大帝の宮殿内は一切の写真撮影禁止でした。

ピョートル大帝の時代、ダイヤと金が豊富に採れたのだそうで
内部はバロックスタイル、クラシックスタイル、中国風などさまざまなタイプがあって
どの部屋も本当に豪華で素晴らしい装飾の部屋ばかりでした。

歴史的な背景を交えながらのお部屋の説明を聞きながら、広い宮殿内を見て回り
12時半すぎにバスで昼食のレストランに向かいました。

d0168471_1535749.jpg

手前のお店の奥がレストラン。

ボルシチ、サーモンのソテーなど、思っていた以上にどれも美味しくてビックリ。
ロシアって寒い国なので、もっと味が濃くて塩辛いのかと思っていました。

でもこの後の旅行中どこで食べても、お野菜はたっぷりで料理は薄味で食べやすく
デザートも甘すぎず、日本人好みの甘さで大満足のおいしさ。
ロシアの料理にまったく期待をしていなかったので、ホント嬉しい誤算でした。

食事の後はエカテリーナ宮殿の観光です。
ここはピョートル大帝の娘、女帝エリザヴェータの命により建設され
母エカテリーナ1世に因んでエカテリーナ宮殿と命名されたそうです。
後の有名な女帝エカテリーナ2世もこの宮殿を愛したそうです。
d0168471_15314499.jpg

d0168471_15322659.jpg


エカテリーナ宮殿は最大の見どころと言われる「琥珀の間」以外は撮影OK。
床の保護のため、靴の上にシャワーキャップみたいなビニールを履いて歩きます。

d0168471_15405648.jpg

d0168471_15413463.jpg

d0168471_1542121.jpg

d0168471_15423194.jpg

d0168471_15433395.jpg

d0168471_154357100.jpg

d0168471_15443568.jpg

d0168471_15454882.jpg


どこもかしこも、ため息が出るほど豪華で素晴らしい装飾です。
ロマノフ王朝の財力って、ものすごかったんだって思わされました。

それにしても、移動しながらササッと写真を撮るので、いつも以上にへたくそな写真で
後になって写真を見て、ちょっとへこんでしまったハルばあです。

宮殿前のお庭も、ちょうど紅葉が残ってキレイでした。
d0168471_15492944.jpg

d0168471_15505697.jpg


宮殿出口には、お土産物屋のブースが並んでいました。
d0168471_15531667.jpg

d0168471_15533558.jpg


この日の観光はこれで終了。
明日は待望のエルミタージュに行きます。

その2につづく。
[PR]
by haru2010yakei | 2016-03-24 16:11 | 旅行 | Comments(12)


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by htokuyama3 at 22:11
こんばんは~ 暫く..
by hazuki72336 at 20:09
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:36
あさがおさんへ お返事..
by haru2010yakei at 17:41
ともさんへ お返事が遅..
by haru2010yakei at 17:38
大人の基礎英語 という英..
by あさがお at 13:25
「女王の頭」という岩を見..
by とも at 09:11
hazukiさんへ 台..
by haru2010yakei at 18:36
salam2002さんへ..
by haru2010yakei at 18:33
こんにちは~ お久..
by hazuki72336 at 15:17

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧