タグ:タイ ( 2 ) タグの人気記事

タイ旅行 その2

1月12日
 
二人とも初めてのタイ旅行なので、まずは基本をおさえましょうと
この日も現地ツアー会社の「市内観光と水上マーケット」ツアーを申し込みました。

昨日と同じ、朝6時25分にピックアップなので、この日も早起き。
支度をして、オープンと同時にホテルの朝食バイキングを食べに行き
時間ギリギリで、ピックアップのワンボックスカーに乗ります。

また別のホテルで車を乗り換え、まずはラーチャブリー県にあるココナッツファームへ。
d0168471_18414598.jpg

この辺りはココナッツの産地として有名だそうで
ココナッツミルクから砂糖を作る工程など教えてもらいました。
d0168471_18422756.jpg
d0168471_18425028.jpg

椰子の実からできる民芸品なども売っていましたが、何も買わずにバスに乗りました。

次に向かったボート乗り場で、4人ずつエンジン・ボートに乗りました。
d0168471_18462268.jpg

細い水路を水しぶきをあげながら、思った以上の速さでボートは進むのでビックリ。
ちょっとしたスリルを味わいました。

ダヌン・サドゥアク水上マーケットに着き、今度は手漕ぎボートに乗り換えます。
d0168471_18502774.jpg

ここは舟自体がお店になっていたりして、お土産、果物、衣類などなんでも売っています。
d0168471_18515614.jpg

ドリアンを食べる勇気はなかったけれど、火が通っているなら平気!と
揚げバナナを買い、同じ舟に乗った人達とシェアして食べました。
d0168471_18533511.jpg


水上マーケットの後は、バンコク市内に戻り、インターナショナル・ビュッフェのランチ。
旅行直前まで風邪をこじらせ、まだ咳が残っている状態のハルばあは
喉が痛くて痛くて、美味しそうなタイカレーなど食べられません。

幸いインターナショナルというだけあって、パスタもお寿司もあったので
辛くない物だけ選んで食べましたが、すごく残念でした。

午後は市内観光です。
まずは王宮とワット・プラケオ(エメラルド寺院)です。
d0168471_1952744.jpg

先代の死をきっかけに、現国王ラマ9世は、チットラーダ宮殿に居を移したそうですが
国王の戴冠式など重要な行事は、未だこちらで行なわれているそうです。

d0168471_198947.jpg

ワット・プラケオは王宮の敷地内に建立された、王室の守護寺院で
タイで最も格式の高い寺院なのだそうです。
エメラルド色に輝く小さな仏像を本尊とすることから、エメラルド寺院と呼ばれるそうです。
d0168471_19174542.jpg

どこもかしこも眩しいくらい輝いています。

次は渡し舟に乗って、ワット・アルン(暁の寺院)に向かいました。

高さ75mの大仏塔には、色とりどりのガラスや中国陶器の小片がはめこまれ
太陽に反射してキラキラしているのですが、強い逆光のため写真を撮るのも大変。
d0168471_19244937.jpg

実はひどい高所恐怖症のハルばあ。
でもがんばって急な階段を登ぼると、こんな景色が見えました。
d0168471_19271410.jpg


その日最後の観光はワット・ポー
ここはバンコク最古にしてタイ最大級の寺院だそうです。
本堂にある長さ46m、高さ15mの巨大な黄金の涅槃仏像で有名なお寺です。
d0168471_19384976.jpg

d0168471_19391534.jpg

目の前で見ると想像以上の大きさに圧倒されます。
これは涅槃に入る直前の寝姿の釈迦像で、あまりの大きさに写真を撮るのも大変。
d0168471_19403640.jpg

真珠貝を使って螺鈿細工で描かれた108の絵がある幅5m、高さ3mの足の裏。
人々に幸福をもたらすのだそうです。

初期の王様の遺骨を納めたという、色鮮やかな仏塔
d0168471_19451344.jpg


1月はタイでは最も過ごしやすい気候だというのですが
ハルばあ達にとってはものすごい暑さで、まめな水分補給が欠かせません。

この寺院では入場券を見せると、こんなお水を無料でくれました。
d0168471_19483177.jpg


ワット・ポーを出て、その日の観光は終了です。
集合したホテルまで、バスで戻ります。

夕方のバンコク市内は車の大渋滞。
d0168471_19511618.jpg

トクトクはもちろん、かなりカラフルな色のタクシーがすごい数走っています。
d0168471_19524453.jpg


その日の夜はタイの古典舞踊を見ようと、現地ツアー会社に
ディスカウントチケットを頼んであったので
それを受け取りに、ナショナル・スタジアム近くのオフィスまで行きました。

そのビルの目の前で、反政府デモの行列に遇いました。
ホイッスルが鳴り響き、かなり騒がしいものの、整然と片側車線を行進していたデモ隊。

いきなり不安になりましたが、ツアー会社の日本人スタッフさんによると
「今回のデモ隊は比較的穏健派なので、事前にデモの場所を告知するんですよ。
 明日から大規模デモが始まるのですが、メイン道路を封鎖されるので大渋滞になるから
 市の中心部を車で通らない方がいいですよ。
 封鎖予定箇所の地図は持っていますよね?
 明日はどうされますか?
 うちは平常どおりツアーを敢行しますので、何かご希望でしたらお電話下さい。」
そう緊迫感もなく言われ、ちょっとホッとしました。

実際、そのデモを見た以外、その時のバンコクには緊迫した空気などありませんでした。
でも一緒にツアーに行った人たちは、何かあると嫌だから
バンコク市内から出て郊外に行くツアーに申し込んだと言っていました。

ハルばあ達のホテルは、中心部からちょっと離れていたし
もらった地図にあるデモ予定地からは離れていたので、翌日のツアーは申し込まず
古典舞踊のディスカウントチケットだけ受け取ってオフィスを後にしました。

「古典舞踊を見ながらのディナー」は、アジアンティーク・ザ・リバー・フロントという
チャオプラヤー川沿いの大規模複合商業施設の中にあるお店で行なわれます。

そこまではBTS(スカイトレイン)のサバーンタクシン駅を降りて
その目の前にあるサートーン船着場から無料のシャトルフェリーが出ています。

すごい数の人達に混じってフェリーに乗り、アジアンティークに着きました。
夕暮れのチャオプラヤー川がきれいでした。
d0168471_2059383.jpg

d0168471_2025336.jpg

d0168471_20255593.jpg

ブティック、レストラン、雑貨店、みやげ物店、ニューハーフショーのお店
オーガニックショップ、ファーストフードにムエタイの試合の見れるスタジアムetc

ものすごい数のいろんなお店があり、地図を見ないとどこに行っていいのか
わからないくらいなので、まずショーのお店をチェックした後に
予約の時間まで、あちこちお店を見てまわり、少しお土産を買いました。

ニューハーフショーで有名な「カリプソ」という店の2階にあるレストラン。
そこで古典舞踊を見ながら、タイ料理をいただきました。
d0168471_20344668.jpg

やはり辛いものはNGなので、辛く無い物だけを食べたハルばあ。
リョウさんによると、辛いけれどどれも美味しかったそうです。すっごく残念!
d0168471_2035740.jpg

d0168471_20354798.jpg

d0168471_20361082.jpg

d0168471_20364052.jpg

d0168471_2037135.jpg

タイ料理にデザートとコーヒーまでついて、タイ古典舞踊も堪能し
これで一人600バーツ(約2100円)です。

いつも貧乏旅行をするハルばあ達には、かなり贅沢なディナーでしたが
他でかなりケチったので、今回は目をつぶって楽しみました。

d0168471_20424354.jpg

タクシー乗り場近くには、こんな像もあって、地元の人たちの撮影スポットになっていました。

朝早くから動き回りちょっと疲れたので、ここからホテルまでタクシーに乗って帰りました。
ちゃんとメーターを動かしてくれたので、40分ほどかかったのに日本円で約350円。
キチンとしたドライバーのタクシーなら、本当に安いのがタイのタクシーです。

その日は疲れたので、翌日の予定だけ決めてから交互にシャワーを浴び
11時にはベットに入り、タイの2日目が終わりました。

その3に続く
[PR]
by haru2010yakei | 2014-02-05 21:06 | 旅行

タイ旅行 その1

ハルばあにとって長い長~い1月が終わり、ようやく鬱っぽい気分が浮上してきました。
やっと色々やる気が起こり始めてきたので、タイ旅行記をアップしようと思います。

長年勤めた会社を辞め、1月後半から新しい仕事を始めることが決まっていたリョウさん。
新しい仕事についたら、当分の間、海外旅行は無理でしょう…ということで
「時間のとれるうちにアユタヤ遺跡を見に行きたい」とリョウさんのリクエストがあり
ハルばあ、頑張って激安ツアーを探しました。

そして見つけました。
1月10日から1月14日の3泊5日(後に航空会社の都合で4泊になるのですが)
毎朝食付きホテル代、航空券、空港送迎つき、燃油サーチャージ込で1人40,700円。

そんなツアーですので、飛行機はチャイナエアラインで台北乗り換えです。
直行便でないので移動にかかる時間が長く大変ですが、安さには代えられません。

大変といえば、行く前にタイのデモの話が報道されていて不安でしたが
外務省の渡航禁止が出ていないし、ツアー会社からも何も言ってこないし
ちょうどタイに行っていた娘Meの友人達が、FBで大丈夫だと書き込んでいたし
何よりお友達のKOさんのタイ人のお嫁さんが
「あれはほんの一部の場所だけだから大丈夫」だと言っていたので
危ない所には近づかないと決めて、予定通りタイ旅行に出かけることにしました。


1月10日
出発のその日、成田発14:45のチャイナエアラインだったのですが
台北で3時間半くらいの待ち時間がありました。

ようやくタイのスワンナプーム空港に到着したのは日付が変わって
1月11日の午前0時45分という真夜中。

入国審査場が大混雑で時間がかかり、空港で待っていた現地係員にあって
そこからバスでホテルに入ったのは、なんと午前3時でした。

格安ツアーだったわりには、ホテルはちょっと高級なビジネスホテル風で
お部屋も十分な広さで、清潔で、想像よりは良いホテルでハルばあ達は満足でした。


1月11日、タイ観光一日目。
この日はネット予約した現地ツアーでアユタヤ遺跡観光に行きます。

ホテルのピックアップが朝6時45分と早かったので、起床は5時。
2時間も寝られなかったのですが、飛行機の中でずっと寝ていたので
思ったほど眠さを感じず、あとはアユタヤまで寝ていけば大丈夫。

ピックアップのマイクロバスで他のホテルに行き、そこで大型バスに乗り換え
日本語堪能な現地ガイドさんに連れられて、バスで1時間ほどのアユタヤ地方へ。

まずはバンパイン宮殿へ。
ここは1623年に建てられた歴代王の夏の離宮として使われ
現在は王族の別荘で、各国の要人の迎賓館として使われているそうです。
d0168471_20405835.jpg

d0168471_20413767.jpg

美しい庭園には中国建築、ルネサンス様式などが点在していました。
d0168471_20434511.jpg

d0168471_20441427.jpg


次に向かったのは、アユタヤを象徴する、1357年に建立された仏教寺院の遺跡
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

この涅槃像は、もとは金箔がはられ、建物内に安置されていたそうです。
d0168471_204934100.jpg


スリランカ式の大仏塔は、20代王が1592年にビルマの支配から
解放されたことを祝って建造したものだそうで、登ることができます。
d0168471_21514823.jpg

d0168471_20555043.jpg

大きな仏塔や並んだ仏像に圧倒された見学の後は、ビュッフェランチをいただきました。

昼食のあと、午後の観光の前に、象のり体験がありました。
この日はタイの「子供の日」で、あちこちで子供向イベントが行われていましたが
ここもたくさんの親子連れでいっぱいでした。
d0168471_214571.jpg

d0168471_2144440.jpg

こんな感じで象の背中に乗って、15分間ほどお散歩する象のり体験。
リョウさんもハルばあも初体験です。

たまたまハルばあ達の乗った象は中で一番大きな象で、思った以上の高さにビックリ。
他の象を見下ろす高さで、しかも想像以上に左右に揺れましたが
慣れるとなかなか楽しくて、とっても貴重な体験でした。

この後は午後の遺跡観光がスタート。
まずはワット・ロカヤ・スター
d0168471_21121235.jpg

全長28mの巨大な涅槃仏が野外に寝そべっていました。

次に向かったのは、ワット・プラ・シー・サンペット
歴代のアユタヤ王朝の3人の王の遺骨が納められた3基の仏塔で有名です。
d0168471_21212071.jpg


そして最後に向かったのはワット・プラ・マハタート
この菩提樹の木に覆われた切り落とされた仏像の頭があるので有名です。
d0168471_21523884.jpg

ここで記念撮影する時は、自分の頭が仏頭より高くならないよう
必ずしゃがんで撮るのがマナーです。

ビルマ軍の侵攻の際に破壊された仏像や壁が、そのまま残っています。
d0168471_21293187.jpg

d0168471_2153277.jpg

これでアユタヤ観光が終了。
バスでバンコク市内に戻りました。

その日、ホテルに戻ったのは4時半くらいだったので
ホテルから徒歩7~8分くらいの地下鉄駅まで歩いてみました。

大きな道路を挟んで、地下鉄の駅直結で大きなショッピングセンターが2つ。
日本でもおなじみのファーストフードのお店やカフェなども入っていますが
売っている食料品など、タイらしい物もいっぱいあって楽しく見て回りました。

子供の日のせいか、ブティックの並んだ一角の広場で
なんと「仮面ライダーショー」をやっていました。

日本のヒーローショーとまったく同じで、MCの若い女性が怪人を前に
会場いっぱいの子供達に、声を合わせてライダー達を呼ぶように言ってるみたいでした。

その日はお昼のビュッフェで食べ過ぎたのと、睡眠不足で疲れたせいか
あまり食欲がなかったので、夕飯はそのショッピングセンターで
サンドイッチや飲み物を買ってホテルに戻り、簡単に夕飯をすませ
その日は早目にベットに入りました。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-02-01 22:15 | 旅行


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧