タグ:お出かけ ( 30 ) タグの人気記事

恐竜博2016

クロアチア旅行から帰って、ずっと仕事に追われていたハルばあ。
旅行のために、何日もお休みしてしまったんだからしかたがありません。

そんなあわただしい毎日を過ごし、ようやく迎えたお休みの先週土曜日
リョウさんと一緒に、上野の国立科学博物館で行われていた
「恐竜博2016」に行ってきました。

ずい分前に、お嫁さんのノンさんから招待券をもらっていたのですが
リョウさんの足の具合が良くなかったので行けないうちに6月になり
とうとう会期が12日(日)までになってしまったので、あわてて出かけたのです。

久しぶりの国立科学博物館。
子供達が小さな頃は、家族でよく足を運んだ大好きな博物館です。
d0168471_21511538.jpg


「恐竜博2016」は翌日が最終日とあって、かなりの人出。
チケット売り場も長い列ができていましたが、招待券のハルばあ達は入り口にスルー。

会場内はフラッシュを使わなければ写真撮影OKでした。
でも大勢の人をさけて写真を撮るのは中々大変でした。

d0168471_21514944.jpg


d0168471_21521116.jpg


d0168471_21523390.jpg


これは日本初公開のカスモサウルスの幼体です。
d0168471_21525219.jpg


もちろんティラノザウルスもいます。
d0168471_2154041.jpg


娘Meは毎年「恐竜博」を見ているのですが
ハルばあ達は本当に久しぶりで、大きな恐竜にワクワクしました。

リョウさんの足がまだ完璧に治っていないので、本館の見学はあきらめましたが
久しぶりの科学博物館は色々新しい展示もあって楽しそうだったので
またゆっくり行きたいなぁと思ったハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2016-06-14 22:15 | お出かけ

秩父夜祭

12月3日に秩父夜祭に行ってきました。

秩父夜祭は京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに三大曳山祭に数えられている
秩父の総社、秩父神社の例大祭で、300有余年の歴史を誇っています。

東京の外れのハルばあ家地方から、車で1時間くらいだと聞いていたので
ぜひ一度は見に行きたかったお祭です。

でもかなり道路が混雑する上に、夜祭なので帰宅は深夜になってしまうから
ツアーで行く方が楽だと思い、今回もインディアカのメンバー有志6人で
バスツアーに申し込み、憧れの夜祭に行ってきました。

過去3年雨に降られたという夜祭ですが、今年はとっても良いお天気。
しかも例年かなりの寒さになると聞いて、超のつく寒がりのハルばあは
かなりの厚着で行ったのですが、とっても暖かな日で人混みを歩くと暑いくらいでした。

午後3時半くらいに、バスの駐車場のなっている「秩父道の駅」に到着。
ハルばあ達の参加したツアーは、ここで案内図をもらい簡単な説明を受け
その後は夜10時の出発時刻まで完全自由行動です。

ガイドさんの説明を聞いたけれど、6人全員夜祭は初めてだったので
今ひとつ要領がわからぬまま、案内図を見ながら秩父神社方面に向かいました。

まだ明るいけれど、すでにかなりの人出で、あちこちに警察官がいて
道路は混雑緩和のため一方通行になっていたりします。


ここ秩父には国指定重要有形民俗文化財になっている4つの屋台、2つの笠鉾があり
極彩色の彫刻や金糸の後幕に彩られた、豪華絢爛名な笠鉾や屋台が
羊山公園で打ち上げられる花火をバックに、市内を曳き回されます。

秩父神社の前には中近笠鉾がありました。
d0168471_12222419.jpg

かなり混んでいるので通行規制がかかっているために
道路に立ち止って、ゆっくり写真を撮ることができません。

神社内もすでに人だらけ、何をやっているのか見ることもできないので
道路に広がる屋台店をのぞきながら、地図を片手に歩き回りました。
d0168471_12261661.jpg

狭い道の両側に屋台が出ているので、通り抜けるのも大変です。

あちこちに町内神輿が置かれた場所がありました。
d0168471_12284722.jpg

ここで法被姿の地元のおじさんが、曳きまわし屋台の見学スポットを教えてくれました。

一番よく見える桟敷席は10000円で、昨年のお祭が終わった段階で完売。
そこほどは見えないけれど、6つの笠鉾、屋台が花火と共に見える場所だとのことで
多少お金を払っても、せっかく来たのだからぜひ!と思ったのですが
10時に帰らなければならないハルばあ達では、歩行者の通行規制の時間があるため
そこで見ていると帰れなくなると係の人に言われてしまい、泣く泣くあきらめました。

結局帰りの事を考えて、また秩父神社付近に戻るとすでに道路は場所取りのすごい人。
そこにいた警察官に聞いたら、その付近では4つの笠鉾と屋台が見られるというので
ハルばあ達も場所取りの人に混じり、1時間ほど待つことにしました。

午後7時が近づくころには、かなりの人混みになり、道路はまるで満員電車状態です。
d0168471_12403233.jpg

d0168471_12421356.jpg

暗くなると屋台の提灯に火が入り、とっても綺麗です。
でも人に押されながら、背伸びして腕を伸ばして写真を撮るので大変でした。

ハルばあ達がいた場所は、ちょうど交差点の付近だったので
10トン以上ある重い屋台をテコの応用で持ち上げて回転させる
「ギリ廻し」を何とか見ることができました。

とにかく想像以上の人出で、道路の細い縁石の上で人に押させれながら
2時間半くらい立ち続けたせいで、ハルばあ達はクタクタ。

4つの屋台と笠鉾を見たら「少し早いけど、もうバスに帰りましょう」と話が決まり
通行規制のため遠回りをしながら、道の駅の駐車場に向かうことにしました。

駐車場からは打ち上げ花火がよく見えました。
通常19:00~22:00が花火大会の時間なのだそうですが
今年は何故か18時くらいから花火が上がり、22時を過ぎても花火が見られました。

また今年の花火では日本煙火芸術協会に所属する精鋭25人の花火師による
「日本芸術花火大会」という花火の競演などもある盛大なものだったようです。

確かに、あんなに気前よくたくさん上がる花火は滅多にないかも。

道の駅前広場では、地元の特産品や食べ物を売るお店がたくさんあったので
そこで甘酒を飲みながら、夜空に広がる見事な花火を鑑賞できました。

見事な屋台の曳きまわしは、なんとか見られたけれど
一番の見どころの、花火をバックに屋台が団子坂を上るのは見れなかったし
そもそも全ての笠鉾や屋台を見れていないので
次に秩父夜祭に行くときは、もっと下調べしてゆっくり行こうねと
みんなで話しながらバスに乗り込み、まだまだ盛り上がる秩父夜祭を後にしました。
[PR]
by haru2010yakei | 2013-12-07 12:51 | お出かけ

ハルばあ、チューリップまつりに行く

この週末は、かなり大荒れのお天気で、各地に多大な被害が出たようですが
皆様のところは大丈夫だったでしょうか?

テレビで見ていたら、都内もかなりの大雨と強風で大変だったようですが
東京の外れ、山沿いのハルばあ家地方は、確かに風は強かったものの
テレビで見るほどの強風でもなく、雨も大して降りませんでした。

しかも日曜日は、風がけっこう強いものの、すごく良いお天気だったので
羽村市で行なわれている「チューリップまつり」に行ってみることにしました。

車に乗って向かっている時に、少しの間だけ雨がパラついて心配したのですが
あっという間に雲が動き、それ以降はまた晴れて良いお天気になりました。

風が強いせいか、用事を済ませてから行ったので午後遅かったせいか
思ったほどの人出ではありませんでした。

昨日からの強風で少し斜めになってしまった花もありますが
たくさんの色とりどりのチューリップが咲いていて、とってもキレイです。
d0168471_19492150.jpg

d0168471_19494844.jpg

かなり広い面積に、たくさんのチューリップが植えられています。
d0168471_19501075.jpg

さっそくリョウさんは一眼レフで写真を撮りまくっています。
色々な種類があるので、ちょうど満開のチューリップもあれば
まだまだ蕾が固そうなチューリップもあり、まだまだ当分楽しめそうです。
d0168471_19531336.jpg


羽村市内の保育園児たちが植えたチューリップもあるようです。
d0168471_19534061.jpg

他にも町内会やら〇〇クラブ…などと看板の立てられたチューリップ畑がありました。
d0168471_19564596.jpg

d0168471_1957526.jpg

チューリップ摘みが出来る畑もありました。

チューリップと言ってもいろんな種類がたくさんあります。
これは「フラッシュバック」
d0168471_19582747.jpg


           「ライオンキング」
d0168471_200131.jpg


           「アラジンズレコード」
d0168471_2052425.jpg


           「ガボタ」
d0168471_206434.jpg


           「バレリーナ」
d0168471_2072562.jpg


           「センシュアルタッチ」
d0168471_208778.jpg


           「ライラックカップ」
d0168471_2091325.jpg


           「バニャルカ」
d0168471_2095425.jpg


           「カタナス」
d0168471_20103834.jpg


           「シネダキング」
d0168471_20141042.jpg


チューリップもすごく色んな種類があるんですね~
思わず今咲いている種類を全部写真に撮ってしまいました。
変わったネーミングのものもあり楽しめました。

小さな女の子が大きな声で「チューリップ」の歌を歌いながら歩いていて
昨年、お嫁さん達と来た時、孫のハー君が同じように歌いながら歩いた事を
思い出し、小さな子供は同じなんだなぁ~と微笑ましかったです。
d0168471_20222469.jpg

今年は桜の開花が早く、リョウさんと一緒に桜のお花見には行けなかったけれど
たくさんのチューリップを見て、一緒に春爛漫を実感できた楽しい一日でした。
[PR]
by haru2010yakei | 2013-04-08 20:35 | お出かけ

ハルばあ、川越を歩く

1月3日、リョウさんと二人で「小江戸」といわれる川越に行ってきました。

昨年、仕事で1か月ほど川越に通っていたリョウさん。
あの有名な蔵造りの街並みは、毎日車で通り過ぎるだけだったので
お正月休みになったら、ゆっくり歩きに行こうと言っていたのです。

せっかくのお正月なので、着物でお出かけしたいとハルばあが言ったので
車ではなく電車に乗り継いで行くことにしました。

昼ごろ、川越市に到着。
まず川越駅で「川越散策マップ」をもらい、地図を見ながらクレアモールという道を
蔵造りの街並みに向かって歩くことにしました。

ハルばあ達は知らなかったのですが、この日「川越大師」と親しまれている
「喜多院」というお寺で、だるま市が開催されていたため
川越はものすごい人出で、道路も車で大渋滞状態でした。
しみじみ車で来なくて良かった…と思ったハルばあ夫婦。

人の流れにのって歩いて行くと、お祭りのお囃子のような音が聞こえてきました。
d0168471_2032823.jpg

国の登録有形文化財である、3つの元酒蔵を改装した物産施設
「小江戸蔵里」という所で、「川越氷川祭」で曳きまわすという山車が出ていました。
d0168471_2083565.jpg

どうやら「だるま市」に合わせて、毎年祭礼をやるそうです。

d0168471_20103622.jpg

獅子舞もありました。
なんと、この獅子で見事な舞を見せていたのは、中学生だという男の子でした。

d0168471_20181883.jpg

川越のゆるキャラ「ときも」ちゃんもいました。

リョウさんは屋台で買った樽酒やら焼き鳥で、すっかり上機嫌。
思いがけずウキウキしたお祭り気分を味わってから、そこを後にしました。

d0168471_2023922.jpg
d0168471_20235470.jpg

こちらも国の有形文化財、昭和2年に建てられたという建物。
今は川越商工会議所だそうです。

d0168471_2028027.jpg

d0168471_20311356.jpg

川越の有名な観光スポット「蔵造りの街並み」一番街。
川越では江戸時代から類焼を防ぐための耐火建築として町屋にも用いられたそうで
30数棟の蔵造りが軒を連ねる様は、他の都市では見られない景観だそうです。

蔵造りの建物は現在いろんなお店として使われています。
お店の前には、こんな変わった門松を飾っている所もありました。
d0168471_20394116.jpg

                  炭屋さんの前にあった門松。


d0168471_20405182.jpg

                  可愛い雑貨店の前の門松。


d0168471_20453786.jpg

あのクロネコ…の営業所も蔵造りの店舗にあって、お正月らしいディスプレーになっていました。


d0168471_20292088.jpg


d0168471_20474411.jpg

これは川越のシンボル「時の鐘」
「残したい日本の音風景百選」に選ばれているそうです。

d0168471_20501295.jpg

ちょうど「小江戸巡回バス」が通りかかりました。
懐かしいボンネットタイプのバスで、市内の観光名所を巡回しているようです。
次に来た時はぜひ乗ってみたい~

そこから「菓子屋横丁」へ。
d0168471_2054745.jpg

懐かしい感じのお菓子がいっぱい売っています。
d0168471_20554977.jpg

d0168471_20563488.jpg

焼きたての大きなお煎餅、250円。
リョウさんと半分にして食べました。おいし~い043.gif

d0168471_20593047.jpg

ここでは蒸かしたての紫イモまんじゅうを買いました。
d0168471_2114859.jpg

100円也。これもすごくおいし~い003.gif

ところで「菓子屋横丁」近辺に、こんなオブジェ(?)がいくつもありました。
d0168471_2135922.jpg

d0168471_2143397.jpg

d0168471_215718.jpg

d0168471_2154978.jpg

どれもかなりの大きさです。
一体何のための物なのでしょう?ちょっと不思議。

「菓子屋横丁」の帰りに期間限定のショップを見つけ旅の記念に買いました。
d0168471_2183194.jpg

右端は帯どめ、そして後2つの小さな印籠はリョウさんとハルばあ、それぞれ1個ずつ。
リョウさんはストラップとして、ハルばあは帯飾りとして使います。

またテクテク歩いて「だるま市」をやっているという「喜多院」に向かいました。
d0168471_21132886.jpg

ここは想像以上のすごい人出で、参拝する人が列を作り境内は人でいっぱいです。
d0168471_21152060.jpg


時間もないので、ちょっと写真を撮っただけで「喜多院」を後にし
帰りの電車の時間に間に合うよう、川越駅に向かいました。

風が強くて、かなり肌寒い一日でした。
おまけに想像以上の人であふれた川越でしたが、見どころは満載。
歩きまわって足は疲れきったけど、ハルばあは大満足の街歩きの一日。

もっともっと、ゆっくり見て歩きたい、そんな街、川越でした。
d0168471_2122335.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2013-01-04 21:31 | お出かけ

日帰りバス旅行 ~ひたちなか市~

先日、日帰りバス旅行で茨城に行ってきました。

今回もメンバーは、以前「雨の伊豆バス旅行」に一緒に行った子供の幼稚園の時の役員仲間。

前の伊豆の時はず~っと雨に降られ、甘夏狩りも観光もキャンセル。
美味しい食事と買い物だけのバスツアーになってしまいました。

そして今回も朝からシトシト雨が降っています。
他のメンバー3人は「そうそう、昔からハルばあが一緒の行事って雨だったっけ…」

やっぱり雨女ハルばあのせいでしょうか。

とりあえずヒドイ降りではなかったので、バスが現地に到着する頃には上がっている…
そんな期待を胸に一路バスは、ひたちなか市の国営ひたち海浜公園に向かいます。

ところが途中、雨はどんどん激しくなっていくので、添乗員さんの提案があり
午後に予定していた「メロン狩り」ならビニールハウス内だから雨でもOKなので
海浜公園行きは午後にして、まずは「メロン狩り」に向かうことになりました。

バスが到着すると大きなビニールハウスに案内され
そこで最初にメロンの試食がありました。
d0168471_19353962.jpg

メロンの試食なんて、小さくカットされた物を爪楊枝で食べるくらいと思っていたら
20cmはあろうかというメロンを一人4分の一個ずつ渡されビックリ005.gif
すご~い!ぜいたく038.gif

またまた雨のバス旅行で、ちょっと気落ち気味だったのに
大きい上に、すご~く甘くて美味しいメロンに、ハルばあ達は気分は一気に上がります。

試食の後は別のビニールハウスに案内され、美味しいメロンの見分け方を教えてもらい
一人一個ずつメロンをとることが出来ました。
d0168471_19452898.jpg


欲張りハルばあ、一生懸命大きいのを探すのですが
どれもこれも大きく見えて、取ってみたら結局4人の中で一番小さめでした。
d0168471_19474426.jpg

それでも家に帰ってから測ってみたら、この大きさ、重さも2.2㎏もありました。

次は那珂湊おさかな市場にある「海花亭」で昼食です。
d0168471_19531837.jpg

海鮮すしもシジミのお味噌汁も本当に美味しくて大満足!

メロンもお寿司も予想以上に美味しかったから、今回も雨で観光できなくてもいいや…
そんな気分になってしまった食いしん坊の4人でした。

食事の後は市場でお買い物タイム。
この那珂湊の市場は東日本大震災の時に、3mもの津波で
市場の建物以外は全て流されてしまったそうです。

活気ある今の市場を見ていても、そんな事は微塵も感じられません。
でも以前の状態に戻すため、地元の皆さんは今も大変な努力をされているそうです。

そんな市場には新鮮な魚が、信じられない安さでいっぱい売っていて
生ものなのに、どれもこれも買って帰りたくなってしまいます。
店のおじさんお薦めのカジキの味噌漬け、小女子、イカ墨のさきいかなど
あまりに量が多いので、4人でシェアして買いました。

お買い物のあとは「ひたち海浜公園」に向かいました。
ここは年間を通して花と緑いっぱいの広い公園です。

春のネモフィラが見事なのはテレビで見て知っていましたが
この時期はコキアが真っ赤に紅葉して丘をおおいキレイなのだそうです。

さすがに雨のせいか、駐車場にはほとんど車がありません。
それでも園内に入り歩いているうちに、なんとか雨はやんでくれました。

でも強い風の吹く中、コキアのある「みはらしの丘」に向かって
広い園内を歩いていると、こんな可愛い飾りのついたコキアがありました。
d0168471_2034085.jpg

ハロウィーンが近いせいだからでしょうか。

「みはらしの丘」に着いてみましたが、残念ながら紅葉には早かったようです。
d0168471_20353446.jpg

d0168471_20355568.jpg

思っていた以上に広い丘いっぱいにコキアが植えられているのですが
赤くなっているのは、ホンの一部でした。

こんなにたくさんのコキアが全部色づき丘全体に広がったら
きっと素晴らしい眺めなのだろうにと思うと、また見にきたくなってしまいました。

たくさんの花畑だけでなく、アスレチックやら水遊び広場、バーベキュー場etc
大きな観覧車もあって、かなり色んな楽しみ方ができるようなので
次回は孫達と、脅威の晴れ女Meも誘ってこようと思ったハルばあでした。

海浜公園を出た後は、真っ直ぐ帰路につきました。

今回もまた雨に降られたバス旅行でしたが
美味しい物を食べて満足できたし、コキアの丘は歩けたし
何より久しぶりの友人達と行きも帰りもバスの中でいっぱいお喋りできたしで
けっこう楽しいバス日帰り旅行になった秋の一日でした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-10-03 20:54 | お出かけ

ハルばあ、新宿に行く

相も変わらず今週になっても、何故かバタバタしているハルばあ家。

日曜日には以前から調子の悪かったMeのノートパソコンを修理見積もりに持っていったら
なんとハードディスクが壊れていて、直すなら最低でも3万円。
メーカーに出すと約5万と言われ、予定外の出費に悩むMe002.gif

その後もMeの買い物につきあい、夕方家に戻ったあたりからリョウさんの様子が変。
すぐに布団に入れたのですが、案の定夜中に何度もトイレに駆け込む状態。
顔も真っ赤なので、まさかと熱を測ったら38.5℃ありました。

月曜日の朝には38.7℃に熱が上がり、あわてて掛かりつけのお医者さまへ。
お盆休みの時のMeと同じで、胃腸炎だといわれて薬をもらいました。

Meと違って熱に弱いリョウさんは、ものすごく苦しそうですが
どうみてもMeより重症ではない様子なので、ハルばあもさほど心配していないのですが
またまた病人がいるため、昨日も予定が丸くずれ007.gif

幸いリョウさんの熱は今朝には37℃に下がっていて
おかゆも食べられるようになっていたので、今日はまだ寝ているリョウさんを家に残し
新宿まで眼科の定期検診に行ってきました。

d0168471_19385951.jpg

d0168471_20305576.jpg

久しぶりの新宿。
いつもなら高い運賃と時間を使い、遠くから出てきているのですから
ついでに、あちこち見て回ったりするのですが
今日は病人が家で待っているので、ウインドウーショッピングはあきらめました。

それにしても新宿に来るといつも思うのですが…
この町では老若男女、ましてや体型だってまったく関係なく
どんな格好をしていても、たとえそれが仮装にしか見えなくても
誰も奇異な目で見ない、何でもありの、ものすご~く許容範囲の広い街だと思います。

どう見ても顔は70代くらいだけどフリフリのロリータ風の格好をした人とか
超ミニのイチゴ柄のワンピを着たガタイのいい女装したおじさんとか
まるでチベットの僧侶の衣装をボロボロにした風の若者とか
背中に天狗の絵の描かれたTシャツを着て一本歯の下駄をはいた若者とか

今日もそんな人たちを何人も見て、ハルばあは一瞬ギョッとしたのに
周りの人たちは振り返りもしないのを見て「都会ってスゴイ!」と
あらためて思った田舎者のハルばあです。


そうそう眼科の検査結果ですが、変わりなしでした。

何度かブログに書いていますが、ハルばあは緑内障、黄班上膜のふたつの病気持ちです。
幸いどちらも偶然に早期発見できたため、目薬と定期的な検診でOK
今のところ薬で症状が抑えられているので要経過観察で済んでいます。

でも「以前より視野検査の光がすごく見えにくいところがあるんですが…」と言うと

「そこはいずれ視野の欠ける部分かもしれませんね。
 とりあえず数値的には前回と変わっていないので、まだ薬で様子を見ましょう」
お医者様にそう言われ、もう少し目を労わろうと改めて思ったハルばあです。

お医者さまに言われたのですが、光の刺激が目の老化を促進させる原因なのだそうです。
太陽などはもちろん、テレビやパソコンを長時間見る生活になってから
昔よりも光の刺激を受けやすく、目の老化進度が早まっているそうです。

これ以上少しでも症状を悪化させないよう、手術や失明などと大事にならないように
サングラスとPCメガネ、ハルばあにはやっぱりどちらも必需品。
心から思ったハルばあです。

どうぞ皆さんも目の健康にはお気をつけください。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-08-28 20:39 | お出かけ

ハルばあ、フェルメールを見る

皆様にご心配いただきましたMeですが
おかげさまで、ようやく元気になりました。

とはいえ、まだ完全に通常食には戻らず
うどん、かためのおかゆ中心で食べています。

40℃近い熱が丸2日以上続いたのですからしかたないですね。
でも、さすがに若いせいか、熱が下がってからは
一気に元気を取り戻しホッとしました。

心温まるお見舞いのコメントありがとうございました。



ハルばあのお盆休みは、終わりのほうはMeの看病で終わってしまいましたが
それでもお盆休みの初日は、アウトレットにお買い物に行き
夏物最終セールで80%オフのTシャツや50%オフのサンダルが買えました。

そして翌13日の月曜日の朝、突然、美術館に行くことが決まりました。

以前からテレビのCM見ながら行きたいね~と言っていた「マウリッツハイス美術館展」
あの有名なフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」がきているのです。

前日までそんな話は全然出ていなかったのに、のんびり遅い朝食をとっていると
「よし、今日はフェルメールを見に行こう!」とリョウさん。

それなら絶対に混むから急いでしたくして、すぐに出かけなくっちゃと
大急ぎで用意して電車に飛び乗りました。

「もう、フェルメールに行きたいなら前の日から言ってよね。
 遅く行くとヘタしたら入場制限かかっちゃうよ!
 で、どこの美術館でやってるの?どこで電車降りればいい?」
そうハルばあが聞くと、リョウさんは言います。
「えっ?知らない。上野じゃないの?」

「新国立美術館だったらどうするの?六本木だよ?
 もう、下調べして行こうって言ってるのかと思ったのに…」

あわてて携帯で調べると、上野の東京都美術館でやってました。

久しぶりの上野、公園口で降りると…
駅に一番近い国立西洋美術館では「ベルリン国立美術館展」をやっていて
なんとフェルメールの「真珠の首飾りの少女」がきているではありませんか。
d0168471_15524666.jpg


同じフェルメール、しかもよく似た題名。
美術展の開催期間まで似ています。

間違わないようにという配慮なのか、あちこちに大きなこんな看板がありました。
d0168471_1554921.jpg


5分ほど歩いて東京都美術館に到着。
d0168471_1625565.jpg

幸い思ったほどの混雑はなく60分待ちの列に並んで入場を待ちました。

中はそれなりに混みあっていたけれど、久しぶりにゆっくりと
たくさんの絵画を見ることができました。

でも一番の目玉「真珠の耳飾りの少女」の絵だけは
正面近くから見るためには、キチンと行列に並ばなければならず
そこでまた30分ほど並ぶことになりました。

でも並んだかいがあるなぁ~と思えるほど
質感といい色彩といい、とっても素晴らしい絵でした。

出口付近に、この美術展のオフィシャルサポーターである武井咲ちゃんが着た
「真珠の耳飾りの少女」の絵を元に作られたというドレスが飾ってありました。
d0168471_1652936.jpg


残念ながら日本の美術館は写真撮影禁止なので
写真が撮れたのはこれだけです。

かなり久しぶりだった美術館。
ものすごく暑い中出かけてきて、美術館もけっこう混んではいたけど
やっぱり時々は芸術に触れるのもいいものだなぁ~と
心から満足した、ハルばあのお盆休みの一日でした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-08-18 16:23 | お出かけ

日帰りバス旅行 雨の伊豆

子供が幼稚園の頃の役員仲間3人と日帰りバス旅行に行ってきました。

「伊豆網代の名店で伊豆を食う みかんの花咲く丘で甘夏みかん狩り」というツアー。
せっかく久々に4人でバス旅行なのに、あいにく朝から冷たい雨が降っています。
それでも美味しい物が食べられるのを楽しみに出発。

バスの中では、おしゃべりに花が咲きます。
考えてみたら、あの役員時代から20年くらいたっているんだね~
そんな事に気づき、私達のおつきあいも20年になったんだと感慨深くなりました。

ハルばあ以外は親や姑と同居で、この20年の間に介護をしたり、最期を看取ったり
それぞれが色んな事情で忙しく、年に一度集まるくらいしか出来ませんでした。

それがここ1年半くらい前から、ようやくみんな自分の時間が持てるようになり
2ヶ月に一度くらい食事に行ったり、たまにはバス旅行に出かけたりしています。

そんな訳でたまに会うとオシャベリが止まりません。
現地到着まで3時間近いバスの中でも、ちっとも退屈することはないのです。

でも今回のツアーは、何故か年配の方が多く、また一人参加の方がかなりいて
いつも行くバスツアーと違って、バスの中がすご~く静か。
それでもオシャベリが止まらないハルばあ達は、自然とヒソヒソ声で話していました。

雨の中、伊豆半島を海沿いにバスは走るのですが
海はグレーで、どんより雲も出ていて、空との境目がわからないくらいです。

「晴れていたら向こうに初島がみえるんですよ」と添乗員さん。
でも雨で何にも見えないし、海が見えてもテンション上がりません。

お昼より少し早く網代の「福寿丸」というお店に到着。
ここでお昼をいただきます。
d0168471_1841441.jpg

おさしみがすご~く美味しくて、感激!
プリプリした伊勢えびの甘さに、いきなりテンションが上がりました。

d0168471_1845740.jpg

あわびのおどり焼きを食べたのも初めてです。
「この食べ方、けっこう残酷だよね」とか言ってたのに
焼きあがって口に入れると滅茶苦茶おいしく、アッという間にたいらげます。

伊勢えびの頭の入ったお味噌汁も飲んで、大満足のお食事でした。
このおいしい食事だけで「もう雨でも許せちゃう」
そんな風に思ってしまった食いしん坊のハルばあ一行です。

食事の後は、城ヶ崎海岸に行って吊り橋を渡ったり散策の予定でした。
が、添乗員さんが「雨でかなり足元がキケンなので、予定を変更します」とのこと。

代わりに、大室山にツツジを見に行こうと提案されたのですが
ツアー客の一人から「あそこのツツジはもう終わりよ」と声がかかりました。

あわてて添乗員さんが観光協会に電話すると
やはり花の見頃は終わっているので行ってもムダとの回答。

「じゃあ、どうしましょう?」
そんな事を言われても、ハルばあ達ツアー客はどうしていいかわかりません。

ツアー客から特にリクエストがないからと
添乗員さんの提案で、一碧湖に行くことになりました。

一碧湖は「伊豆の瞳」と呼ばれるひょうたん型の景観の美しい湖なんだそうです。
d0168471_18593335.jpg

でも、雨。
当然、ハルばあ達バスツアー客以外、誰もいません。

雨の中、湖を見たら後は何もすることはありません。
少し肌寒いので、温かいコーヒーでも買おうかと思っても
自販機には冷たい飲み物しかないし、唯一ある売店はお店を閉めています。

みんなやることもないので、サッサとバスに戻るしかありません。
一碧湖、完全に行ったというだけ。

次はおみやげ物屋さんに向かいました。
こういうツアーのお約束ですが、ここではみんな目の色が変わります。
伊豆の名産、干物など海産物を味見しては次々買っています。

中には大きな袋を両手で持っている人もいてビックリ。
どうやら買い物のために、このツアーに参加している人もいるようです。

ハルばあ達の後ろの席に座っていた一人参加の年配の女性は
昨年も同じツアーに参加して、色々買い物をしたと言っていました。

お買い物のあとは、甘夏みかん狩り。
でも添乗員さんが言いました。

「雨がひどいので、みかん狩りは中止にさせていただきます。
 でも、お店には向かいますので試食してください。
 そして甘夏ではなく伊豆の名産ニューサマーオレンジをお持ち帰りいただきます」

結局ハルばあ達一行は、みかん園の入り口にある売店に行き
それぞれ甘夏やジャムなど試食して、やはり多くの人が大量の甘夏を買いました。

それでその日の予定は終了、後は帰るだけ。
でもさすがに時間が早すぎるので
もう一軒小田原の蒲鉾屋さんに急遽立ち寄ることになりました。

ここでも試食、そしてお買い物。
みんな一体どれくらい買い物しているんだと、ハルばあチョット驚きです。

帰りは少し渋滞に巻き込まれ、それでも予定時間より30分以上早く到着。
食事をした以外は、買い物してバスに乗って、他には何もないバス旅行でした。

それでも4人そろって美味しい物食べて、たっぷりオシャベリできたから
雨に祟られたけれど、あまり悔しくない一日でした。


ツアーのお土産「ニューサマーオレンジ」とジャム。
d0168471_19431689.jpg

地方によっては「日向夏」とか「小夏」と呼ばれるものだそうです。
d0168471_19294480.jpg

食べる時は、こうやってリンゴのように表皮をむいてから、食べやすい大きさに切り
後は内側の白い部分も一緒に食べるのだそうです。
苦味もなく、甘くて美味しいオレンジでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-16 19:48 | お出かけ

「あしかがフラワーパーク」ふたたび

一体、どれだけ藤の花が好きなんだ…(決してそうではないのですが…)
そんな声が聞こえてきそうですが、昨日また「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。

今回は、最近すっかりカメラ女子になっている娘Meも連れて3人で出かけました。
もちろん今回も4時起きで5時出発。

高速を乗り継いで、前回より早く6時45分に到着したのに
前の時よりすでに車がいっぱいで、駐車場は半分以上うまっているし
入り口付近には、かなり多くの人が開園を待っています。

急いでチケット売り場に並び入園すると…
前回とは大違い、白藤のトンネルがちゃんと出来ています。
d0168471_2028514.jpg


あの大藤だって、こんなです。
d0168471_20302897.jpg

この大藤は紫藤なので、本当の見頃は先週だったらしく
少々花も枯れ始めていたのですが、それでも前回の枝だけに比べたら
一本の木でコレだけ枝が伸び、花を咲かせていると思うと感動です。
d0168471_2033287.jpg

d0168471_20335538.jpg


お天気も良かったので、黄藤の花が青空に映えてキレイです。
d0168471_20352680.jpg

d0168471_20355774.jpg

d0168471_20362270.jpg

黄藤は今が見頃のようです。

シャクナゲはそろそろ盛りを過ぎたとはいえ
園内どこもかしこも、29日に来たとき以上に見事な花々が咲き乱れています。
d0168471_20395291.jpg

d0168471_20402262.jpg

d0168471_20405227.jpg

d0168471_20412275.jpg

d0168471_204299.jpg

リョウさんもMeも、夢中で写真を撮りまくり。
このアングルがいいとか、光の加減はこちらがいいとか
どれだけ写真を撮れば気がすむんだと思うほど、ずっとシャッターを押している二人。
でも周囲を見渡せば、一眼レフを持った同じようなおじさん達がいっぱいでした。

「奇跡の藤」と呼ばれる、移植に成功し立派に花を咲かせている
県の天然記念物の「足利の藤」もそれは見事でした。
d0168471_20511061.jpg

d0168471_20514451.jpg

d0168471_2155878.jpg


本当にフラワーパークの名に恥じない、園内どこを見ても見事な花達に感動!
来年こそはしっかりネットでチェックして、紫藤の見頃ピッタリに又来よう。
そう決心して9時すぎには、フラワーパークを後にしました。

それにしても、朝7時でこの人出です。
d0168471_2111382.jpg

9時に出た時は前回と違って、駐車場前に長い列がないと思ったら
離れた所に臨時駐車場が2箇所も出来ていて、そちらにどんどん車が入っていきます。

やはり「あしかがフラワーパーク」に来る時は、4時起きだけは免れない…
しみじみ思ったハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-14 21:22 | お出かけ

今度は亀戸天神

藤の花の開花が今いちで、ちょっとがっかりだった「あしかがフラワーパーク」に行った翌日
リョウさんが「今日は亀戸天神」に行こうと言いました。

亀戸天神はこれまた藤で有名な所で、ちょうど「藤まつり」の最中だというのです。
「そんなに咲き誇った藤の花の写真が撮りたいんだ…」と思いましたが
せっかくのお誘いなので、カメラを持って朝から電車でお出かけしました。
d0168471_1723781.jpg

亀戸天神は先月「亀戸天神御鎮座三百五十年祭」を迎えた歴史ある神社です。
ゴールデンウィーク中の上、「藤まつり」中のためか、かなりの人出です。

ところが…肝心の藤の花というと…
d0168471_1731611.jpg

栃木だけでなく、都内も開花が遅れていたようです。残念…
d0168471_17332975.jpg

それでもめげずにリョウさんは愛用の一眼レフで写真を撮りまくっています。
d0168471_17355361.jpg

スカイツリーもよく見えます。

d0168471_17364066.jpg

亀戸天神はもちろん亀がたくさん飼われています。
写真は数匹ですが、池の中を見るとウジャウジャというくらいいます。

d0168471_17391246.jpg

お参りの方もたくさんいて、初詣以外でこんなに並んでいるのを見たことがありません。

亀戸天神を出た後は、歩いてスカイツリーを見に行きました。
d0168471_17435436.jpg

まもなく開業をひかえているスカイツリーの足元にはたくさんの人が来ていました。
d0168471_17445157.jpg

真下から見るスカイツリーはこんな感じです。
d0168471_17513411.jpg

いつかスカイツリーの上から撮った写真を載せたいな~と思いますが
ひどい高所恐怖症のハルばあ、そんな日が本当にやってくるんでしょうか?

暑い日だったけれど、川沿いにある有名な「じゅわり」で熱々の肉まんを食べました。
d0168471_17565798.jpg


お店を出て歩いていると、あのゆるキャラ「おしなりくん」にも会えました。
d0168471_17583637.jpg

一緒に写真を撮ってもらう列についつい並んで
ツーショット写真を撮ってしまった、ちょっとミーハーのハルばあです。

そこから浅草に向かって歩きました。
d0168471_181156.jpg

せっかくだから水上バスにも乗りたかったけれど、乗り場はすごい大行列。
やはりゴールデンウィーク、並みの混み方ではありません。

浅草側の吾妻橋から見るスカイツリーは今写真のベストスポットだそうで
すごい数の人達が写真を撮る順番待ちをしていました。
あまりに並んでいるので、ハルばあはベストよりちょっと横側で撮ってみました。
d0168471_1843922.jpg

それにしても、アサヒビール本社のモニュメントは
何度見てもウン○に見えてしまうのは、きっとハルばあだけではないと思います。

予想していたとはいえ、浅草はものすごい人混み。
浅草寺の雷門前は人でごったがえし、写真を撮るのも大変なくらいです。

結局、浅草観光はまたにして、そこからJR浅草橋まで散歩をかねて歩きました。
あれだけスゴイ人だったのに雷門から200~300mも歩くと
人はグンと減り、お休み中で多くの会社やお店の閉まった街は閑散としていました。

歩数計によると、この日は25000歩以上歩いていました。
お目当ての見事な藤が、またも見れず残念だったけれど
二人で良い運動が出来て、楽しく観光客気分にもなれたので
それなりに連休2日目を満喫したハルばあでした。

でもきっと今頃、藤の花は満開で、見事な藤棚なんだろうなぁ~
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-12 11:00 | お出かけ


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧