クロアチア旅行 その1

怒涛のごとき忙しさが、ようやく一段落したので
クロアチア旅行記を書きたいと思います。

まだ1ヶ月ちょっとしか経っていないのに、もう記憶が怪しいのですが
とりあえず必死で思い出しながら…



5月25日(水)

何年か前からずっと行ってみたかったクロアチア旅行に出発です。
今回は同じマンションに住むお友達Kさんと二人
お安いツアーを探して8日間のツアーに参加しました。

ツアーは東欧クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェコビナの3か国をまわります。

旧ユーゴスラビアが現在、スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニアヘルツェゴビナ
モンテネグロ、マケドニアの6つの国に分かれています。

色々な民族、宗教が混じり合い、独立運動と戦争を繰り返してきた地域ですが
今はヨーロッパの中でも、比較的治安の良い地域と言われています。

今回の旅のメイン、クロアチアはアドリア海とその沿岸の古い街並みが美しい観光立国。
特に「アドリア海の真珠」と言われるドゥブロヴニクは
世界中から観光客が押し寄せているそうです。


ツアー1日目。
この日は9時40分発のルフトハンザに乗るので、集合は2時間前の朝7時40分。
東京のはずれに住むハルばあ達は、始発で成田に向かいます。

約12時間半のフライトでフランクフルトに到着。
そこで乗り換え1時間20分、オーストリアのグラーツ空港に到着です。

そこから今度はバスに乗り215㎞。
国境を越えて、まずはスロベニアのブレッドという町へ。
ホテルに着いた時は、すでに現地時間23時になっていました。

この日は移動だけでおしまい。観光は明日からです。



5月26日(木)

ツアー2日目。
この日はホテル出発が9時15分と遅かったので、朝食後ホテルの周辺をお散歩。

d0168471_19491873.jpg

d0168471_19493419.jpg

d0168471_1951776.jpg

これから観光するブレッド湖の湖畔の小さな町で、のどかで素敵です。

そしてこれがブレッド湖。
d0168471_200353.jpg

ここブレッド湖は「アルプスの瞳」と称されている周囲6㎞ほどの美しい湖で
スロベニアで唯一だという島、ブレッド島が湖に浮かんでいます。

ブレッド島には手漕ぎボートで渡ります。
d0168471_2084093.jpg

この手漕ぎボートは1590年代から代々世襲制で続いているのだそうです。
d0168471_20243570.jpg

島に到着、階段を上ると聖母被昇天教会があります。
d0168471_20211878.jpg

あいにく中は改修工事中。
d0168471_2022651.jpg


スロベニア唯一のこの島は、本当に小さな小さな島で
教会の売店など、それに付随したものしかなく観光はすぐに終了。
また手漕ぎボートに乗って、湖畔の町に戻ります。

帰るためにボートに乗りこんでビックリ。
湖には白鳥が何羽かいたのですが、止まっているボートに近づき
くちばしで乗客をつついて餌をねだるのです。

どうやら教会の売店前で売っているアイスクリームのコーンやら
スナック菓子などを白鳥に投げる観光客が多いようで
それを目当てに船に寄ってくるようです。

湖畔の遊歩道にも、まったく人を恐れない白鳥がたくさんいました。
d0168471_20375260.jpg


湖の対岸、約100mの高さの断崖には、ブレッド城が建っています。
このお城はスロベニア最後のお城だそうです。
d0168471_20285442.jpg

お天気が良かったせいもあり、湖もそれに映る山々もとってもキレイでした。

ここから50分ほどバスに乗り、スロベニアの首都リュブリャーナへ。
リュブリャーナはハプスブルグ家の支配が約500年続いたそうで
ルネッサンス、バロック、アールヌーボーなどの
各様式の建築物が調和した小さな芸術の都だそうです。

この町では約2時間の自由行動だったので、地図を見ながら旧市街を歩きました。

市の中心プレシェーレノフ広場に建つフランシスコ教会。
d0168471_20481547.jpg


これが広場の名前の由来、19世紀の詩人プレシェーレノフの銅像。
d0168471_20522965.jpg

「日が昇るところ、争いはこの世から消え、誰も自由な同胞となり~」
彼の書いたこの詩は、1991年の独立戦争後、スロベニア国家の歌詞になったそうです。

この広場には新市街と旧市街を結ぶ三本橋という有名な橋がありますが
小さな橋なのに、とにかく人通りが多すぎて写真が上手く撮れませんでした。

d0168471_20553399.jpg


リュブリャーナ大聖堂。
d0168471_2056116.jpg


d0168471_20562480.jpg


旧市街を見下ろせる丘の上に建つリュブリャーナ城。
ここには徒歩でも行けますが、時間短縮のためケーブルカーに乗っていきます。
d0168471_214404.jpg


リュブリャーナ城中庭。
城といっても城塞であったので、美しく豪華な城というわけではありません。
d0168471_2057138.jpg


城壁から旧市街を臨めます。
d0168471_20572698.jpg



ケーブルカー乗り場の近くにあった水飲み場。
何故かカンガルーの形です。かわいい。
d0168471_211042.jpg


街の中心に流れるリュブリャニツァ川には、たくさん橋がかかっていますが
三本橋と並んで有名なのが「竜の橋」 
竜はリュブリャーナ市の象徴なのだそうです。
d0168471_2112231.jpg


もう一つ有名な、何故かここだけ妙に近代的な「肉屋の橋」
端はガラス張りで、不思議なブロンズ彫刻がたくさんありました。
地元の恋愛スポットらしく、欄干に南京錠がズラリと並んでいました。
d0168471_2115237.jpg


川に沿って街並みを見ながら、時間いっぱいまでお散歩。
d0168471_2122490.jpg


川沿いにはオシャレなカフェがたくさんありました。
d0168471_213129.jpg



これでスロベニアの観光は終了、4時にバスでリュブリャーナを出て
その日の宿のあるクロアチアのオパティアという町に向かいます。

途中、国境を越えた所にある両替所で、クロアチアで使うお金を両替しました。
スロベニアもクロアチアも、EUに加盟して
スロベニアは他のEUと同じで、通貨はユーロを使っています。
でもクロアチアはユーロを導入しておらず、クーナという通貨を使っています。
クロアチアに入ったとたん、ユーロが使えないので両替が必要です。
この日のレートは1クーナ(Kn)=約17.5円でした。

トイレ休憩を含め、約2時間でオパティアに到着。
ルンゴマーレという海岸遊歩道を散策しながらホテルに向かいました。
d0168471_2191552.jpg


d0168471_2194449.jpg
d0168471_2195746.jpg
d0168471_2110208.jpg




その2につづく。
[PR]
# by haru2010yakei | 2016-07-11 21:12 | 旅行

あらためて、今を大切に

娘の引っ越しなのに、なぜか相変わらずバタバタ忙しいハルばあ。
毎日のようにゴミの処分やら荷物の整理に追われています。

とにかく衣類を大量に持っている娘Me。
タンス3つ分では足りず、元息子の部屋だった所はすっかり娘の衣裳部屋。

着るものだけでなく、靴だけでも50足以上、ブーツも10足
それらに合わせてバック類が押入れの中から出るは、出るは…

当然、狭いアパートに全てを持っていけるはずもなく
少し前から、Meはいる物いらない物を分けていたのですが
ここへきて、いよいよ荷造りが間に合わないと思い知ったらしく
今度は迷う間なく、処分する物をどんどん袋に詰め出しました。

ただいまハルばあ家、処分する荷物の山と引っ越し段ボールで埋まっています。
引っ越しまであと3日。
娘の部屋からベットを運び出すためには玄関周りもかたづけなくてはならず
ハルばあは当日までバタバタが続きそうです。

そんなあわただしい毎日のハルばあに、今朝悲しい知らせが届きました。
インディアカ仲間のご主人が亡くなられたというのです。

まだ若い、40代の仲間のご主人です。
自営でお仕事をされていたのですが、仕事場で突然倒れ亡くなられたとか。
大動脈瘤破裂、突然の死だったそうです。

お子さんは大学生を筆頭に下はまだ中学生。
まだまだお父さんが必要な年齢です。

あまりに突然の悲報に、ハルばあ達チームメイトも絶句状態。
ご主人を亡くされたTちゃんやお子さん達を思うと本当にお気の毒で…
Tちゃんにどんな言葉をかけてあげたらいいかもわかりません。

実は今年の春にも、別の友人のご主人が突然倒れ亡くなられました。
やはり自営業の方で、あまりに突然だった死に友人はすっかり憔悴し
でも四十九日も終わり、ようやく少し落ち着いたというので
久しぶりに一緒に食事をしたばかりです。

激やせした体は少し肉付きが戻り、今はしっかり仕事に復帰しているようです。
でも「もう少ししたら仕事は引退して一緒に温泉まわりをする」
そう二人で話していたのだと涙目で言いました。

彼女の亡くなられたご主人は65才。
お子さん達もみな成人し働いています。
それでも早すぎる死だと思ったばかりなのに
40代で亡くなられたTちゃんのご主人は、どれほど無念だったことでしょう。

先週まで練習のあと、一緒にランチしてたわいない話で笑っていたTちゃん。
Tちゃんの笑顔が戻るのに、一体どれくらいかかるのでしょう。

今までこういう事がある度に、明日は何が起こるかわからない。
当たり前の毎日を大切にしようと思うのですが
今回もあらためて「今をある日常を大切に生きよう」
Tちゃんのご主人のご冥福をお祈りしながらも、そう思ったハルばあです。
[PR]
# by haru2010yakei | 2016-06-29 19:55 | 日記、雑記

バタバタの毎日

旅行から帰った後、仕事が忙しかったハルばあですが
その忙しさに最近拍車がかかりました。

娘Meがとうとう家を出て一人暮らしをすることになったのです。
しかも当初の予定では、7月後半に引っ越し予定だったのに
突然それが早まって、7月2日に引っ越すことになってしまいました。

今まで一度も一人暮らしの経験もなく、実家住まいだったMe。
職場まで電車で1時間半以上かかって、通勤が大変なのに
けっきょく30歳過ぎる今まで、ず~っと家から通い続けていました。

営業部にいた時はすごく忙しく、終電で日付が変わってから帰宅がよくあり
疲労から白血球値が異常に増え、病院通いをしていたので
一度は本気で家を出て、会社の近くに住むつもりだったMe。

でも職場が内勤に変わり、残業も休日出勤もグンと減ったら
少々会社まで遠くても実家住まいの方が楽!と
あっさり前言撤回、出ていく気がなくなったようです。

そんなMeがこの春から移動になった部署は
同じ内勤であるもののかなり残業もあって
また睡眠時間も減り、通勤が苦痛でたまらなくなったようで
とうとう本気で一人暮らしをする気持ちになったみたいです。

当然、初めての一人暮らしですから、家電をはじめ日用雑貨すべてが必要です。
また大量にある洋服、バック、靴なども仕分けしなければならず…

このところ週末は、Meのおつきあいであちこち買い物に回り
また夜なども、早く帰った日は荷造りを手伝ったり、いらない物を処分したり
とにかく時間がないので、バタバタ大忙しのハルばあです。

息子が家を出た時は、就職と同時だったため、まだ荷物も少なく
研修からすぐの転勤扱いだったので、会社が家電などそろえる支度金から
引っ越し楽々パックのお金まで、全て出してくれたので
引っ越しといっても、とっても簡単でした。

でも今回のMeの場合、会社員になって早8年。
実家住まいで自由に使えるお金が多かった分、持ち物の量がハンパなく
たった一人の引っ越しなのに、準備がものすごく大変です。

かなり厳選して物を減らしているとはいえ
あれらが全部、狭いアパートの部屋に収まるのか、とっても不安。

そんなバタバタしたハルばあ家で、特にやる事のないリョウさん。
積み重なる段ボールを見ながら、最近何だか淋しそうです。

わがままで口うるさいところのある娘ですが
ハルばあだって、本当にMeが出て行った後は、ちょっとしんみりしちゃうかも。
でもいい加減、本当に独り立ちしてくれないとと常々思っているハルばあに比べ
やはり30年一緒に暮らした娘が出ていくのは、父親としては凄く淋しいんでしょう。

とにもかくにも今のハルばあ家、足の踏み場しかない状態です。
今週末には孫の七五三の写真の前撮りにおつきあいする予定もあるので
引っ越しまで、自由に動ける時間はあとわずか。
タイムリミットはすぐそこです。

早く引っ越し終わらせて、これを機会に自分たちのあふれかえった物も整理し
気持ちも家の中もすっきりさせて
あらためてリョウさんとの二人暮らしを楽しみたいと思うハルばあです。


関東は空梅雨で、この夏の猛暑が心配です。
やはり梅雨には雨が必要ですね。
d0168471_21332494.jpg


[PR]
# by haru2010yakei | 2016-06-22 20:57 | 日記、雑記

恐竜博2016

クロアチア旅行から帰って、ずっと仕事に追われていたハルばあ。
旅行のために、何日もお休みしてしまったんだからしかたがありません。

そんなあわただしい毎日を過ごし、ようやく迎えたお休みの先週土曜日
リョウさんと一緒に、上野の国立科学博物館で行われていた
「恐竜博2016」に行ってきました。

ずい分前に、お嫁さんのノンさんから招待券をもらっていたのですが
リョウさんの足の具合が良くなかったので行けないうちに6月になり
とうとう会期が12日(日)までになってしまったので、あわてて出かけたのです。

久しぶりの国立科学博物館。
子供達が小さな頃は、家族でよく足を運んだ大好きな博物館です。
d0168471_21511538.jpg


「恐竜博2016」は翌日が最終日とあって、かなりの人出。
チケット売り場も長い列ができていましたが、招待券のハルばあ達は入り口にスルー。

会場内はフラッシュを使わなければ写真撮影OKでした。
でも大勢の人をさけて写真を撮るのは中々大変でした。

d0168471_21514944.jpg


d0168471_21521116.jpg


d0168471_21523390.jpg


これは日本初公開のカスモサウルスの幼体です。
d0168471_21525219.jpg


もちろんティラノザウルスもいます。
d0168471_2154041.jpg


娘Meは毎年「恐竜博」を見ているのですが
ハルばあ達は本当に久しぶりで、大きな恐竜にワクワクしました。

リョウさんの足がまだ完璧に治っていないので、本館の見学はあきらめましたが
久しぶりの科学博物館は色々新しい展示もあって楽しそうだったので
またゆっくり行きたいなぁと思ったハルばあでした。
[PR]
# by haru2010yakei | 2016-06-14 22:15 | お出かけ

ただいま。

一昨日、クロアチア旅行から帰ってきました。
今回も同じマンションに住む友人と二人
安いツアーに参加、8日間の旅でした。

昨年のロシア旅行をようやくアップしたばかりで
今回の旅行記もいつになるか分かりませんが
なるべく記憶の確かなうちにアップしたいと思います。

とりあえず写真数枚。
こんな所に行ってきました。

なお初めてスマホから投稿しているので
写真のバランスなど、よく分かりません。
見にくい場合は、ゴメンなさい。

d0168471_17473678.jpg


d0168471_17473676.jpg


d0168471_17473714.jpg


d0168471_17473772.jpg


d0168471_17473732.jpg



[PR]
# by haru2010yakei | 2016-06-04 17:37 | 旅行


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧