<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

東海道五十三次をゆく 第3回

東海道五十三次街道をゆく第3回に参加しました。

このツアーは第3回コースだけでも、7回催行予定日があるのですが
今回は友人たちと都合が合わず、ハルばあ一人参加となりました。

第3回は川崎宿から神奈川宿まで歩くツアーです。
前回解散した、川崎区役所前広場に9時集合。
今回のハルばあは1A班21名で、神奈川宿めざし約11キロを歩きます。
d0168471_19273327.jpg


歩き始めてすぐに止まったのがここ。
「佐藤本陣跡」現在は銀行が建っていて案内板のみです。
d0168471_19291776.jpg

佐藤本陣は、詩人佐藤惣之助の生家で、14代将軍家茂が宿泊した所です。
将軍が泊まった時に、三角のおにぎりを三つ並べて葵の紋のようにして出したので
ここは三角おにぎりの発祥の地と言われているそうです。

少し歩いた交差点の近くにあるこれは「小土呂橋の親柱」
かつて東海道と新川堀の交差地点にあった石橋だそうです。
d0168471_19345481.jpg


「関礼」 川崎宿京入口で、みつけ場(今でいう交番)のあった所。
江戸の大木戸と同じ役割をはたしていて、人の出入りなど管理していたそうです。
d0168471_19374084.jpg


次に立ち止まってガイドがあったのは「松尾芭蕉の句碑」
d0168471_1944226.jpg

「麦の穂を たよりにつかむ 別れかな」

1694年5月、江戸の庵から故郷伊賀上野に向かう芭蕉が
見送りに同道した弟子たちとの別れを惜しみ詠んだ句が書かれています。
ちなみに、この年の10月に芭蕉は亡くなったそうです。

蒸し暑い中、ガイドさんの話を聞きながらテクテク歩き
到着したのは市場一里塚。
d0168471_19511513.jpg

日本橋から5番目の一里塚だそうで、南側の塚だけ残されています。

これは鶴見橋。
d0168471_19522891.jpg

今の橋は3代目。
広重の描いた橋がアーチ型なので、今の橋はそれをイメージさせアーチ型にしたとか。
ガイドさんが、広重の浮世絵に描かれた物を見せてくれながら説明してくれました。

そして橋を渡りきると、神奈川宿の玄関口「鶴見橋関門旧跡」
d0168471_19573364.jpg

1859年、横浜港開港と共に神奈川奉行は外国人に危害を加えることを防ぐため
横浜への主要道路の要所に関門や番所を設けて
横浜に入る者を厳しく取り締まったそうです。

鶴見村三家というのは、関門で勤める人の家が三軒あるだけの村だったからです。

旧東海道を歩いていると、色んな史跡や案内看板などがたくさんあります。
旧東海道地図が描かれたものもありました。
d0168471_2054356.jpg


ハルばあ達は一番早い班だったので、11時前には鶴見神社に到着。
d0168471_2084325.jpg


この日は神社の事務所ビルの中の広いお部屋を借りての昼食でした。
まだお昼には1時間もあるのに、ランチタイムです。
この日のお弁当はこんな感じ。
d0168471_20111057.jpg


お昼が終わってから、後からきた2班の人達と合流し
「鶴見歴史の会」の方から鶴見神社についてのお話を伺いました。
d0168471_2023338.jpg

創建は1400年前推古天皇時代という歴史ある神社で
昔は杉山大明神と呼ばれていたそうです。

ここのお神輿は300年前に鶴見川の川上から流れてきた神輿を
付近のお百姓さん達が長柄の鎌を使って引き上げ、神社に納めたという伝説があり
今も神輿に長い鎌が飾られているのだそうです。
d0168471_20284599.jpg


お話を聞いた後、午後のウォークに出発。
京急鶴見駅を通り越した辺りに「サボテン茶屋跡」がありました。

オランダ人が日本に初めてサボテンを持ち込んだ所だそうで
このサボテンは、その時代から引き継がれているものだそうです。
d0168471_20313966.jpg


次に向かったのは「JR国道駅」
d0168471_20351095.jpg

昭和3年に作られた坑道駅で、映画「のらいぬ」のロケなどに使われたそうです。
最近ではTV「華麗なる一族」で木村拓哉が自殺するシーンの場所だとか。

d0168471_20361530.jpg

外壁には第二次世界大戦の銃創射の跡が残されていました。

そこから生麦商店街を歩いていると、こんな幕が。
d0168471_2039252.jpg

約300年前、悪疫が流行した時に萱で作った蛇体に悪霊を封じ込め
海に流したという言い伝えから始まった「蛇も蚊も祭」は
毎年6月の第一日曜日に行われているそうです。

今も3トンの萱を集め、約3か月かけて蛇を作り町を練り歩くそうです。
ハルばあが行ったのは、残念ながらこの祭りの前日。
この幕以外、祭りの気配はありませんでした。

そして生麦といえば、歴史的重大事件の一つ「生麦事件」のあった町。
ここが生麦事件発生現場、現在は普通の民家が建っています。
d0168471_20471818.jpg


そして「生麦事件の碑」
d0168471_20485627.jpg


生麦事件については、昨今、英国の自作自演ではという説があったりするそうで
歴史的背景を考えると、どの説も一理あると思えるものですが
とにかく日本の歴史が大きく変わる一端を担った事件の場所がここでした。

どんどん歩いて次に止まってガイドを聞いたのは「オランダ領事館跡」
d0168471_20555537.jpg

開港当初、いろんなお寺が各国の領事館として使われました。
ここはオランダ領事館として使われた長延寺跡でもあるそうです。

でもここ良泉寺は…
d0168471_20585321.jpg

当時の住職が自ら本堂の屋根をはがし、屋根を修理中との理由で幕府の命令を断り
領事館として使われることがなかった唯一の寺だそうです。

その日のゴールまで、もう少しにある「高札場の復元」
d0168471_2131095.jpg

幕府の法度や掟を庶民に徹底させるための施設が高札場。
宿場の施設としては重要なものだったようです。

滝の橋と本陣跡。
d0168471_2162857.jpg

神奈川宿には2つの本陣があり、滝の橋を中心に
江戸側には神奈川本陣、反対側には青木本陣が置かれていたそうです。
d0168471_2184029.jpg

「神奈川今昔ガイド」の方から、本陣について色々説明を受け、その日のガイド終了。

ここから歩いてすぐの「神奈川公園」が第3回ウォークの終点でした。
d0168471_21115444.jpg

ここでスタンプ帳に神奈川宿のスタンプを押してもらい
みんなで整理体操をして、ハルばあのグループは午後3時過ぎに解散しました。

この日も暑い日だったけれど、思ったより雲も出ていて風もあり
何とか熱中症にもならず、元気に11キロ歩けました。

歴史的史跡を巡り、面白い歴史の裏話など聞きながらのウォークなので
あまり長距離を歩いている感じがなく、とっても楽しく歩けます。

第4回は来月、東戸塚まで歩きます。
増々楽しくなってきたハルばあ、次回も参加する気満々で
第3回ウォークにも大満足して、帰宅の途に着きました。
[PR]
by haru2010yakei | 2015-06-18 21:19 | お出かけ

隠れ家みたいなレストラン

先日、インディアカのメンバーで素敵なレストランにランチに行きました。

それが「Che TASSEKE OME(シェ・タスケ青梅)」
予約制のレストランで、メンバーの一人がステキだと言っていたので
以前からみんなで一度行こうと話していたのですが
一度に何組も入れないとかで、こちらと都合が合わず
今までは、中々予約が取れなかったのです。

ようやく希望の日に予約がとれたので
参加者11人で車に乗り合わせ、青梅市畑中にあるレストランへ。

細い路地を入り、こんな所に?と思うような場所にお店はありました。
路地に面してある立て看板も小さく見逃しそうで
何よりレストラン自体が、道路から引っ込んでいて見えにくい上に
どう見ても外観は普通の民家です。

以前来たことのある友人が先導していたから来れたけれど
初めてだと、ちょっと迷ってしまいそうなレストランです。

広めの玄関で靴を脱いで中に入っても、一般のお宅にお邪魔しているみたい。
もちろん素敵なインテリアなんですが、あまりレストランぽくありません。

ハルばあ達一行11人の他は、年配のご夫婦一組と
ハルばあ達くらい年代の女性4人組が一組。
その日のランチは3組のみのようでした。

それぞれのテーブルは、仕切りで区切られた別々のお部屋にあるので
隣のテーブルが気になる事もなくお食事ができます。

ハルばあ達は予約時にランチのプチコースをお願いしてありました。
火~金のみにある一番お安いコースです。税抜き2500円也。
お昼のコースは他に3500円、5000円の全部で3種類のみだそうです。

まずは自家製生ハムとサラダ
d0168471_2054281.jpg

生ハムも鴨の燻製もすごく美味しかったです。

本日のスープはホワイトアスパラのスープ。
d0168471_2055558.jpg

中にタピオカが入っていました。

メインはチキンローストバジルソースか牛肉の赤ワイン煮を選べます。
ハルばあは牛肉の赤ワイン煮をチョイス。
d0168471_20591378.jpg

お肉がとろけるほど柔らかくて、とっても美味。
ちなみにメイン料理ののったこのお皿も、シェフの手作りなんですって。

付け合わせのポテトも別のお皿でこんな感じでついてきます。
d0168471_2115683.jpg


そしてデザートの盛り合わせ。
d0168471_211644.jpg


あとお代わり自由のパンがついていました。
もちろんパンも自家製で、毎朝数種類焼くのだそうです。
パンもすご~く美味しくて、買って帰りたいくらいでした。

食後にコーヒーか紅茶が選べます。
紅茶はポットで2杯分くるのですが、コーヒーもお代わりをくれます。

どれもこれも、本当に美味しくて大満足!
ランチ2500円はちょっと痛い出費だけど
レストランの雰囲気もいいし、お料理は文句なく美味しいし
たまの贅沢に、また来たくなる素敵なレストランでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2015-06-10 21:10 | お店

東海道五十三次をゆく 第2回

先週末「東海道五十三次をゆく 第2回」に参加してきました。
今回は、第1回目の終点だった品川宿の聖蹟公園に集合し川崎宿に向かいます。

早朝の電車に乗り、9時過ぎに京急新馬場駅から徒歩7~8分の聖蹟公園に到着。
第1回より少し少なめですが、この日もかなりの人数が参加するようです。

前回は友人2人と参加しましたが、今回は一人都合がつかずKさんと二人で参加。
ハルばあ達は2班Aグループ、21名のグループになりました。

この日、2-Aグループのガイドさんは本職が山岳ガイドだという男性で
歴史に詳しく、お話の上手なとっても楽しい方でした。

とにかく連日真夏のような暑さが続いていたので
しっかり日焼け止めを塗り、ひんやりアームカバーと帽子をつけ
多めにスポーツドリンクを持って、完歩を目標に10時前に出発。

あまりに暑い日だったので、ガイドさんもなるべく日陰を選んで歩いてくれます。
天気予報では30度を超える暑さでしたが、幸いなことにけっこう風があったので
覚悟していたほど暑さでバテなかったのでホッとしました。

北品川宿と南品川宿の酒井を流れる目黒川にかかった品川橋を渡り…
d0168471_19155622.jpg

今はマンションになっていますが、ここは幕府御用宿釜屋跡地。
d0168471_191525100.jpg

新撰組副長土方歳三をはじめ隊士たちも、しばらく釜屋に滞在していたそうです。

その向かいにあるのが品川寺(ほんせんじと読むそうです)
d0168471_19171478.jpg

ここで2グループ一緒に、地元のガイドの方から品川寺についてのお話を聞きます。
ハルばあは、本当に歴史に疎いので、聞くことすべてが初耳で
ガイドさんの説明は、とっても興味深く勉強になります。

d0168471_19215048.jpg

境内にある樹齢600年の大銀杏の木。

そしてこれは「洋行帰りの鐘」
d0168471_19232767.jpg

江戸末期に行方不明になり、その後慶応3年(1867年)のパリ万博
明治4年(1871年)のウィーン万博に展示されたことが伝えられ
後にスイスの「アリアナ美術館」の閉館を伝える鐘として使われていたそうで
大正8年に先代の品川寺住職が梵鐘の所在を突き止め、返還を願い出て
ジュネーブ市議会が満場一致で品川寺に贈還を決定、昭和5年に里帰りしたそうです。

通常は鐘の周辺には柵があって、鐘の近くまで上がれないそうですが
今回のツアーでは特別に柵をとってくれて、鐘をすぐ近くで見ることができました。

品川寺の入口すぐにある大きな地蔵像
d0168471_1935195.jpg

江戸に続く六街道の入口に作られた六地蔵(現在は6番目がなく5つだけ)の
1番目の地蔵像で1708年に建立されたそうです。
このお地蔵様だけ傘を被っていないのだそうです。

品川寺を出て、また次の歴史ポイントに向かいます。
途中、グループガイドさんから海雲寺の御本尊はサメの中から出たお地蔵様だとか
鮫洲には土佐藩の下屋敷があったのだとか、色々なお話を聞きながら歩きます。

d0168471_1949155.jpg

これは浜川橋。泪橋と言われていたところです。
鈴ヶ森刑場に向かう人が、縁者と最後の別れをする所だったそうです。

そして鈴ヶ森刑場跡。
d0168471_1952883.jpg

あの八百屋お七などが処刑された場所で、処刑に使用された台石などもありました。

そこから品川水族館前を通り、磐井神社へ。
d0168471_19555494.jpg

神社前にある磐井の井戸
d0168471_19565581.jpg

この井戸の水は「心が正しければ清水。心邪ならば塩水」との伝説があります。
でも実際は江戸時代、目の前に海があったので海水が混じり
ほとんどの人は飲むと塩水だったそうです。

そうして歩き続け、12時に平和の森に到着。
d0168471_2011351.jpg

待ちに待ったお昼の時間。
お弁当とお茶、ビニールの敷物が配られ45分間のお昼休憩です。
d0168471_2023433.jpg

暑い中たくさん歩いてお腹がすいていたので、あっという間に完食。

休憩後、また暑い中、川崎目指して歩き出します。
d0168471_2014538.jpg

d0168471_20152661.jpg

ここ大森は昔、海苔つくりが盛んで、今も海苔店がたくさんありました。

d0168471_20183135.jpg

梅屋敷跡、江戸時代の道中薬「和中散」を売っていた人の敷地で
当時は数百本の梅の木があり、宿なども併設され高杉晋作なども泊まったそうです。

暑さピークの中を頑張って歩き続け、次に向かったのは「六郷神社」
ここでまた2グループが集まって、地元のガイドの方から色々お話を聞きました。
d0168471_20322133.jpg

これは源頼朝公寄進の手水石
d0168471_2034681.jpg

造立年代が古いのに阿吽共にそろっているユーモラスな狛犬
d0168471_20352583.jpg

d0168471_20354622.jpg


六郷大橋の手前にあった「止め天神」
d0168471_20381100.jpg

八代将軍吉宗の乗った馬が走り出したが、ここで落馬せず止まったことが由来とか。

そして、いよいよ六郷大橋へ。
d0168471_20414196.jpg

d0168471_2042686.jpg

関ヶ原の戦いの年に最初の橋が架けられてあと、洪水で流されたりして
5回に渡って架け直された後、1688年の洪水後は再建されず
かわりに「六郷の渡し」が設けられ、以後186年間渡し船を使ったのだそうです。

六郷大橋を渡ると、いよいよ川崎宿になります。
d0168471_20481145.jpg


ここは田中本陣跡
d0168471_2049534.jpg

主人である田中休愚は六郷川渡し船の権利を江戸側より川崎側に譲り受け
宿場の財政を立て直した人で、幕府の勘定支配格(大名並み)に登用されたそうです。

d0168471_2053452.jpg

本陣跡から少し歩くと「かわさき交流館」があります。
ここは川崎宿を詳しく知る事のできるビデオや、模型などがあり
楽しく学べる施設になっていて、有名な奈良茶飯を食べることもできます。

そしてその日の終点、川崎市役所そばの稲毛公園へ。
スタンプ帳に川崎宿のスタンプをもらい、整理体操をして解散。
時間は夕方4時半になっていました。

かなり気温の高い日でしたが、風が強かったおかげで思ったほどバテず
割合楽に歩けた約12キロのウォークでした。

歴史について楽しく学べ、気持ちよく汗をかき歩いた、大満足の一日。
第3回も歩く気満々になったハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2015-06-03 21:04 | お出かけ

これは優れもの ドライブレンズ ナイト

緑内障の定期検診のため、久しぶりに新宿に行ってきました。

東京の避暑地ともいわれる東京の外れに住んでいるハルばあは
いつも都内、特に新宿に行くたびに思います。
「平日の昼間なのに、どこから、こんなに大勢の人が湧いてくるのだろう」と。

特に最近は以前に比べ、外国人の観光客らしい人の数が半端じゃありません。
テレビで観光客の数が増え続けていると言っていましたが、本当なんですね。

いつも何かのイベントやプロモーションをやっている新宿ステーションスクエア。
ちょうど、こんなのやってました。
d0168471_18245514.jpg

映画「ターミネーター」の新作のプロモーションみたいです。
巨大なシュワちゃんの上半身と一緒に写真を撮ろうとする人が
老若男女問わず、けっこうな数、並んでいました。

何故か大半の人が、写真を撮る前にシュワちゃんに抱き付いていました。
あのたくましさに、思わず縋り付きたい気持ちになるんでしょうか?


さて眼科ですが、幸い早期発見で点眼薬で症状が抑えられている緑内障は変わらず
でも黄斑上膜からの歪み、白内障などは着実に進行しているようです。

治療法もないので、なるべく目にストレスをかけないのが一番だそうで
日頃から、天候によって色んなサングラスをかけているハルばあですが
少しでも目の負担を減らそうと、新しくこんな眼鏡を買ってみました。
d0168471_18351963.jpg

JINSで売っている「ドライブレンズ ナイト」を入れた眼鏡です。

対向車のヘッドライトや街中のネオンの眩しさを抑えつつ
視界を暗くしないナイト用のピンクイエローのレンズです。

使ってみると、夜の運転時、本当に目が楽なんです。
対向車のヘッドライトがまったく眩しくなくなるわけではないけれど
ピンクイエローのレンズによって、少しトーンダウンして見えるせいか
顔をそむけたくなるような眩しさがなくなり、しっかり前を向いていられます。

以前から紫外線に弱く、光に強く反応して涙が出てしまうハルばあ。
年々それがひどくなり、夜はサングラスをかけられないので
夜の運転時、かなり目が痛くなっていたのですが
この眼鏡のおかげで、だいぶ運転が楽になりました。

まだ車で、リョウさんの送り迎えをしているので、本当に助かっています。
今年は色々物入りで少々大変だけど、お金にはかえられないと思うハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2015-06-01 19:11 | 日記、雑記


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧