<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

七五三の記念写真撮影

孫のハー君は今年5歳。
11月に七五三をやることになりました。

息子たちは近くのイオンモールに入っているスタジオで貸衣装を予約。
そこで写真の前撮りをするというので、リョウさんとMeと見に行ってきました。

成人式では前撮り写真が当たり前になってますが
最近は七五三でも写真を前撮りするんですね。

もちろんメインはハー君ですが、弟のソー君も無料で衣装を着て
一緒に写真を撮ることができるのだそうです。
ハー君もどんな衣装でも何枚でも着ることができるそうです。

上手い手です。
違う衣装を着るたびに、それぞれ写真を撮るわけで
親バカ、婆バカは、ついつい全ての写真がほしくなってしまう訳ですから。

幸い、うちは孫二人とも男の子なので、衣装を見ても何も言いませんが
ズラ~っと並んだお姫様ドレスを見たら、女の子は大変なんだろうなぁ~

七五三の当日借りる衣装と違う物を、たくさんの中からあれこれ迷いながら
結局ハー君2着、ソー君1着を選びました。

日本人らしく平たい顔の孫たちには、当然すべて和装を選択。
やはりタキシードとかは、目鼻立ちのはっきりした顔向けのようです。

衣装選びの間に、すっかり飽きてしまった孫たちは
着付け室に入っても、ちっともおとなしく出来ません。

「いい子で着替えて写真撮ったら、アイス食べに連れて行くから」
そう言い聞かせて、何とか着付けとヘアーセットを終了。

まだ3歳のソー君は、何をするのかよく分かっていないようですが
ハー君の方は着付けが進むにつれ、神妙な顔でおとなしくなり
カメラの前に立った時は、緊張で顔がこわばっていました。

はじめは二人一緒に写真を撮るのですが
緊張いっぱいのハー君に対し、ソー君はあちこちキョロキョロして
ちっともジッとして前を向くことができません。

でもそこは子供写真のプロの皆さん。
3人がかりで二人を笑わせたり、興味をひかせて正面を向かせたり
ハラハラしながら後ろで見ているハルばあ達は、感心しきり。

ポーズを変え、小道具を変え、どんどん写真を撮っていきます。
ハルばあ達の横の方のモニターに、撮っている写真の映像が
次々に映し出されているのですが、さすがの出来栄え。
これでは婆バカの財布の紐も、ついつい緩んでしまうわけです。

二人で撮ったあとは、ハー君のみ衣装替えして、一人で撮影です。
今度も千歳あめを持ったり、和傘を持ったり、陣羽織を着たりと
これまた何ポーズも写真撮影していきます。

すべてが終了した時は、かなりハー君も疲れて見えましたが
着物を脱ぎ洋服に戻ったとたん、腕白坊主復活。

そのあと、どの写真を購入するかモニターを見て決めるのですが
緊張から解放されたハー君もソー君も、もうジッとしているはずもなく
写真を選ぶ息子夫婦だけスタジオに残し、ハルばあ達はおもちゃ売り場へ。

先月のお誕生日にハー君と会えなかったから、遅れた誕生日プレゼントにと
Meから大好きなプラレールを買ってもらって、二人とも大喜び。

そのあとは、ハルばあとの約束通りアイスを食べにサーティーワンへ。
ちょうどハロウィンアイスがあったので、子供たちはお化けアイスをチョイス。
d0168471_20403653.jpg

子供たちにとっては、堅苦しくてちょっと試練の一日でしたが
おもちゃとアイスで帳消しになったようです。

この日撮ってチョイスした写真の出来上がりは、来月10日過ぎになるようです。
一体どんな写真になったのか、今から楽しみな婆バカハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-29 20:55 | 日記、雑記 | Comments(8)

ハルばあ、棒ノ折山に登る

少し前、3連休の最終日に月一山登りをやってきました。

今回登ったのは「棒ノ折山」
奥多摩にある低山の一つで、埼玉県飯能市との境にある標高969mの山です。
ルートはいくつかあるのですが、今回はJR青梅線の川井から入るコースを選択。

朝早く家を出て電車に乗り、川井駅で下車。
そこからバスに乗って約15分ほどの終点で下車。

バスにはハルばあ達の他、3組5人の登山客が乗っているだけでした。
実はこのコースで登るのが、一番人気がなかったようです。

バス停から大丹波川の奥茶屋からの登山道入り口に向かって5分ほど歩きます。
d0168471_1818479.jpg

川沿いにはキャンプ場がいくつもあって、けっこう賑わっていました。

d0168471_18222472.jpg

登山道入口は川沿いにあって、その川に沿って山葵田が作られています。
d0168471_18214076.jpg

d0168471_18215947.jpg

この辺りの名産品の山葵は、ここで作られているようです。

岩の多い沢沿いの道を登っていくと、あちこちに滝があります。
d0168471_1824301.jpg

上り始めは道が細いので、必然的に一緒にバスを降りた7人が
まるで団体さんのように一列になって進みます。

このルートから登る人は少ないせいか、背の高い草が生え放題で
行く道を一段と狭くしていました。
d0168471_18274953.jpg

d0168471_18335174.jpg


沢から離れると、あとはひたすら杉林の中を登り続けるだけです。
d0168471_18365830.jpg

低山とはいえ、このコースはほとんど平らな所がなく
ただひたすら急な登りを続けるだけなので、ハルばあ達にはきついコース。
d0168471_18435524.jpg

途中、水休憩を取りながら、とにかく必死で上ります。

先日テレビで、今年はキノコの当たり年だと言っていましたが
途中の道にも、例年以上に大きなキノコがいっぱい生えていました。
d0168471_18533176.jpg


頂上までひたすら上り続け、1時間と少し。
やっと到着してみると、かなりたくさんの人達がいました。

ハルばあ達が休憩場所を探している間にも、別のルートから続々と登山客がきます。
川井からは7人しか登山客がいなかったのに、かなりの人出で驚きました。

棒ノ折山は低山だけど、いつもなら頂上からの展望はなかなかなのですが
この日は残念ながら、霧で真っ白で何にも見えませんでした。
d0168471_19112478.jpg

写真を撮るにも、霧がどんどん濃くなって白とびして上手く写りません。

頂上でおやつを食べて一休みした後は、サッサと下山することになりました。
というのも、この川井コースが人気のない理由のひとつ
帰りのバスが午後2本しかないからなんです。
1時のバスに乗り遅れると次は4時半までバスがないのです。

頂上に着いても霧がひどく何にも見えないし、冷たい風も吹いてきたので
そのまま上にいてもしかたないからと、すぐに山を下りることに決めました。

d0168471_19201460.jpg

急な上り坂だったので、当然下りは急な下り坂。
下りは膝にくるので、ストックを使いながら頑張って降り続けます。

バスの時間が気になるので必死になって降りたせいか、12時40分にはバス停に到着。
広い休憩所のあるバス停なので、そこでバスを待つ間おにぎりを食べました。

帰りのバスは泊りがけでキャンプ場にきていたらしい子供たちでいっぱい。
行きと違って、にぎやかにバスは川井駅に向かいました。

今回はあわただしく登って降りただけに近い、まるで修行のような山登りでした。
そのせいで翌日、その翌日はリョウさんもハルばあも太ももがひどい筋肉痛になり
久しぶりに階段どころか、歩くのもシンドイ状態になってしまいました。

次に棒ノ折山に登るときは飯能側から登って、帰りは登山口近くにある
「さわらびの湯」という温泉に入る、もう少しなだらかな人気コースにしようと
二人で決めたのは、言うまでもありません。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-22 19:47 | 山登り | Comments(12)

きっと遺伝です。

旅行前なのに転んで肋骨を痛め、皆さんにもご心配いただいた娘Meですが
土曜日の夜遅く、無事にアメリカ旅行から帰国いたしました。

東京の外れにあるハルばあ家ですが、羽田空港からだったので
何とか終電にも間に合い、日付変わって日曜日の午前1時半近くに
Meは大量のお土産とともに帰宅。

楽しかったアメリカ旅行の話をしながらお土産を出したりしていたので
それからベットに入ったのは午前3時近くでした。

でも、その日はMeの高校時代からの友人の結婚式の日でした。
朝は7時には起きてシャワーを浴び、式場近くの美容院の予約をしているからと
ドレスアップして8時半には大急ぎで出かけていったMe。

当然、2次会まで参加していたようで、夜は10時過ぎに帰宅。
その翌日15日は埼玉アリーナで行われる「ディズニー・オン・アイス」を見るため
やはり朝早く起きて出かけて行ったMe。

9日間のアメリカ旅行から帰った翌日は結婚式、そして「ディズニー…」

遊ぶことになると、信じられないくらいパワフルに動きまわれる娘Meに
リョウさんもハルばあも、ただただ呆れ返るばかりです。

あの貪欲なくらい、自分の欲求のままに遊び回るパワーはどこからくるのか
一体誰に似たんだろうか…そう思っていたら…

いました!自分の思いのままに生きる自由人。
そう、あのハルばあのです。

横になって寝ることが出来ないほど激しい咳と痰が1か月半ほど続き
やはり皆さんにご心配いただいた、あの母です。

結局、咳は続いたのに、検査結果はすべて異常なし。
咳はなかなか止まらないのに、原因は不明のまま。
「もしかして急に何かのアレルギーになったんじゃないの?」
そう言ったハルばあの言葉で、母は医者に相談して
アレルギー系の薬を処方してもらったそうです。

一度はじんましんが出たそうですが、薬を変えてもらったら
徐々に咳と痰が減り始め、ようやく横になって
ゆっくり眠ることもできるようになりました。
でも血液検査では、やっぱりアレルギー反応は出ていないそうです。

「また咳に悩まされると困るから、もっと大きな病院でキッチリ検査すれば?」
ハルばあがそう言っても、すっかり元気を取り戻した母は聞く耳を持ちません。

「大丈夫、大丈夫。また咳がひどくなったらN市の大きな病院に行くから。
 もう当分、検査はいいわ。
 ねぇ、それよりも、ハルばあにお願いがあるんだけど。
 お母さんは諏訪湖にどうしても行きたいのよ。
 お母さんはこっちから列車で諏訪まで行くから、あんたは車で来て合流すれば
 車であちこち回れるからいいじゃない。
 泊る所も国民宿舎なんかでいいからさ。ねぇ、いつでもいいから予定立てて」

「はぁ~?何で突然に諏訪湖なの?
 お母さん、この間バスツアーで諏訪湖に行って花火大会見たんだよね?
 去年も行ってるし、なんで又諏訪湖なの?
 大体、お母さんは角館に武家屋敷とか見に行きたいんじゃなかったっけ?
 死ぬまでに一度、角館って言ってたよね?」

唐突なお願いにあきれるハルばあに、母は言います。

「そんなこと言ったっけ?
 でも角館はどうでもいい。今は諏訪湖に行きたいの。
 バスツアーだと好きな美術館とかゆっくり見れないし
 いつもお買い物もゆっくり出来ないから不満なのよ。
 電車で行っても向こうで動くのに車がないと困るでしょう?
 だからあんたが車で来てくれれば、好きな所見られるじゃない。
 そうだ!キコ(ハルばあの妹)も誘おうか。
 あんたが車に乗せてくればいいんだし、せっかくだから3人で旅行しよう」

「…」ハルばあ、ため息です。

今年の12月で、母は80歳になります。
傘寿のお祝いに角館に旅行に連れていこうと、密かにリョウさんと予定していたのに
完全に母の思い付きで、お祝い旅行の予定は総崩れです。

「…わかった…キコには連絡しておくから」
すっかりその気になっている母に、ハルばあはそう答えるしかありません。

キコに電話し、母の話を伝えると
「まったく元気になったと思ったら、もうそんなわがまま言ってるの?
 ホント、お母さんだよね~
 まあ、しかたない、傘寿のお祝いじゃねぇ。
 でも諏訪湖行くのはいいけど、私、あんまり空いている日ないよ。」とキコ。

結局、すったもんだの挙句、11月の1日~2日の一泊二日で行くことになりました。
3連休はどこも混むので嫌なのですが、これまた自分の予定を決して曲げないキコが
その日しか空いていないからと、強く主張したのです。

その日程を母に伝えると、さらに母は言います。
「あら~、そんなに早く?行くのはいつでも良かったのに。
 1日?私はいつでもいいわよ。都合はつくから。
 でも連休だと道路も混むのに、まったくキコはわがままよね。
 なんであの子は、いつも忙しい忙しいっていうのかしらね~
 でもそうだ、連休だと宿がいっぱいかもしれないから、あんた急いで予約して。
 変な所に泊まるの嫌じゃない。早くした方がいいわよ」

母もキコも、自己中なのはどっちもどっちもです。
なんやかやで長女気質のハルばあが、折れてやるしかないんです。

すぐさまネットで色々調べ、何とか母の気に入りそうな旅館を予約できました。
そんな訳で、11月には母を連れて諏訪湖に行くことになったハルばあです。

それにしても母のあのハタ迷惑なまでのパワーはどこからくるのでしょう。
ちょっと具合の悪いのが治ったら、さっそく遊ぶことを考えています。
これって娘のMeそのままです。

遺伝って恐ろしい。
貪欲なまでのあのパワー、しっかり母から孫のMeに受け継がれているようです。

「やっぱりハルばあ家の血だよね~
 ホント、みんなそろって無茶苦茶元気いっぱい動いてるんだよね」
リョウさんは呆れ声で言いますが
あんな好き勝手に生きる母とMeと、同列には並べないで欲しい。
そうしみじみ思う、ハルばあなのでした。



 






 
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-18 01:29 | 日記、雑記 | Comments(6)

次の日はブドウ狩り

孫のハー君が「ばあば、ハー君はブドウが一番好き」と言ったので
(たしか今年の始めはイチゴが一番好きだったはずですが…)
「じゃあ、ばあばが秋になったら、ブドウ狩りに連れていってあげるね」
そう約束したのが一か月ほど前のこと。

ハー君との約束を守るため、横田基地の友好祭の翌日
息子一家と山梨県の勝沼に、ブドウ狩りに行ってきました。

あいにく朝から雨が降っていましたが、その日しか予定が合わなかったので
現地は雨が上がっていることを願って出かけることになりました。

「絶対混雑するから、少し早目、中央高速の談合坂PAに9時集合ね」と
息子からメールが入っていたので、遅れないよう8時前に家を出発し高速にのりました。

偶然、談合坂に着く前に息子の車を見つけたので、そのまま一路勝沼へ。
幸い勝沼ICに着いたあたりで雨もやんだので、安心してブドウ狩りができます。

朝9時からブドウ狩りができるという果樹園に行きました。
d0168471_20462611.jpg


ハルばあは日帰りバス旅行で、一度ブドウ狩りをやったことがありますが
リョウさんは初めてのブドウ狩りです。

ここでは食べ放題2000円コースか、とったブドウを買い上げるかを選べます。
ハルばあ達は、きっと元を取るほど食べられないだろうからと
好きな分だけとって買いあげ、それを食べることにしました。

d0168471_20534469.jpg

カゴとハサミを渡されて、孫のハー君もソー君も大張り切り。
d0168471_2055341.jpg

d0168471_205524100.jpg

今は、6種類くらいのブドウがちょうど収穫シーズンだとかで
名前も知らない、でも見事な大きな房のブドウがいっぱい実っています。

果樹園の方から、美味しいブドウの見分け方を教えてもらい
あれこれ迷って、5種類くらいのブドウをとることにしました。

小さな孫たちも、息子に抱き上げてもらって、どのブドウをとるか決めました。
でも力がないので、大きなブドウを持つのも大変です。

ましてや蔓をハサミで切るには、幼児ではまだ力が足りないので
抱き上げるのと、ブドウを支えながらハサミを手伝うのと、大人二人がかりの手伝って
あれこれ迷う孫に好きな房を切らせてやるのは、けっこう大変です。
でも本人たちは自分でブドウを収穫できたと大喜び。

d0168471_2165671.jpg

3カゴ分収穫した後、お会計をしてから、持ち帰り用を分けてカゴ詰めしてもらい
かなり大きな2房は、その場で食べることにしました。

いつもスーパーで見かけるブドウよりも、はるかに重く大きな房なので
大人4人と幼児2人の6人で食べても、これだけでお腹いっぱいになってしまいました。

ハー君もソー君も、大きなブドウを、口いっぱい頬張りお腹いっぱい食べて大喜び。

今回、
初めてブドウ狩りを体験したリョウさんの感想は
「お店で買うブドウと全然違う、はるかに美味しいね~。
 でもブドウに頭ぶつけないように、ずっとかがんでいたから腰が痛い」だそうです。

ゴメン、リョウさん。
いつもはスーパーで安いブドウしか買っていないから
味が全然違うのは当然なんだよ。

d0168471_7504265.jpg


見事なブドウはそれなりのお値段なので、たくさん収穫ってわけにはいかなかったけど
みんなで行ったブドウ狩りは、やっぱり楽しい思い出のひとつになりました。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-10 21:35 | お出かけ | Comments(10)

ハルばあ、横田基地友好祭に行く

週末土曜日に、福生市にある米軍横田基地の友好祭に行ってきました。

横田基地は日本の中にあるアメリカです。
通常は中の人がスポンサードしてくれて、そのうえ身分証明書がないと入れません。
でもこの友好祭の2日間だけは、日本人なら誰でも簡単に基地内に入る事が可能です。

昨年は予算の都合で友好祭が中止になったので、今年は2年ぶりの開催でした。
ハルばあ達も何年かぶりに、出かけてみることにしました。

最寄りのJR青梅線の牛浜駅に降りると予想通りのすごい人混み。
そこから徒歩で15分ほど歩いて、入場ゲートに向かいます。
d0168471_18471871.jpg

友好祭は、関東各地からツアーバスで訪れる人もいるほどの人出になります。
それは覚悟の上だったのですが、2年ぶりの今年は一段とすごい人出でした。

まずセキュリティーチェックを受けるために並ぶのですが
広い道幅いっぱい、ものすごい数の人、人、人…
翌日の新聞によると、どうやらこの日一日で約7万人の人が訪れていたようです。

そこを抜け中に入り、食べ物やいろんなグッズを売るスタンドが並ぶエリアも
身動きの大変なくらい大勢の人がいます。
d0168471_18541393.jpg

暑い中並んでいたので、まずビールでのどを潤そうと思ったのですが
食べ物、飲み物を売るブースは、どこも長蛇の列です。

その長い列を横切りながら前に進む人もいっぱいで、一段と人混みがひどくなっています。
諦めてサッサと人混みを抜け、航空機の展示されているエリアに向かいました。

横田基地は空軍基地です。
ですから米軍の飛行機がたくさん展示されているのですが
毎回、日本の航空自衛隊機も日本各地から来ています。
d0168471_1953214.jpg

会場がものすごく広いので、人でいっぱいという事はないのですが
カメラを抱えた航空機マニアみたいな人たちが、日本各地からたくさん来ていたようです。
d0168471_191049100.jpg

機内に入れるものもあるのですが、やはり長い列ができていました。

特に長蛇の列ができていたのは、これ、オスプレイ。
d0168471_1913362.jpg

d0168471_19134886.jpg

d0168471_19132461.jpg

羽(?)を広げたものと、畳んだ状態のものと2機ありました。
思っていたより小さな機体でした。


d0168471_19184770.jpg

d0168471_19191915.jpg

d0168471_19193819.jpg


マニアではないけれど、やはり飛行機大好きなリョウさんにつきあって
ゆっくり見て回っていると、ちょうどパラシュート降下ショーが始まりました。
d0168471_19214722.jpg

d0168471_19221649.jpg

実際はかなりのスピードで降下しているのでしょうけれど
遠くから見ていると、ゆっくりユラユラ降りて、気持ちよさそうに見えます。
でも、高所恐怖症のハルばあには一生無理でしょう。
d0168471_19315210.jpg

d0168471_1932392.jpg

その後、食べ物のスタンドの方に戻り、少しすいているブースでビールを買いました。
でもやっぱり、人気のハンバーガーやステーキ、かき氷はまだまだ長い列。

色んなショーをやるステージエリアの端の方で売っていたアップルパイは買えました。
d0168471_19362028.jpg

アップルパイ1ピースにアイスクリームで500円。
甘すぎなくて美味しかったです。

お土産用に、見るからに甘そうなカップケーキやチョコレートケーキ、ピザなど
ホールで売っていて、たくさんの人が買っていました。
アメリカの味を満喫したい人には良いのでしょう。
でもハルばあ達は食指がわかず、あとは何も買わずに帰りました。

年に一度だけ日本の中のアメリカに入れる友好祭。
ちょっとだけ外国気分を味わった一日でした。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-08 19:56 | お出かけ | Comments(10)

どっちに似たの?

先週の土曜日、ハルばあが仕事から帰ると、休日だというのに珍しく娘Meが家にいました。
「夕べも友達と遊んでいて終電だったから疲れたのかな」なんて思っていると
リョウさんが言いました。

「ハルばあ、聞いてくれる?
 Meは又、転んで怪我したんだって。」

「え~、また?どこやったの?高いヒールなんか履いてるから転ぶんでしょ」
呆れて言うハルばあに、Meは言います。

「違うよ、ヒールのせいじゃないもん。
 昨日は焼き肉屋に行ったんだけど、床が脂っぽい上に
 雨が降って濡れてたから、すごく滑りやすかったんだもん」

「だからってみんな転んだわけじゃないでしょ。
 で、今回はどこ打ったの?」

「肋骨と尾てい骨。すっごく痛い…大きな声で話すとかなり響いて痛い」
顔をしかめながらMeは言います。

「絶対、肋骨が折れてるかヒビが入っているよね?ハルばあ。
 でもMeは僕が医者に行けっていうのに、嫌だって言うんだよ」とリョウさん。

「だって、夕べは痛くて中々眠れなかったから、今朝起きれなかったんだもん。
 今からなら時間外だし、時間外診療だとすご~く待たされるし
 かえって他の病気うつされると困るもん。
 今日は絶対に行かない。月曜日に半休とって整形外科に行くから
 それまでおとなしくしている。」
Meは今は寝込めないからと、頑なに病院行きを拒みます。

というのも、Meは今週金曜日から夏休みをとってアメリカに行く予定なのです。
本人はたとえ骨折していても旅行に行くと言い張ります。
だからへたに休日夜間診療に行って、風邪などうつされるのは困ると思っているのです。

「大丈夫、去年のお母さんのように、呼吸をしても痛いとか
 腕がぜんぜん動かせないとかじゃないから。
 痛いし、かなり腫れているけど、折れてないと思う。
 きっとせいぜいヒビだろうし、ヒビなら湿布するしかないでしょ?
 どうせ治療できるわけじゃないから、しばらくおとなしくしてるから」

「Meは去年も滑って階段から落ちて、ひどい怪我したよね。
 ホントそそっかしい。まったく誰に似たんだか」
リョウさんも心配の前にあきれかえっているようです。

Meは昨年も階段から落ちて怪我をしました。
友人の結婚2次会に参加するため、地下にあるレストランに入る階段でつまずき
最後の数段を落ちただけなのに、一体どうやって落ちたのだか
両足の膝、すね、足首、両手首を痛めました。

当然、擦り傷で血がにじみ、打撲もひどい状態で
特に右の脛はあっという間に、ぼっこりと倍ぐらいに腫れ上がり
絶対折れているから救急車を呼ぼうという騒ぎになったようです。

でもMeは、せっかくの2次会に水を差すわけにいかないからと断って
2次会の間は椅子に座って我慢して、その後タクシーで救急病院に行ったようです。

幸い骨折でもヒビでもなかったようですが、医者も呆れるほど腫れ上がり
「かなりひどい打撲だから治るのに1か月以上はかかるよ」と言われたそうです。

その打撲の痕は一年たった今でも、脛にへこみが出来、皮膚の色も変色してしまい
それを気にしたMeは皮膚科に行ったのですが、これは治せないと言われたそうです。

「本当に、何年かに一度はかなりひどい怪我するよね。
 Meの注意力散漫なところは、ハルばあに似たんだね。
 ハルばあの去年の骨折もひどかったもんね~」
まるで他人事みたいに言うリョウさん。

「ちょっと待って。ハルばあのはスポーツでやった骨折。
 注意力散漫なのとは違うでしょう。
 それ言うなら、リョウさんは去年、棚に頭ぶつけて怪我したり
 自転車に乗って転んで手にヒビ入れたよね。
 やっぱりリョウさんに似たんじゃない」
ハルばあは強く反論します。

するとMeがあきれ声で言いました。
「どっちもどっち。
 お母さんだって、いつも家の中でもあちこちぶつかっているでしょ。
 台所でお玉落としたの避けようとして足の甲を捻挫して歩けなくなったり
 顔面から転んで、顔を縫ったこともあるよね。
 お父さんだって、肋骨2回ヒビ入れてるし…
 あ~あ、どっちに似ても私は怪我する運命なんだわ。
 そそっかしいのは二人からの強い遺伝だから、これはもうしかたないんだわ」

見に覚えのあるリョウさんもハルばあも何にも言えません。
確かに我が家は昔から、かなり怪我の多い家族ですから。

我が家の場合、みんな太目のどっしり体型のせいか
周囲の人達からは、落ち着いたしっかり者と見られるようですが
考えてみると、揃いも揃ってかなりそそっかしい、注意力散漫な家族です。

これ以上怪我をしないように、もう少し注意深く生きようと
あらためて心から思ったハルばあです。

そして昨日医者に行ったMeの肋骨は、幸い骨折でもヒビでもなかったようです。
でも今回もかなりヒドイ打撲なので、完治に3週間ほどかかるようです。
一週間はおとなしくしているように言われたみたいですが
Meは予定通りアメリカに行くそうです。

怪我で済んでいるうちは良いけれど、旅行中は周りに必要以上に注意をはらって
無事に帰国してほしいと、今は心から願っているリョウさんとハルばあでした。




 
[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-03 20:32 | 日記、雑記 | Comments(6)

がっかりです…

以前からよくやるのですが、ブログをアップしようと一生懸命キーボードを打ち
写真も入れたし、さあ、あと少しで終わり…という時に
うっかり変なところに触れて、せっかく書いた文章がすべて消えてしまう。

しかも必ずいつも、書き始めじゃなくて、文章が終わりに近づいたころです。

当然、思いっきり、がっかりします。

しかたなく、もう一度最初から、前に書いた文章を思い出しながらうち直すのですが
今日はよりによって、2回それを繰り返してしまった粗忽もののハルばあです。

アッと思った時には、文章がすべて消えてしまい
さすがに気力が萎えて、同じことを3度書く気になれません。
今はちょっと、立ち直れない気分です。

ということで、今日アップしようとしたお話はまた後日。
長々と文章を綴ると、また消してしまうような気がするので
9月最初のブログは、雨降りの憂鬱さとがっかりした気分をのせて
月が変わったご挨拶だけ、ということにいたします。

それにしても、ああ~、ついてない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、リョウさんが友人3人と里山歩きに出かけてきました。
そのお土産に買ってきてくれました。
すっかり秋ですね~
d0168471_20454922.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2014-09-01 20:52 | 日記、雑記 | Comments(4)


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by htokuyama3 at 22:11
こんばんは~ 暫く..
by hazuki72336 at 20:09
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:36
あさがおさんへ お返事..
by haru2010yakei at 17:41
ともさんへ お返事が遅..
by haru2010yakei at 17:38
大人の基礎英語 という英..
by あさがお at 13:25
「女王の頭」という岩を見..
by とも at 09:11
hazukiさんへ 台..
by haru2010yakei at 18:36
salam2002さんへ..
by haru2010yakei at 18:33
こんにちは~ お久..
by hazuki72336 at 15:17

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧