<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハルばあの背中

ずいぶん昔から、ハルばあは肩こりがヒドイという自覚はありました。
というよりも、十年くらい前に口を利くこともできない激しい頭痛が起こり
あまりの痛さに吐いたりしたので、これは脳の病気かと脳外科に行ったことがあるんです。

その時、検査結果を前にお医者様が言いました。
「今の所、脳にまったく異常は見られません。
 それよりも、あなたの背中から肩にかけての凝りはひどすぎる。
 多分、この肩凝りで血行が悪くなりすぎて頭痛と吐き気が出ています。」

それまで、まったく肩凝りの自覚のなかったハルばあ。
「こんなにヒドイ凝りなのに自覚がなかったんですか?
 ここまでヒドイとちょっとやそっとでは治りませんよ。
 多分マッサージくらいでは、この頭痛はとれません」

お医者様は思いっきり呆れかえりながら、筋肉の弛緩剤を処方してくれました。

その時から、ハルばあは背中や肩がおかしい時も
きっと肩こりのせいなのだと思うようになりました。

そんなハルばあ、ここ数か月、ひどい肩の痛みが出ています。
以前から時々違和感はあったのですが、このところかなり強い痛みがあり
さすがにこれは肩こりではなく、五十肩なんだろうと思っていました。

そして肘が痛むのは、きっと腱鞘炎気味。
背中、肩、首が慢性的に痛いのは、きっと肩凝りなのだろうと…

ところが先月、たまたまカイロプラクティックの先生に
無料で診てもらえる機会がありました。

背中に触れた先生が、呆れたように言いました。
「どれだけほおっておいたのか知りませんが、かなりヒドイ状態です。
 肩の痛みは背中からきているんですよ」

ハルばあの肩甲骨周りの筋肉は、肩甲骨に張り付いて固まった状態なのだそうです。
そのせいで肩甲骨の可動域が極端に狭く、というか肩甲骨が動かない状態です。

ふつう腕の上げ下ろしなど、肩甲骨が横に広がって腕を上げることができるのですが
ハルばあの場合、肩甲骨が広がらず、ほとんど可動域もない所に
腕と肩の力だけで腕を上げるので、当然骨同士もぶつかるし
無理に動かすから炎症もおこすということらしいのです。

「肩の痛みをとるには背中を何とかしなくちゃ。
 でも、ここまで固まっていると、治すのもかなり時間がかかるし大変だよ。」

そう言われてしまったのですが、保険のきかないカイロに通い続けるのは無理。
自分なりに肩甲骨を回してみたり、湿布をはったりして様子をみていました。

ところが半月ほど前から、また肩の痛みが悪化。
右手でちょっと重い物を持とうとすると、激痛が走り物を落としてしまうほど。

ズキズキ激しい痛みに悩まされ、夜も痛みで目がさめてしまいます。
すると友人が「ちょうど息子が帰ってきているから、いらっしゃい」と言ってくれました。

友人の息子さんは針治療の先生です。
すぐさま診てもらいに行くと、やっぱり言われました。
「肩甲骨を中心に背中がガチガチに固まった、かなりひどい状態です。」

ここでも詳しく今のハルばあの状態を説明してくれましたが
先だってのカイロの先生と、ほとんど同じことを言われてしまいました。

「前にカイロの先生に言われてから、意識的に肩甲骨を動かしているんですが…」
そう言うハルばあに、息子さんは「頭の後ろに両手を置いてみて」と言います。

言われた通りの動きをしてみると
「肩甲骨はまったく動いていませんよ。やはり腕と肩の力だけで上げている状態です。
 これでは腕も肩も、もちろん肘にだって無理がくるわけです。」

取りあえず、全身を丁寧にマッサージしてくれ、そのあと針を打ってもらい
ひとまず激しい痛みは一旦ひいてくれました。

「とにかく治すのには時間がかかりますよ。
 あと眼精疲労がひどいようですね。首の後ろがガチガチです。
 首の凝りは目からもきています。
 こちらもかなりヒドイ状態ですから、しばらく目を酷使しない方がいいですよ。
 パソコンですか?
 元々目が悪いんでしたよね?仕事以外はしばらく控えた方がいいと思いますよ。」

友人の息子さんは針治療の後、そうアドバイスをくれて
あと毎日やるといいですよ、と必要なストレッチのやり方を教えてくれました。

おかげでとりあえず激痛は治まったものの「これでは本当に不味いかも。」
そう思ったハルばあですが、その息子さんの治療院に通うには遠すぎます。

困ったハルばあに別の友人が、腕のいい接骨院の先生がいると紹介してくれました。
治療はちょっと痛いけれど、とにかく見立ては適格だし評判がいいよと。

さっそくその接骨院に行ってみたハルばあ。
やはりここでも先生に同じ事を言われました。

肩甲骨周りが固まった状態で、まったく肩甲骨が動かないのが原因だと。
かなりヒドイ状態なので、最低でも週2回、出来たら3回は通いなさいと。

カイロに針、柔道整復師、誰に診てもらっても同じ見立てで
かなりヒドイ状態だと言われてしまったハルばあの背中。

なまじっか痛みに強い事も良くなかったらしく
今、長年のツケが一気に出てきているようです。

そんな訳で、ハルばあはこのところ接骨院通いを続けています。
仕事以外にはパソコンも少しの間封印していました。

まだまだ背中は良い状態ではないようですが(あまり自覚がないので…)
肩と肘の痛みはほとんど良くなってきています。

友人が言っていた通り、接骨院の先生のマッサージと整体は痛いです。
痛みの元にグイグイくる感じで、痛みに強いハルばあも息が止まるほどです。

でも今回こそ、時間がかかっても痛くってもしっかり治さないと
いつか腕がまったく上がらなくなると言われてしまったので
それを阻止するためにも、しっかり医者通いしようと思っています。

元々怠け者でマメにブログアップが出来ませんが
しばらくはブログアップの間隔がもっと開くかもしれません。

その時は「ハルばあは治療院で痛みに耐えて頑張っているんだ」と思って
気長に待ってくださると嬉しいです。

それにしても、皆様もくれぐれも体の凝りは早めにほぐすをお忘れなく。











 
[PR]
by haru2010yakei | 2014-06-23 20:48 | 日記、雑記

日帰りバス旅行 ~佐原と潮来~

梅雨入り宣言が出てから、ず~っと雨降りの関東地方ですが
その中で唯一、雨の降らなかった火曜日。

子供達の幼稚園時代の役員仲間3人と日帰りバス旅行に行ってきました。

今回は旅は「潮来のあやめと十二橋めぐり&小江戸佐原の街並み巡り」
梅雨時期の旅行なので、もともと雨女のハルばあは雨を覚悟していましたが
この日だけは、朝は多少曇ったものの予想外の良いお天気。

どうやら超雨女のハルばあを超える、超晴れ女がいたようです。
ホント、ラッキーなバス旅行のスタートです。

満員の乗客を乗せたバスは、首都高、湾岸線を通って一路佐原に向かいます。
佐原に到着して、まずはちょっと早目のバイキングランチをいただきます。

その後は1時間半ほど、各自で佐原の街並み散策。
小江戸と言われるだけあって、昔懐かしい建物が並び風情があります。
d0168471_0171844.jpg

d0168471_0174199.jpg

小野川沿いに沿って、古い町並みを見ながら歩きました。
d0168471_0194080.jpg

d0168471_020955.jpg

d0168471_0204645.jpg

d0168471_0211279.jpg

d0168471_0202221.jpg

d0168471_0403178.jpg


佐原出身の有名人といえば、あの地図を作った事で有名な伊能忠敬。
残念ながら川沿いにある「伊能忠敬旧宅」は工事中。

途中、いろんなお店をのぞいて歩いたりしていたので、思いのほか時間が過ぎていて
「伊能忠敬記念館」に入るには、時間が足りませんでした。

佐原散策を終え、次は潮来に向かいました。
ここで十二橋めぐりの遊覧船に乗りました。
d0168471_0424873.jpg


閘門(こうもん)
これは水位の異なる河川や運河、水路の間で船を上下させる装置だそうです。
d0168471_0465872.jpg


閘門を抜けると、狭い水路の左右に住宅が並んでいます。
この辺りを通る時は船のモーターを切り、船頭さんが、手漕ぎで船を進めてくれます。
d0168471_0481410.jpg


日差しが強く暑すぎるくらいのお天気になっていたのですが
川からの風が涼しくとっても気持ちよくて、船に乗るにはちょうど良いお天気でした。

船を降りたあとは、水郷筑波国定公園 潮来あやめ園の散策です。
d0168471_810353.jpg

今は花菖蒲の時期だそうですが、それももうそろそろ見頃は終わり。
ちょっと残念ではありますが、それでもかなりの広さの敷地に
色とりどりの菖蒲が咲いていて、思っていた以上に見事な花畑。
d0168471_8113189.jpg

d0168471_812990.jpg

d0168471_8123416.jpg

d0168471_814516.jpg

これが花の見ごろだったら、もっともっと素晴らしかったんでしょう。
今度は花の一番の盛りにもう一度来たい、そう思うほどの潮来あやめ園でした。

これでこの日のバスツアーのすべての行程は終了です。
帰りも予想した渋滞にあうこともなく、スムーズに帰路につくこともできました。

梅雨時期なのに、奇跡的にお天気も恵まれ
仲良しの友人たちとのおしゃべりもはずみ、最高のバス旅行となりました。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-06-11 23:29 | お出かけ

長靴買っちゃいました。

関東地方は梅雨に入ったとたんに連日の雨降り。
しかも時にはまるでゲリラ豪雨状態で、早くも土砂崩れなどの被害が出ているようです。

車を運転していても、あまりの激しい雨降りにワイパーが追い付かず
運転していても、少し恐さを感じるほどの雨量だったりします。

ハルばあ家は最寄り駅まで徒歩で10分。
日頃は大した距離じゃないので、駅まで歩くリョウさんと娘Meですが
さすがにこの横殴りの大雨では、10分の間に全身ずぶ濡れになります。

そこでここ数日は、朝晩二人をそれぞれの時間にあわせ
車で駅まで送り迎えしているハルばあです。

マンション住まいのハルばあは、敷地内駐車場の抽選にはずれたので
マンションのすぐ近くに駐車場を借りています。

その駐車場まで、わずか1分くらいなんですが、こんな大雨だと足元が濡れてしまい
それが日に何度もあると本当に困ってしまう…ということで
何十年ぶりかに長靴を買うことに決めました。

子供の頃はゴム長靴を履いていたけれど、高校生くらいからは
けっこうな雨降りでも、長靴は「ダサい~」と思って履かなくなり
それから数十年、雨の時用のレインシューズは持っていましたが
相変わらずゴム長を履くことはありませんでした。

でもここ数年のゲリラ豪雨に近い大雨が続くと
やはりしっかりしたゴム長がないと、びしょ濡れになってしまいます。

ちょうどボクシングフィットネスの時に履いているシューズの靴裏がはがれてしまい
先日のレッスンの時に、はがれかけた裏が床に引っ掛かり転びかけたので
こちらも急いで買い替えないと危険だと思っていました。

長靴もフィットネスシューズも、もちろん予算外の買い物になります。
少しでも安くて良い物を買うためにも
アウトレットに行くしかないということになり、近くのアウトレットではなく
久しぶりにちょっと遠くの南大沢の三井アウトレットパークまで行きました。

ちょうど父の日のセール中。
しかも三井アウトレットカードで支払うと引き落とし日に5%オフ。
ラッキー!です。

さっそくあちこちお店を見て回り、値段を比較しながら靴選び。
最近長靴は、若い女性にも大人気のようで、以前よりオシャレな物が増えています。

娘Meも欲しがっている「AIGLE」のアウトレットにも入ってみましたが
若い女性に人気のレインブーツは、なんと12000円~16000円。

確かに昔のゴム長とは違い、物も良いしシックでオシャレ。
でもとってもハルばあが買えるお値段ではありません。

あきらめて、他のお店を探しまわり、ようやく「Colombia」で見つけました。
なんと最後の1足なので、サイズがあえばお買い得です!というお品。

試着してみたら、ハルばあにサイズぴったり。
9800円が6400円に下がっています。

もちろん6400円も、長靴としたらハルばあにはかなり高額なんですが
「昔からあるゴム長とは、素材も形も違うんですよ。
 雨の日だけでなく、いろんなアウトドアのときに使えますから。」
そういう店員さんの言葉と、「最後の一点」という言葉にひかれ
思い切って、少々お高めの長靴を買うことにしました。

店員さんの話だと、ここ数日の大雨で長靴は大人気。
どこも品薄状態で、サイズの確保どころか品物事態が揃いにくい状態だそうです。

その後は「NIKE」で、年齢の割にちょっと派手かな…と思いながらも
値段の安さに負けて、ピンクのフィットネスシューズを買いました。
d0168471_10161499.jpg

写真で撮るとただの黒いゴム長なんですが、履くと形がキレイなんですよ。
予算外のちょっと痛い出費でしたが、どちらも気に入って買ったので大満足。

雨は大嫌いなんですが、新しい長靴買ったのですぐに履いて出かけたい…
今日はもう少し雨が降って欲しいかぁ~と
曇り空を見上げ思う、現金なハルばあです。


それにしても、今年は梅雨が始まったばかりなのに常識外れの雨が降って
あちこち被害が出ているようです。
どうぞ皆さんも十分にお気を付けください。
[PR]
by haru2010yakei | 2014-06-08 10:38 | お買い物

今度は日の出山

一昨日の日曜日、朝起きたらリョウさんが突然言いました。
「お天気がいいから、山に行こう」

何にも用意していなかったので、それからあわててリュックを出し
大急ぎで支度をして出かける事になりました。

この日の行先は日の出山。
昔、御岳山に登って、そこから日の出山経由で下に降りたことはありましたが
今回は初めて逆のルート、日の出山から御岳山に向かってみることにしました。

まずJR青梅線の日向和田駅で下車。
多摩川にかかる橋を渡ります。橋の上から見た景色。
暑いくらいのお天気だったので、川の水が気持ちよさそうです。
d0168471_21192296.jpg


そこからしばらく歩き、梅の公園脇にある登山口に向かいます。
d0168471_21195582.jpg


先だっての高水三山は上り始めが急登が続き、大変でしたが
ここはそれほど激しい登りが、長く続くわけではありませんでした。
d0168471_21253176.jpg


日の出山は木々に囲まれた道を歩くので、かなり強い日差しなのに
直射日光に悩まされることもなく、時折吹く風は気持ちよく
美しい新緑を眺めながら、楽しく歩くことが出来ました。
d0168471_21314370.jpg

d0168471_2132483.jpg


でも日の出山はかなり楽々コースと思ったのは、大きな間違い。
今までは降りるコースと思っていた山道を
逆方向から登ってみると、それなりに大変ではありました。

病気で体力を落としたハルばあと、ひどい運動不足のリョウさんは
かなりスローペースで歩いたのですが、けっこう息が上がります。

それでも2時間半ほどで山頂に到着。
先だっての高水三山ほどではないけれど、ここも今までにないほどの人出です。

日向は暑すぎるので、混み合う日陰に何とか二人分のスペースを見つけ
ここでお昼を食べ、少し休憩することにしました。


お天気が良いので、日の出山頂からは、こんな景色が見られました。
d0168471_214113.jpg

d0168471_2141291.jpg


そのあとは45分くらい歩いて、御岳山に向かいます。
d0168471_21512799.jpg


日曜日のせいもあってか、さすがに御岳山は凄く多くの人がいました。
御岳山もケーブルカーで上がることが出来るのですが
ケーブルカーを降りてから、山頂まではかなり距離を歩く上
坂がかなり急で傾斜がきついので、お年寄りは大変そうです。
さすが、修行の山です。

急に思い立った山行きだったせいで、登り始める時間が遅かったため
この日は無理せずケーブルカーとバスを乗り継いでJR御嶽駅へ。

リョウさんと約束した月一山登り。
取りあえず2回目が無事終了できました。
d0168471_2282413.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2014-06-03 22:11 | 山登り


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧