<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

母、来襲。

先週末の事です。
来週、実家に帰るので、昼すぎにその事で母の携帯に電話を入れました。

実は来月始めに、父の祥月命日のお墓参りのため3日から6日まで帰省する予定ですが
東京にいる病気療養中の伯父の見舞いに行きたいと母が言うので
6日に東京に戻る時に、母を一緒に連れてくることになっていました。

当然今回も、母は妹のキコ宅に泊まることになるのですが
それでもキコと交代で、母の相手をし、連れ歩かなければならないので
仕事の都合もつけたり、一応母台風を迎える心積もりをしていました。


ハル「モシモシお母さん?来週そっちに行く時間の件だけど…」
母 「あら~ちょうど良かった。あとで電話しようと思ってたんだけど
   今、車の中。もうすぐH市に着くとこなのよ。
   伯母さんちまで、あと15分くらいだって」

なんですと~ !?

ハル「えっ!? なんで?もうすぐ着くってどういうことなの?」
母 「ゴメンゴメン。急に決まっちゃったから忙しくて、あんたに電話するの忘れてた。
   夕方、キコが伯母さんちまで私を迎えに来てくれるんだって」

どうやら従兄弟が車で東京に来るのに、チャッカリ便乗したようです。

ハル「どうしてそんな大事な事、早く知らせてくれないの?
   急に予定を変えられたって困るんだから。
   お墓参りで来週お休みするから、その分前後は忙しいんだよ」
母 「だって急に決まったんだもん。
   大丈夫、別にあんたが忙しくっても。
   どうせ3日には私も帰るから、何日でもないんだし相手してくれなくても」
ハル「わかった…じゃあ、3日のお墓参りは一緒に行けるのね?」
母 「それは大丈夫。私の事は気にしなくていいからね」

自称「具合が悪くてどこにも行けない」そうな自由人の母に
思いっきりあきれかえりながら電話を切り、今度は妹のキコに電話。

ハル「お母さん、もうすぐ伯母さん家だって言ってたけど
   なんで予定が変わったなら、すぐに教えてくれないのよ~」
キコ「私だって、お母さんから電話もらったの夕べだもん。
   でもまさか、お姉ちゃんの所に電話してないとは思わなかった」
ハル「…わかった…でも、悪いけど私、急すぎて都合つかないから相手できないよ?」
キコ「いいよ、私だってほおっておくから。
   まったくお母さんたら、自分の都合だけで生きてるんだからさ」

そんな会話が昼間あったというのに
まったく人の話を聞いていない母は、夜になって、こんな電話をしてきました。

母 「ねえ、明日は日曜日じゃない、あんた暇?」
ハル「私、日曜日はインディアカの試合があるって言ったよね?」
母 「ああ、そうだった。そうだった。じゃあ月曜日は?」
ハル「…仕事」
母 「そうだよね~専業主婦のキコと違って、あんた仕事があって忙しいよね~
   じゃあ、ちょっとでいいんだけど火曜日は?
   ホントちょっとの時間でいいんだけど。渡したい物があるし」

お母さん、どうせ6日には実家で顔を合わせるじゃないですか。
帰省のため休みをとるから、前後は忙しいって言ったじゃないですか。

でも、そんなやり取りがあって、結局、火曜日は夕方から仕事なので
朝から夕方まで、母の相手をすることになりました。
…水曜日は遅くまで仕事だから、火曜日の昼間に帰省準備をしようと思ってたのに…

母の気まぐれで、決まっていた予定は丸くずれ。
夏に生まれた母にとって2人目のひ孫ソー君にも、会いに行く予定だったので
忘れずに息子のTakeにも電話をいれました。

ハル「6日の日、あんたの家に、おばあちゃんを連れて行く話はキャンセルね」
Tak 「ソー君に会いに来るんじゃなかったの?おばあちゃん何かあったの?」
ハル「違う。もう東京に着いっちゃってるんだって」
Tak 「え~!? 急に予定変えられても…
   日曜日に来たいって言われても、明日はノンさんの実家に行くから無理だよ」
ハル「大丈夫、明日行くなんて言わせないから。
   お母さんだって、明日は試合だし。勝手に予定変えたのは、おばあちゃんだから。
   とりあえず6日の話は流れたからね」
Tak 「わかった。それにしても…相変わらず、ばあちゃんだね~」

そんな訳で突然の母の上京に、まったく先の予定がつかめません。
おかしかったパソコンの調子も安定してきたので
もう少しブログをマメにUP出来ると思っていたのに…

もしブログの更新が滞ったら、今度はパソコンのせいではなく
ハルばあが、母台風に振り回されていると思ってください。

さあ、まずは明日。
母は何を言い出し、一体どんな一日になりますことやら。






   
   
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-31 21:00 | 日記、雑記 | Comments(8)

ハルばあ、八ヶ岳に行く その2

21日金曜日。お天気はまずまず。

日頃の寝不足を解消すべく、昨夜は早寝をして十分な睡眠をとれたし
朝早くから温泉に入り、バイキングの朝食をめいっぱい食べて
ハルばあ元気いっぱいで、今日も観光に出発です。

ホテルの前で写真撮影。ここに泊まりました。
d0168471_18272563.jpg

「小海リエックス」の広大な敷地の中には教会もあり結婚式も挙げられます。
d0168471_18284552.jpg

ホテルの裏にはスキー場、他にもゴルフ場、テニスコートと
スポーツ施設が充実していて、ハルばあ達以外はゴルフに来ていた方達が多かったです。

今日も清里方面に行こうと決めてホテルを出発。
その途中、松原湖入り口の紅葉が見事だったので立ち寄ってみました。
d0168471_18323527.jpg

d0168471_18331145.jpg

d0168471_18333720.jpg

先日行った戸隠の鏡池があまりに見事だったせいか、感動が薄かった松原湖。
でも周辺の紅葉の色合いは、本当に素晴らしかったです。
d0168471_18353894.jpg


R141を清里方面に向かっていると、道路の脇あちこちにこんなのが立ってました。
d0168471_18365929.jpg

この牛は、どうやら南牧村のキャラクターみたいです。
今流行りのゆるキャラ? ほのぼのしちゃいます。
d0168471_18392929.jpg


この日も少しトレッキングもどきをしようと「美し森」の展望台に向かいました。
d0168471_1844664.jpg

駐車場に車を停め、この観光案内所の裏手が登り口です。
d0168471_18461057.jpg

お天気が良かったので、思ったとおり見晴らしは最高。
d0168471_18475652.jpg

d0168471_18485216.jpg

d0168471_18491997.jpg

d0168471_18512586.jpg

この日も富士山がよく見えました。

展望台の後ろには紅葉で染まった牛首山がそびえています。
この道を行くと羽衣池があるそうなので歩くことにしました。
d0168471_1955164.jpg

途中にあった「美し森ファーム」で、人気のプリンと飲むヨーグルトを買いました。
d0168471_1991444.jpg

d0168471_1993883.jpg

どちらも、すご~く美味しかった!

d0168471_19133131.jpg

そこからまた森の中の登り道を歩き、羽衣池に到着。
d0168471_1911239.jpg

池というより沼地でした。
d0168471_1912311.jpg


「美し森」のあとは、ハルばあが行きたかった「北澤美術館」へ。
ここはアールヌーボーのガラス工芸品で有名な美術館です。
d0168471_1918470.jpg

d0168471_19183636.jpg


見事なガラス工芸を見た後は「萌木の森」へ行きました。
d0168471_1920223.jpg


ここも広い敷地にレストランやホテル、色々なショップがそろっているのですが
ハルばあ達のお目当ては、自動演奏楽器を収納したオルゴール・ミュージアム。
d0168471_19241178.jpg

正面の上部にある演奏器は1900年のパリ万博で出展されたものだそうです。

ちょうど演奏が聴ける時間帯に館内にいたのは、ハルばあ夫婦だけ。
二人のためだけに、貴重な自動演奏器やオルゴールを動かし
その素晴らしい音色や演奏を聴かせてもらい感動しました。

「萌木の森」の中の「キャロル」というお店で遅めのランチをとりました。
d0168471_19291449.jpg

きのこのパスタと、きのこのキッシュ。
d0168471_19295397.jpg

美味しかったけど、食いしん坊のハルばあ夫婦にはチョット物足りない量でした。

次に向かったのは「東沢大橋」
赤い橋が有名でガイドブックによく掲載されている橋です。
d0168471_19342040.jpg

紅葉の中で赤い橋がはえてキレイでした。

写真を撮っている間に小雨が降り始めたので、再び「萌木の森」に戻り
お土産物屋さんめぐりをして、この日の観光は終了しました。


そして最終日22日。
この日は朝から雨が降っているだけでなく、真っ白な霧がたちこめ
車を運転していても15m先の視界がきかないほどでした。

慣れない道なので、半泣きになりながら車を運転し必死で小淵沢方面へ向かいました。
幸い小淵沢に近づくにつれ霧ははれホッとしましたが、やっぱり雨は降り止まず
さすがに写真を撮るのはあきらめて、一路「平山郁夫シルクロード美術館」へ。

ここはハルばあが絶対行きたいと思っていた美術館です。
残念ながら写真はNGなので、何の写真もありませんが
その見事なコレクションの数々や絵画の迫力に圧倒されました。

その後は「道の駅」や「八ヶ岳アウトレット」に立ち寄り
渋滞に巻き込まれないよう、雨がやんだ午後早い時間に小淵沢を後にし帰路につきました。


思った以上の紅葉に感動し、大量の写真を撮りながら歩いた旅行でした。
あっという間の3日間でしたが、ハルばあ達にしてはのんびりできた楽しい旅でした。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-27 10:30 | 旅行 | Comments(5)

ハルばあ、八ヶ岳に行く その1

今年もリョウさんの会社の上層部から、強制的有休消化命令が出ていて
いよいよ、その収得期限が来月に迫ってきてしまいました。
そこで、ハルばあも何とか仕事の休みを合わせ、二人で旅行に行くことにしました。

でも、かなり強引にとったお休みのため、その前後は二人とも大忙し。
そんな訳でブログのアップも数日滞ってしまいましたが
ようやく旅行の記録を残す余裕が出来たので、よろしかったら読んでください。


今年は震災の影響で、なかなかリョウさんの休暇の日程が決められなかったため
海外格安ツアーは予約を入れることが出来ず、はなから諦めていたハルばあ夫婦。

今年の行き先をどうしよう…と迷っていたハルばあ達に、うれしいプレゼントが!
お菓子の「シャトレーゼ」で、コツコツ貯めたポイントで
シャトレーゼの経営する「小海リエックスホテル」の
朝食付き2泊ペアでご招待券がもらえたのです。

6ヶ月の期間内なら宿泊の日付も自由に選べるというので、行き先は八ヶ岳方面に即決定です。
そんな訳で20日から22日、ハルばあ運転手が車を走らせ旅行に行ってきました。

20日木曜日の朝、自宅を出発。
中央高速を「須玉I.C.」で降りて、R141を走り清里高原に向かいました。

まず行ったのは「サンメドウズ清里ハイランドパーク」
ここは冬期はスキー場なのですが、今の時期リフトで標高1900mの高さまで上がれて
その展望が売りになっている、観光バスも来る観光地のようです。

パノラマリフトで上がっていくと、どこもかしこも紅葉していてホントきれいです。
d0168471_20464085.jpg

お天気が良かったので、1900mの展望台から富士山が見えました。
d0168471_2151365.jpg


d0168471_20505487.jpg


d0168471_2048858.jpg

「せっかく12.5倍ズームのカメラを買ったんだから、富士山をズームアップして撮れば?」
リョウさんが隣でうるさいので、例のコンデジでズームを使って撮ってみました。
思っていた以上に大きく撮れました。


d0168471_20512920.jpg

これは展望台にあった「願いが叶う木の鐘」
2回たたいてお願いをするんだそうです。
左の鐘が夢、右の鐘が福を叶えるそうなのですが
欲張りハルばあは両方たたいて、いっぱいお願いしました。

展望台から少し上に上がる道があったので行ってみました。
d0168471_20551449.jpg

南アルプスの山々が見え、またず~っと紅葉した木々が広がり本当に素晴らしい景色です。
d0168471_20573558.jpg

d0168471_20582044.jpg

自分の目で見ている、その色合いの見事さが写真にそのまま残せないのが残念なほど
360度どこをみても、まるで絵本で描かれたような見事な紅葉の山々でした。
d0168471_2103447.jpg


次に清里に来たらココというお約束の場所。
「清泉寮」にソフトクリームを食べに行きました。

あっという間に食べてしまったので、ソフトクリームの写真は撮れませんでした。
d0168471_2382531.jpg

d0168471_2335208.jpg

d0168471_17251629.jpg


2泊する「小海リエックス・ホテル」は長野県の松原湖高原にあり
清里から車で40分ほどかかるため、その日の観光は早めに切り上げホテルに向かいました。

途中の道も見渡す限りの紅葉の山々が続きます。
d0168471_17261254.jpg

ハルばあも運転手でなければ、もっとじっくり見られたのに…ちょっと残念。

d0168471_23191251.jpg

山道をひた走り、夕方5時にはホテルに到着。

リエックスホテルには源泉掛け流し天然温泉があるので、ゆっくり露天風呂も楽しんで
翌日の観光に備え、早めにベットに入りました。

その2に続く
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-25 21:09 | 旅行 | Comments(0)

昭和記念公園

日曜日、用事があったのでリョウさんと立川に行き
そのついでに、久しぶりに昭和記念公園に行ってきました。

例年ならコスモスの丘が見ごろの時期なのですが
今年は台風で茎が倒れてしまい、いつものように咲いていないと聞いています。
あまりキレイじゃないかもしれないけれど、とりあえず行ってみることにしました。

何故かは知りませんが、この日は入場料が無料でした。
ラッキー!

立川口から入ってすぐの銀杏並木は、まだ紅葉していませんでした。
d0168471_1713119.jpg

すごく暑い日だったせいか、池でボート遊びをする人が多かったです。
d0168471_17143579.jpg

無料開放日のせいか、午後遅い時間なのに、いつもより人が多い気がしました。
d0168471_17172174.jpg


てくてく20分ほど歩いてコスモスの丘に到着。
d0168471_17193092.jpg

ここには3種類、約400万本のコスモスが丘一面に植えられています。
やはり台風の影響か、茎が斜めになっていたり、倒れているものも多く
例年ほど群生している感じではありませんでした。
d0168471_17214260.jpg

d0168471_1722683.jpg

それでも、これだけの本数のコスモスが咲いていると、やっぱりキレイ!

見ごろはちょっと過ぎているみたいですが、コスモスの丘は観光客がいっぱいでした。
大体みなカメラを持って写真を撮っているんですが
今年は特に一眼レスを持った人がかなり多く、どこかの撮影会に行ったようでした。
カメラ女子と言われるような、大きなカメラをぶら下げた若い女の子も多かったです。

d0168471_17271883.jpg

d0168471_1727535.jpg

d0168471_17334756.jpg

ハルばあのカメラと腕では、この程度の写真しか撮れません。

ここの他に、広場西側にもコスモスがたくさん咲いていました。
d0168471_17353873.jpg

ここはコスモスの丘より開花時期を少し遅らせてあるようで
ちょうど今が見ごろです。
d0168471_1737291.jpg

「サンセットイエロー」という黄色のコスモスだけ咲いている花畑でした。

歩いていると、たくさんの赤い実がついた木が、あちこちにありました。
d0168471_17383019.jpg

これは「はなみずき」の実だそうです。
植物オンチのハルばあは知りませんでした。

午後遅くに入場したので、あまりのんびり出来ず残念でしたが
リョウさんは、この日も新しいカメラの性能を試し、たくさん写真が撮れて
それなりに満足な1日だったようです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-19 18:07 | お出かけ | Comments(8)

戸隠古道ウォーク

15日土曜日、リョウさん、娘Meと3人で日帰りバス旅行「戸隠古道ウォーク」に参加しました。

家族3人でバス旅行に参加なんて初めての事です。
いつも仕事に友人とのおつきあいに忙しいMeが
「戸隠古道なら、あたしも行きたい!」なんて珍しく言って決まったことなので
きっと2度とないだろうと、リョウさんは密かに楽しみにしていたようです。

二人とも最近カメラの話で盛り上がっているので
前日から(特にリョウさんは)それぞれ一眼レフや替えレンズを用意して楽しみにしていました。

なのに当日の朝、ハルばあ家地方は土砂降りの雨。
天気予報ももちろん雨。

これが個人旅行なら、さっさと行くのをあきらめるほどの降りですが
すでに3人分の参加費を支払ってあるので、どんよりした気持ちでバスの集合場所に向かいました。

とんでもない晴れ女のMeの力が現地に届くように祈りながら
バスで一路、戸隠を目指します。

バスの中で配られたお弁当を食べたりしていると、12時半すぎに戸隠奥社駐車場に到着。
なんと、ガスってはいるものの雨は降っていません!
さすがMeの脅威の晴れ女の名は伊達じゃありませんでした。

でも一応傘を持ち、現地ガイドさんの案内で戸隠古道ウォークに出発です。
d0168471_14153264.jpg

d0168471_14194361.jpg

d0168471_14202158.jpg

大鳥居をくぐり随神門に向かって奥社参道を歩きます。
d0168471_14221243.jpg

d0168471_142322.jpg

「随神門」 残念ながら今回のツアーでは、奥社まで行かずここから鏡池に向かいます。
d0168471_14252841.jpg

随神門から見た、有名な杉並木。
奥社、九頭龍社はこの先にあるそうです。
d0168471_14295189.jpg

森の中を歩いていると、空気がピーンとはったような清々しさを感じます。
「さすがパワースポット!空気が違う、澄んでいる」と感動しているハルばあに
「森の中で道路が近くにないから、排気ガスの匂いがしないせいだからじゃない?」
ちょっと可愛くないMeの一言でしたが、そんなMeも思いがけず見事な紅葉には大喜び。
d0168471_14341917.jpg


d0168471_14345412.jpg


d0168471_14352221.jpg

どうやら戸隠の紅葉は今が見ごろだったようです。
リョウさんと二人カメラでパシャパシャ撮りまくっては、ツアーの列に遅れないよう走ります。

d0168471_14384381.jpg

「天命稲荷」 ガイドさんが伝説を元にいろいろ話してくれました。
d0168471_14411723.jpg

そこからさらに10分ほど歩いて「鏡池」に到着。「隋神門」から50分くらいです。
森を抜けると広い見晴らしのよい丘に出て、眼下に鏡池が広がります。
d0168471_1444183.jpg

すご~く綺麗な紅葉が見事に映る鏡池の美しさに、思わず歓声があがりました。
d0168471_14472829.jpg


d0168471_14482629.jpg

ここで40分ほど休憩。
あまりに見事な景色で、みんなカメラや携帯を取り出し写真を撮りまくっています。
d0168471_1449889.jpg


d0168471_14521962.jpg


d0168471_14525953.jpg

そこからまた森の中を歩きます。

d0168471_14542231.jpg

40分くらいで「硯石」に到着。
健脚自慢のおまんという女性が、与えられた使命のため走り続けここで休んだ時
硯石の水に映った自分の顔が、髪を振り乱したまるで鬼の形相だったのに絶望し
使命を果たした後、出家して尼さんになったという伝説があるそうです。

d0168471_14592465.jpg

さらに10分ほど歩いくと「小鳥ヶ池」
ここも紅葉が水面に映えて、本当にキレイでした。
d0168471_1511817.jpg

さらに歩いて「足神さん」に到着。
ここは「おまんさん」を祭っている「足の神様」なんだそうです。

そこからさらに歩いて、中社近くの「山口屋」さんがウォークの終点でした。
d0168471_1552383.jpg

ここで戸隠そばの試食。
d0168471_1562021.jpg

ちょうど新そばの出る季節です。試食といわずもっと食べたいほど、ホント美味しかった!

この後45分くらい自由時間だったので、坂を上って戸隠中社に行きました。
d0168471_158527.jpg

d0168471_1592521.jpg

d0168471_1595853.jpg

有名な3本杉、でも大きすぎて3本まとめては写真に入りませんでした。
d0168471_1511217.jpg

d0168471_15114857.jpg

樹齢700年とも言われるご神木。
さすが歴史のある神社で圧倒され、写真もいっぱい撮って中社を後にしました。

山口屋に戻り、蕎麦ソフトクリームを食べ、3時半にバスに乗り込み帰路に着きました。

終わってみれば、心配していた雨はぜんぜん降らず
ガスっていたので遠くの山は見えなかったけれど、思いがけず紅葉はちょうど見ごろで
又ここ数日のうちで、鏡池の透明度も一番高かった日らしいし
朝の雨のせいで通常より観光客がかなり少なく、道路もまったく渋滞なし…と
マイナス面よりプラス面の多かったバス旅行でした。

何より日ごろ忙しくて一緒に行動することの少なくなったMeも一緒に
家族3人でバス旅行を楽しめたのが、最高の思い出になりました。
リョウさんもMeも大量に写真を撮れて、かなり満足の旅だったようです。

d0168471_15132279.jpg

d0168471_151348100.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-17 15:25 | お出かけ | Comments(4)

「趣味なら本気で」

それは数週間前のある夜のことです。

リョウさんから電話がかかってきました。
「ねえ、ハルばあ、カメラ買ってもいいかな?
  今、〇ックカメラにいるんだけれど、セールになって値段が下がってるんだよ」
「…なんでハルばあにそんな事聞くの?
  あれ買うの?自分のお小遣いで買うんだから好きにすればいいじゃない」

でもその日、家に帰ったリョウさんの手にはなにもありませんでした。
品物の在庫がなく、しかたなく入荷待ちになってしまったようです。

そして先週末、とうとうリョウさんは新しいカメラを手に入れました。
それがコレ。
d0168471_082950.jpg

Canon EOS-60D
渡辺謙さんがCMしていた一眼レフカメラです。

リョウさんが欲しくて欲しくて、そのためにずっとお小遣いを貯めていたカメラです。
けっこう値段が張るものなので、あちこちネットやお店で価格を比較。
今回はその中で底値になっていたようで、とうとう買うのを決断したようです。

ハルばあにとっては「また新しいの買うの?」という、あきれた気分なんですが
コツコツ自分で貯めたお金で買ったのですから文句なんて言えません。
ずっと欲しかったカメラを手にリョウさんは上機嫌です。

そんなリョウさんに、やはり一言あるのは娘Me.
M「なに!またカメラ買ったの?うちに今何台カメラがあるかわかってるんでしょ」
「…いいじゃないか、欲しかったんだから…
  大体、おまえだって一眼レフの他にコンデジ2台持ってるじゃないか。
  おまえにだけは言われたくないね」

まるで子供の口げんかです。

M「あたしは一眼2台も持ってないもん。
  お父さん、前のEOS-KISSはどうするのよ。
  コンデジと一眼は一緒に持って歩けるけど、一眼2台は持てないじゃない。
  ホント無駄遣いばかりなんだから。
  うちはお金の使い方おかしいよ」
「…じゃあ、前のはハルばあが使えばいいんだ。
  ほら、そうすれば無駄じゃない!」

「え~やだ~。一眼レフなんて荷物になるから持って歩きたくない
  コンデジだって使えないのに、一眼なんて難しくて使えないし。
  ハルばあ、いらないからね!」

M「そうだよ、お母さんに一眼レフは使いこなせないよ。
  ホントもったいない。違うもの買えばいいのに」

欲しかったカメラを手にして大喜びだったリョウさんなのに、娘は容赦ありません。
「もう、いいじゃない。お父さんは欲しくてたまらなかったんだから。
  渡辺謙もCMで言ってたじゃない。
  《趣味なら本気で》って。
  お父さん、カメラが趣味なんだから本気で欲しかったんだよ。
  お母さん達は口はさめないの」

そんな会話があったものの、やっぱりMeもカメラ女子なわけで
新しい上位機種をみれば興味がわくらしく、リョウさんと60Dを前にカメラトーク。

早くカメラで色々撮影に出たいようで、どこがいいとか盛り上がってる二人を見ていると
やはりカエルの子はカエルだなぁ~と思ってしまった今日のハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-14 01:05 | 日記、雑記 | Comments(6)

陣馬山から高尾山

日曜日にリョウさんと山登りに出かけました。
今回向かったのは奥高尾縦走、陣馬山から高尾山に向かう「関東ふれあいの道」です。

陣馬山下から登り始め、高尾山山頂を経て高尾山口まで大体7時間くらいの予定なので
暗くなる前に山を降りられるようにと、朝6時半前に家を出て
電車とバスを乗り継ぎ、陣馬高原下に着いたのは8時15分。

まずは、そこから陣馬山山頂を目指します。
3連休のせいか、かなりの数の登山客が同じ方向に向かっていました。

登山道は始めのうち急斜面を登るので、曇って少し涼しいのに
汗っかきのリョウさんは半袖Tシャツ1枚になっても、すごい汗。
真夏の登山でもないのに、額に巻いたバンダナはぐっしょりで絞れるほどの汗です。

1時間ちょっとで陣馬山山頂(857m)に到着。
d0168471_2040293.jpg

これは山頂にある白馬の像。(山名とは関係がないそうです)

ここは天気がよければ見事なパノラマ展望が広がり、富士山も見えるのですが
あいにくガスっていて眺望は今ひとつだったので、水分補給だけして出発。

ここからは尾根歩きになるのですが、ほとんど樹木に囲まれていて展望はほとんどありません。
30分ほどで明王峠に到着。
d0168471_20481235.jpg

まだまだ元気なので、ここは休憩なしで進みます。

樹木の中を歩くこと約1時間半。
景信山(727m)に到着です。


ここも陣馬山山頂と同じくいくつも茶屋があって、かなり多くの人が昼食をとっていました。
朝が早くてお腹がすいたので、ここで早めの昼食、お弁当を食べることにしました。

茶屋のひとつ「かげ信小屋」の名物、手作り酒まんじゅうも買って食べました。
ふっくらした生地に薄甘のあんこが美味しい!
d0168471_20571413.jpg

それにしても今まで見たことのないほど多くの登山客で山頂は人だらけ。
山ガールブームのせいか、真新しい派手なウェアの若者がいっぱいいました。

あと驚いたのはトレランの人の多さ。
アップダウンが比較的少ないので走りやすいのか
次から次へとトレランの人たちが脇を走り抜けていきます。

少なくとも50人以上の人が走っていました。
こんな山の中を走るなんて、あの人たちの身体や体力って一体どうなっているんでしょう?

1時間ほどのんびり昼食休憩をとった後は、また尾根歩きです。
d0168471_2163339.jpg

d0168471_217777.jpg

少し紅葉が始まりだしている木もありました。

小仏峠を経て城山に到着。
d0168471_21103216.jpg

ここの茶屋は割合どこもすいていたのですが、何故かトイレが長蛇の列。
途中の山のトイレは、どこもかなり混んではいたのですが
ここは特に混んでいて、長いトイレ休憩をとるはめになってしまいました。

その後、城山から一丁平を経て高尾山山頂を目指します。
d0168471_21143026.jpg

遠くに相模湖が見えました。

高尾山に近づくにつれ反対方向から来る人たちがどんどん増えてきます。
45分ほどで高尾山山頂に到着。
d0168471_211724100.jpg

高尾山はミシュランガイドで3年連続三ツ星の観光地として選出されていて
世界一の登山者数をほこる有名な山です。
年々登山客が増えて休日はスゴイ人だよ…とは聞いていたのですが…
d0168471_21182771.jpg

しかし、想像以上のこの人混み。驚きました!

今まで3回ほど高尾山に登ったことがありますが
こんなにたくさんの人が山頂にいたことなどありません。

山頂を少し下った所にある薬王院付近は、階段が狭いこともあってさらに人混み。
売店も長蛇の列、飲み物の自販機もすべて売り切れ。
本当に山の上とは思えないスゴイ数の人、人、人…

リフトもケーブルカーも1時間待ちのようで、長い列が続いています。
ハルばあ達は1号路を歩いて下ります。

1号路は先日の台風で土砂崩れが起こり、しばらく閉鎖されていたそうです。
この日は通行可となっていましたが、途中、台風の爪あとがみられました。
d0168471_21205773.jpg

d0168471_2121237.jpg

夕方4時前に京王高尾山口駅に到着。
割合尾根歩きが多かったとはいうものの、やはりアップダウンが膝にきましたが
歩ききった達成感はあるし、けっこう楽しい山登りの一日でした。

d0168471_21215429.jpg

d0168471_21222235.jpg

d0168471_21224976.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-11 21:23 | 山登り | Comments(4)

金木犀

ハルばあの天敵はいくつかあるのですが
世の中で一番苦手なのが

どの種類、どんな大きさでも絶対にダメ。
観光地で鳩の多いところでは目をつむって、誰かに手をひかれないと歩けないほど。
こちらに向かってこようものなら、半泣きで逃げるほど嫌いです。

2番目が高くて狭い所
高いところは苦手なのですが、その上足場の狭さが加わると
恐くて恐くて、公園の滑り台の上にも登れません。

そして3番目、最近どうしてもダメなのがコレ
d0168471_15502333.jpg

今の季節、あちこちで咲き誇っている金木犀。

この大きな木は、仕事場の駐車場のお隣にある木なのですが
本当に大きく見事な金木犀なんです。

職場の皆は「すごく大きな金木犀でいい香り…」なんて言いますが
ハルばあ、ここ数年、金木犀の香りで激しい頭痛が起こるんです。

もともと強い匂いは苦手だったので、金木犀はあまり好きじゃなかったんですが
それが年々鼻につくようになってきて
最近ではその匂いが香ると、鼻から眉間にかけて激しい痛みが起こるんです。

子供の頃から偏頭痛持ちなので、最初はたまたま痛むのだと思っていたのですが
たくさん金木犀の咲いている所では、必ず頭痛が始まるのに気づきました。

頭痛が起こると中々治らないので、金木犀をなるべく避けたいのですが
思っていた以上に金木犀の木って多いんです。

どこを歩いても今を盛りと可憐な花が咲いています。
そしてハルばあはガンガンする頭を抱えながら歩くのです。
木のそばを通るときは、なるべく息を止めているんですけどね…

この話をすると、友人はみな「なんで~!?いい香りなのに」と不思議がるのですが
ハルばあみたいな人、きっと他にもいますよね?
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-08 16:26 | 日記、雑記 | Comments(8)

先生の日

昨日10月4日はゴロ合わせで「天使の日」だったそうですが
今日10月5日は日本だけでなく、ユネスコの定めた「World Teacher's Day」
つまり「先生の日」なんだそうです。

「先生の日」にちなんで先生の思い出を…
なんて今朝のラジオでお便りを募っていました。

先生の思い出というと、やはりハルばあにとってはコレ。
昨年ブログを始めたばかりの頃に書いた「先生の教え」

まだハルばあのブログを読んでくださる方など、ほとんどいなかった頃なので
知っている方はいないと思いますので、再度書かせてください。
(何故か最近リンクがはれないものでemoticon-0107-sweating.gif


それはハルばあが、まだ高校生の頃の事です。
元々理科の名のつくものが大嫌いだったハルばあですが
その時の化学の先生は「ドンチョ」というあだ名の中年の男の先生で
ハルばあだけでなく、クラス中からすごく嫌われていました。

授業じたい教科書を読むだけのつまらないもので
おまけにドンチョは口うるさく、すぐ怒鳴るので
化学の時間がものすごく憂鬱だったのは言うまでもありません。

当然、化学の実験などやらされても、授業がまったくわかっていないため
レポート仕上げるのだって、参考書首っ引きで何とか形にするだけ。

しかし実験そのものより、もっと大変だったのは
ドンチョが試験管の洗い方に異常にうるさいことでした。

使い終わった試験管を一本一本丁寧に洗った後
逆さにしても一滴の水滴も残らないよう
それはそれは気をつけて丁寧に洗わなければならないのです。

当然洗った試験管はドンチョのチェックが必ず入り
水滴が残ったものは何度でも、OKが出るまで洗い直し。

でも、なぜかビーカーなどはチェック外。
そんな訳で、ハルばあ達は必死になって試験管を洗ったものです。

その頃の試験管洗いのクセが消えないせいか(脅迫観念のせいか)
今だに、グラス類を洗う時だけ慎重になってしまい
洗った後は必ず逆さにして水切れを確かめてしまうハルばあです。

確かにキレイに洗うと水切れがよく水滴も残りにくくガラスが輝きます。
でも元々ズボラなハルばあですから、他の洗い物など適当なのです。
グラスを洗う時だけ、気持ちが高校生時代に戻ってしまうんです。

何年か前に高校の同級会があったとき、フっとそんな話になり
聞いてみると、そこにいた大半の人間が今だにグラスを洗うときは慎重に洗い
あとは逆さにして、きちんと水切れするか確かめるという事が判明。

あの頃の化学の授業でやったことは何ひとつ覚えてないけれど
試験管の洗い方だけは、30年以上たっても体に染み付いているのです。

おそるべしドンチョの教え。

高校の先生達の事は、担任以外は大して思い出さないのですが
ドンチョの事だけはグラスを洗う度に、何故か思い出してしまう。

何より忘れられない「先生の思い出」になっているハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-05 21:13 | 日記、雑記 | Comments(4)

2度あることは…

昨日、リョウさんとアウトレットにお買い物に行った時のことです。

ちょうどバーゲン中のせいか、駐車場はどこも長蛇の列。
広い敷地を取り巻くように、駐車場に入る車が長い長い列を作っています。

幸いハルばあ達は、少し歩くけれどちょっと離れた所にある
提携駐車場の存在を知っていたので、迷わずそちらに向かいました。

こちらも何台かは並んでいたのですが
アウトレットの駐車場のように、何百メートルも並んでいなかったので
少し待っただけで駐車することが出来ました。

駐車場からアウトレットモールに向かって歩いていると
まだまだ道路沿いに多くの車が駐車の列に並んでいます。

「大変だね。ハルばあ達がさっき通った時に並んでた車
 まだ10メートルくらいしか進んでないよ。
 あの辺の車は、いつになったら駐車できるんだろうね~」

そんな事を話しながら歩いていた目の前で
駐車を待つ停車中の車から運転していた女性が降り、助手席にいた男性と席を交代。

その席を交代している間に少しだけ前の車が動き
数メートルほどの車間が広がったのです。

すると後ろの車の男性があわてたのか、いきなり車を発進させ
ガシャ~ン!

大したスペースもないのに、あわててアクセル踏み込んだのか
かなりの勢いで前の車にぶつかったのです。

ちょうど歩道にいたハルばあ達のまん前で起こった出来事で
かなりの音と衝撃にビックリ!

双方の車からそれぞれ、すぐにカップルが降りてきたので
多分ケガ人とかはなかったようですが、かなりバンパーがへこんでいました。

「驚いたね~大して車間もないのにスゴイ勢いだったね~
 運転ミスかな?あわてたのかな?
 ハルばあ達も気をつけなくちゃね~」

長く列に並んでたりすると注意力が散漫になるので気をつけよう!
そんな話をしながらアウトレットに入りました。


そして今日、ハルばあが郵便局に行った時の事です。
用事をすませ郵便局から出て歩道を進んでいると
右の方にある駐車場から、車が道路に出ようとしていました。

もう歩道に出ていて、車の流れが途切れるのを待っているので
ハルばあは歩道で立ち止まり、車が道路に出るのを待っていました。

するとその車の後ろの次に、駐車場から出ようとした車が
ブレーキを踏むことなく前の車にガッシャーン!
駐車場から出るところなので、当然スピードは出ていないのですが
少し下り気味だったせいか、結構な勢いで前の車にぶつかったのです。
それもハルばあの目と鼻の先で…

やはりその音と衝撃、その近さで、ハルばあは心臓バックバク。
巻き込まれなくて良かった…と思わず思ったほどです。

それにしても自分のまん前で事故だなんて、滅多にない出来事なのに
それが2日続けてだなんて、一体どうした巡り合わせでしょう?

どちらも人身事故でなかったのは幸いですが
目の前で見ていても、何故ぶつかったの?と思うような
絶対に避けられるはずの事故なんです。

しかもどちらも、何故そんなに?というほどの勢いでぶつかったんです。
前が見えていなかったとしか思えません。

2度あることは3度ある。
次はハルばあの番にならないように、明日は車の運転はひかえよう!
そんな事を思った今日のハルばあです。

夏の疲れがでて、注意散漫になりやすい頃です。
皆さんも車の運転にはお気をつけください。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-10-03 19:39 | 日記、雑記 | Comments(6)


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by htokuyama3 at 22:11
こんばんは~ 暫く..
by hazuki72336 at 20:09
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:36
あさがおさんへ お返事..
by haru2010yakei at 17:41
ともさんへ お返事が遅..
by haru2010yakei at 17:38
大人の基礎英語 という英..
by あさがお at 13:25
「女王の頭」という岩を見..
by とも at 09:11
hazukiさんへ 台..
by haru2010yakei at 18:36
salam2002さんへ..
by haru2010yakei at 18:33
こんにちは~ お久..
by hazuki72336 at 15:17

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧