<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

へこんでいます。

このところ体調が今いち。
なぜか筋肉痛に似た痛みと、ハンパない身体のだるさ、めまい等々…
何かをしようという気力が起きません。

それなのに仕事ではゴタゴタ続き。
少ない気力がさらに奪われていく感じです。
最低限の家事と仕事だけで、ここ数日ハルばあの気力体力は失われてしまいます。

風邪なのか、季節の変わり目だからか、それともこれが更年期の始まりなのか。
原因は不明なのですが、とにかく体調が良くなくてずっと寝ていたい気分です。

なのに今朝、少ない気力を振り絞って早起きし、せっかくお弁当を作ったのに
週末からひいていた風邪をこじらせ、咳が止まらないリョウさんは
珍しく「今日は会社を休む」と言い出しました。

リョウさん、風邪をこじらせてかわいそう…と思う前に
「え~、何で早く言わないの。弁当作りがなかったら、もう少し寝られたのに」
とっさにそんな事を考えてしまった薄情な妻のハルばあです。

自分が元気じゃないと、人に優しくするって難しい。
ちょっと反省して、リョウさんを医者に連れて行ってから
仕事に出たハルばあですが、またまたトラブル勃発。

ホント、今年は厄年かって勢いで次々いろんな事が起こります。
でも泣いても事態は変わらないので、ここで一度弱音をはいたら
また明日から頑張ります!

「明けない夜はない」
「冬はかならず春となる」

ハルばあの好きな言葉です。
明日はきっと良い日になると信じて乗り越えます…とここに決意表明!

次にブログをUPする時は、元気なハルばあに戻っていようと思います。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-26 19:54 | 日記、雑記 | Comments(12)

昔は出来たのに…

いつものごとく金曜日は筋肉痛の一日。
昨日のちょっと過激な運動で、あちこち身体がこわばっているハルばあです。

木曜日は毎週、午前中はインディアカ、夜はボクシングの日。
どちらもストレス発散に最高なんですが
ハルばあの最近の体力では、なかなかキツイ運動です。

ボクシングの時は、準備運動の後、まず2分間を2セットの縄跳びをやります。
縄跳びは、大昔まだ小学生だった時以来なんですが
これが思っている以上にシンドイんです。

昔はけっこう長く飛べたし、綾跳びだって2重跳びだって楽勝でした。
小学校では縄跳び検定なんかもあって、けっこう練習もしていました。
だから頭ではそのイメージのまま跳べるつもりでやるんです。
なのに今は、普通に跳ぶのも難しく、すぐ縄に足を引っ掛けてしまいます。

本人はきちんとジャンプしているつもりなんですが
どうも思ったほど身体が上に跳び上がっていないようです。

縄跳びはリズム感が大切なんですが、どうもリズムにうまくのれない。
頭の中のイメージでは、小学生の時のまま軽々跳べているはずなんですが
実際にはほとんどジャンプできず、手と足の動きが今いちバラバラなようです。

たかが縄跳び、されど縄跳び。
年老いた体には、かなり大変な運動なんだとあらためて実感。

でも本職のボクサーのように高速で縄跳びできたらカッコイイと思いませんか?
ミーハーなハルばあは、ちょっとあこがれているんです。

少し体重をおとせば、もっと軽やかに縄が跳べるでしょうか。
そんな夢をみながら、今日も筋肉痛と戦うハルばあに
優しい友人からプレゼントが…

ダイエットの敵!
でも大好きなチョコクランチ。

d0168471_14472437.jpg

「ダイエットは明日から」
やせたいなら、まず間食をやめればいいのはわかっているのに
チョコを食べる前に、まず恒例の決心をしながらも
食べるのはやめられない、根性なしのハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-22 15:11 | 日記、雑記 | Comments(8)

リョウさんの相棒

方向オンチのリョウさんは、車の免許を持っていないので運転はしませんが
ポータブルタイプのカーナビが必需品です。
ひとりで動くときは自転車なので、迷子にならないために持って出るのです。

そんなリョウさんの必需品、我が家のカーナビNavi子さん
以前のブログにも書いたのですが、過去にハルばあ達を
「あわや遭難!」という目にあわせた事もあり、ハルばあにはまるで信用がありません。

突然知らない言語でアナウンスしたり、画面上では道のない所を走っていたり
曲がる道もないところで「右折です」とかウソを教えたり…等々
ホント信じて従うと、場合によっては迷子になる代物です。

他のカーナビを使ったことがないので、比較しようもないのですが
いいかげんなナビにかけては、右にでるもののないNavi子さんです。

でも方向オンチのリョウさんにとっては大切な相棒なので
ハルばあは車で遠出をするときだけ、しかたなしに使っています。

昨日の日曜日、久しぶりに息子一家に会いに行きました。
息子のTakeの家は隣県とはいえ、スムーズに行っても車で1時間半ほど。
どの道を選んでも、途中かならず渋滞する所が何箇所かあるので
どこを通っていくのが一番速いか、いつも課題になっています。

そんなTakeの家に行くのに、Navi子さんは毎回少しずつ違う道順を教えます。
同じ設定にしているにもかかわらず、なぜか毎回違うんです。

たまたま前回通った道が、それまでに比べ割と混まずに行けたので
今回は前回の軌跡をたどって行こうと車をスタートさせました。

途中までは良かったんです。
ああ、この道は前に通ったよね…そう思いながら車を走らせました。

ところが、あと30分くらいで到着かなと思っていたら
突然ナビの画面から自分の車の位置を示す車マークが消え
それまで走っていたはずの正しい道を示すピンクの道路があらぬ方向に出現。

えっ、今わたしどこにいるの!?

あわてて車を路肩に寄せたところで、クルっと画面上の地図の向きが変わり
どうやら脇道らしいところに車のマークが現れて
次の角を曲がれば、前回の道に戻れることがわかりホッ。

「もう!なんで!?」そう怒りながら運転するハルばあに、助手席のリョウさんは
「しかたないよ、機械なんだから。とりあえず、Takeの所に向かってるじゃない」
リョウさん、そんないいかげんなのナビ失格だから…emoticon-0112-wondering.gif

さらにNavi子さんは帰り道でも変な指示を出してきます。
「100m先左折です」と言われ、「え~っ?」と思いながらも一応左折。
その後、少し走っては右折を二回繰り返し、結局もとの大通り戻るという
意味のない遠回りをさせられた上、やっぱり今度も初めての道を
不安と共にひた走り、何とか家路に着きました。

世の中のカーナビがどれも同じだとは思いませんが
こんな適当なナビで方向オンチの人は困らないんでしょうか。

少しでも効率よく走りたいハルばあには、腹の立つNavi子さん。
「でも最後にはきちんと目的地につけるから」とリョウさん。

「目的地にすらつけなかったら、それナビじゃないし…」
ハルばあはそう思うのですが、とにかく方向の怪しいリョウさんにとっては
それでも大事な、遠出のお供、大切な相棒のようです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-18 21:04 | 日記、雑記 | Comments(6)

リフォーム貧乏!?

引越し貧乏という言葉はよく耳にしますが
ただいまハルばあ家は、それに類似したリフォーム貧乏状態です。

せっかく大金かけてリフォームをするんだから
この際不要品は思いっきり処分して、すっきり片付いた部屋にしよう

リョウさんとそう話し合い、何年もの間溜め込んで存在すら忘れていた不用品
いつか使うと言いながら結局一度も出番のなかった不用品など
数年ぶりに大掛かりな整理をしてから、リフォームにのぞみました。

リフォーム後は余分な物が減って、少し広くなった部屋に住めるはず…だったんですが
なんで~!?
かなり物が減ったはずなのに、なんでこんなに部屋中物があふれているの~!?

どうやら、リフォーム前に古くなって壊れていたレンジ台や本棚など
いくつか処分し新しい物に買い換えたのですが
わずかなサイズの違い等で、以前のように入らないものが出てしまったようです。

キッチンや洗面台なども、今までより少し大きくなっただけなのに
その周囲に置いていた物入れが置けなくなったり、棚が吊れなくなったりと
無駄な空間はあるものの、どうしても仕舞えない物が出てしまいます。
しかたがないので、新しい物入れなどを購入。

さらに家具の配置を少し変えたら、TV台が入らなくなったとリョウさんが言い出し
新しいTV台を買い、それに合わせてスピーカー用の棚を買い…と
予定外に買わなくてはならない物が、何故かどんどん増えていきます。

そんな中、昨夜帰宅したリョウさんの手には某電気店の大きな袋が…

d0168471_16262960.jpg

「やっぱり音が前のと比べて格段に違うよ」と嬉しそうなリョウさん。
なんでリフォームに合わせてCDプレイヤーまで新しくする必要があるんでしょう?

どうりでオーディオボードに、棚一段分の空きスペースがあった訳です。
あのスペースにDVDを置けば、もっと小さなTV台で良かったし
スピーカー用の新しい棚もいらなかったのに…

CDプレイヤー自体は、リョウさんが自分でおこづかいを貯めて買ったのでいいのですが
それに伴って買い換えたTV台などは家計費から出ているんですemoticon-0106-crying.gif

綿密な計画もなしに、先に色々買い換えてしまった自分達が悪いのです。
それは重々承知しているんですが、オーディオ関係は私の管轄外の場所なので
なんだか同じ余分な出費でも腹立たしい気分です。

「しようがないよ、お父さんだもん。
 オーディオ関係とカメラだけは目をつぶったら。
 他にはお金を使わない人でしょう」
思わずグチをこぼすと、冷静な娘Meに諭されてしまいました。

今だカーテンは新調できないのに、予定外の物ばかり買うはめになってしまい
後でやってくるカードの請求書を思うと、かなり頭の痛いハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-16 17:04 | 日記、雑記 | Comments(8)

ランドセルの思い出

桜は満開、菜の花も水仙もチューリップも花盛り、すっかり春ですねemoticon-0142-happy.gif

d0168471_1084170.jpg


黄色い帽子に黄色のランドセルカバーの新1年生の子供たちが
楽しそうに小学校に向かう姿を見ると、ほのぼのした気持ちにさせられます。

ハルばあには、そんな子供たちの真新しいランドセルを見ると思い出す
ちょっとほろ苦い思い出があるんです。

それは40数年前の忘れもしない夏のある日のこと。
保育園の年長さんだったハルばあは、その頃大きな古い団地に住んでいました。

かなり降雪の多い土地柄のせいなのか
その団地は屋根付きの外廊下が広い中庭を囲むようにあり
その外廊下で何棟か繋がっているような形でした。

ある日、ひとりで外で遊んでいた保育園生のハルばあは
中庭の向こうに見える外廊下を歩いている女の子を見かけました。

どうやら小学生らしく、その女の子はランドセルを背負っていました。
そのランドセルがなんとキレイなピンク色だったんです。

その小学生はすぐ通りすぎただけだったんですが
背負っていたピンク色は、ハルばあの中にかなり強い印象を残し
自分も小学生になる時は、絶対にピンクのランドセル!と強く決心しました。

今でこそ何色もあって色々選べるランドセルですが
40年以上前の田舎では、女の子は赤、男の子は黒
それが当たり前で、それ以外の色は売っていなかったらしいのです。

だから当時のハルばあが「見た!」と思っている女の子のランドセルも
もしかしたら見間違えなのかも知れません。

でもまだ幼かったハルばあは、そんなことはわかりません。
今のようにTVでCMを見るわけでなし、デパートなんかめったに行けなかったので
ピンクのランドセルがお店で売っていないなど
当時のハルばあには知る由もありませんでした。

「ランドセルはおじいちゃんに買ってもらう」と思い込んでいたハルばあは
さっそく父方のおじいちゃんに手紙を書きました。
「おじいちゃん、絶対ピンクのランドセルを買ってください」と。

手紙を読んだ母は、そんな色は売っていないから
きっと祖父はごめんねと言いながら赤いランドセルを送ってくるだろう
そう思いながら、ハルばあの手紙を送ってくれたそうです。

ところが手紙を送られた祖父にとって、遠くに住んでいてもハルばあは初孫。
日頃なかなか会えない分、初めて言ってきたおねだりだから
何が何でも叶えてやろうと思ってくれたらしいのです。

しかしピンクのランドセルは、どこを探しても売っておらず
問屋に問い合わせても、やはり見つからなかったようです。
困った祖父はランドセルを作っている工房を捜し
革をピンクに染めて、ランドセルを作ってもらったらしいのです。

今になって考えると、完全オーダー品ですから
一体いくらかかったんだと、そら恐ろしくなりますが
おじいちゃんは初孫のたっての頼みと、そうとう無理をしてくれたようです。

そんな事とはつゆ知らず、届いたパステルピンクのランドセルを見て
6歳だったハルばあは大喜び!

さっそく「おじいちゃん、ありがとう!」のお手紙を書き
入学式前からランドセルを背負った写真をたくさん撮ってもらい
それを背負って小学校に行く日を指折り数えて待っていました。

そして待ちに待った入学式の日。
あんまり嬉しくて周囲の様子がまるで目に入ってなかったハルばあですが
教室に入りランドセルを置いた時に、ようやく気がつきました。

赤と黒以外のランドセルを持っている子は他にいないと…

その学校ではランドセルは教室の廊下側の壁に
並べてかけておくことになっていました。

赤と黒のランドセルの並ぶ中、ハルばあのパステルピンクの目立つこと。
思ってもみなかった事に、かなりのショックをうけていました。
そこにいたって、ようやくよそのお母さん方の「珍しい色ね~」の声が
耳に入ってきたハルばあ。

急にピンクがものすご~く恥ずかしくなってしまって
ランドセルをかけた壁を見るのも嫌になりました。

子供のハルばあの目に、さっきまでキレイだったピンクが
単なる悪目立ちにしか見えなくなってしまいました。

けれど子供ながらに、自分でおじいちゃんに頼んだ物ということは
ちゃんと理解していたので、今さら恥ずかしくてイヤだとは言えません。
親にも、もちろん祖父にも絶対「ピンクはイヤだ」と
言ってはいけない事だというのだけは理解していました。
でもその日から、ピンクのランドセルが憂うつの種になってしまいました。

そんな風に始まった小学校生活ですが
父の仕事の都合で、6年間のあいだに2回転校しました。

どこに行っても「ピンクのランドセルって初めて見た」と言われます。
私もみんなと同じく、赤いランドセルが欲しくてたまりませんでしたが
やはりこれも親に言ってはいけない事とずっと我慢していました。

本当に自分のランドセルが大嫌いで大嫌いで
一日でも早く壊れてくれないかと、けっこう乱暴に扱ったりしました。

でも丁寧に作られたランドセルは丈夫で壊れることはありません。
ただ色が薄いので、汚れと傷が目立つだけでした。

小学校を卒業した時に、表面がボロボロになったランドセルを捨てるのに
なんの未練もありませんでした。

そんなハルばあも大人になって、当時を思い出すとちょっと苦い気持ちになります。
祖父が無理をして買ってくれたランドセルをもっと大切にすれば良かったと…
みんなと違って恥ずかしいではなくて、もっと自慢の品として扱えば良かったと。

子供の浅はかさとはいえ、おじいちゃんの優しい想いを
蔑ろにしてしまった気がして、今さらながらちょっと自分が恥ずかしくなります。
もっとあのランドセルを大切にすれば良かった。

毎年この季節になると当時の苦い思いと共に、今は亡きおじいちゃんを思い出す
薄情な孫だったハルばあです。

d0168471_11243328.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-15 11:43 | 日記、雑記 | Comments(4)

デコスクーターと桜

東日本大震災から昨日で一ヶ月。
まだまだ大きな余震が連日続いています。
この余震が一日も早くおさまり、少しでも早い復興をただ祈るばかりです。
日本中のみんなに笑顔が戻りますように。



昨日はハルばあ、定期検診のため病院に行きました。
そこで久しぶりにあのデコスクーターを見たのです。

d0168471_19264213.jpg

しかもさらにパワーアップして、下のほうが金色になっているし…

お日様に照らされて一段とキラキラのスクーター。
本当にこんなの他で見たことありません。
一体、どんな人がコレに乗っているのか気になってしかたないハルばあです。


毎年、桜を見るとウキウキ、ハルばあ思わず笑顔になってしまいます。
週末は所用で忙しく、お花見に行けなかったので
せめてもと、病院の帰りに近くの公園に立ち寄りお花見しました。
満開の桜を見ているだけで、明るい気持ちになってきます。

東北地方にも桜が咲いて、少しでも被災された方々の心の慰めになるといいですね。

d0168471_19381778.jpg

d0168471_19384981.jpg

d0168471_1939347.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-12 19:47 | 日記、雑記 | Comments(10)

久しぶりの運動で…

昨日は東日本大震災後、はじめてインディアカの練習がありました。

といってもハルばあの住む市では、4月いっぱい体育館は使用中止となっています。
近隣の市町村は体育館の使用を再開したのに、我が市ではまだダメだそうです。

ハルばあの住む市は、生涯スポーツ振興に力をいれているため
市内には総合体育館の他に、地域ごとに図書室と会議室、調理室、体育館を
併設した市民センターが11ヶ所あるんです。

震災後、同じように使用中止だった市民センター内の会議室と図書室は
4月1日から使用が再開されたのですが
体育館は電力を多く使用するため、他市と違って11ヶ所もある体育館の使用は
まだまだ許可できないということらしいです。

そろそろ運動を再開したい我がチームは、どこかで練習できないか捜しまわり
隣の市の体育館にコート1面分の空きを見つけ
そこを4月中3回だけ借りられたので、昨日から練習再開となりました。

久しぶりの練習とあって、春先は何かと忙しく休みの多いメンバーも
昨日はけっこう顔をそろえ、総勢20名での練習となりました。

コートは1面ですから、当然待ち時間も多いのですが
久しぶりのインディアカとあって、いつもより練習量が少なくても
みんなニコニコ、交代でコートに入り久しぶりの運動を楽しみました。

さらに夜は、こちらも久々の再開となったボクシング・フィットネスへ。
こちらのメンバーもほぼ1ヶ月ぶりの運動にやる気満々。
色々溜まっていたストレスを、思いっきりサンドバックにぶつけていました。

そして当然のことながら、今日のハルばあ筋肉痛で泣きそうですemoticon-0106-crying.gif
嬉しさあまって頑張りすぎたみたいです。
スポーツはお休みしていたけど、自転車通勤で身体を使っていたから
筋肉はおちていないと思ったし、体はついていけると思っていたのに…

それでも思いっきり身体を動かすって、ホント気持ちがいいものです。
あとの筋肉痛はキツイけど、心身ともにリフレッシュした感じです。

日本は今、未曾有の事態に大変な時だけど
季節は春。
いろんなものが生まれる季節。

新しい気持ちで前向きに頑張ろう!
そんな事を思い、ちょっと心のパワーチャージしたハルばあでした。

d0168471_15433973.jpg

d0168471_15451175.jpg

[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-08 15:47 | スポーツ | Comments(10)

「てをつなごう だいさくせん」

新しい話題に取り残されがちなハルばあが、ようやく知った
とても素敵なプロジェクトがあるので紹介したいと思います。

NHKキャラクターの「どーもくん」の生みの親
合田さんが始めたプロジェクト「てをつなごう だいさくせん」

ミッフィーやエルモなど国境をこえてキャラクター達が
被災された人々を応援しています。

大変な現実に向き合っている子供たちや頑張っている人々に
笑顔になってもらおうと始めたプロジェクトだそうです。

ホッと心が和む雰囲気で、すばらしいプロジェクトだと思いました。
辛く不安なニュースの多い中、ぜひ多くの子供たちに見せてあげたい。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-04 21:03 | 日記、雑記 | Comments(4)

あるブログを読んで

皆さんはすでにご存知かもしれませんが
無知なハルばあは、今日まで全然知らなかったので
一応、ハルばあみたいな方のために紹介します。

糸井重里さんが紹介したという、震災被災地にいかれた看護師さんのブログです。

一気に読んで、涙が止まりませんでした。
TVなどで被災地の様子を見て、実際はもっと大変なんだろうとは思っていました。
でも、このブログを読んで本当の被災地の現状
そして被災された方々の状況や思いをあらためて知りました。

またそんな被災地で全力以上の力で、被災地の方達のために働く多くの方々。
胸がいっぱいになって、言葉も出ませんでした。

ハルばあには想像以上に大変な状況の被災地で、働く体力も技術もありません。
無理にその地に行っても、足手まといにしかならないのは目にみえています。
悲しいかな今の被災地での救援は、プロにまかせるしかありません。

今、自分にできること。
節電、義援金、支援物資の協力、そして本当の被災地の状況を回りに伝え
長期間にわたる復興のために、みんなでずっと協力するのを忘れないこと。

被災地の方々を思えば、私達が泣いているわけにはいきません。
しっかり顔を上げて前を向き、やるべき事をしっかりやって
日常生活を保ち、経済をささえる一端になること。

限界以上の中で生活する被災地の方々に、これ以上頑張れとは言えません。
それ以外の地に住む私達が、普段通りの生活が出来る幸せに感謝して
これからのまだまだ続く未来のために、自分なりに頑張っていこうと思いました。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-02 18:00 | 日記、雑記 | Comments(4)

春がきた

何度か書いている通り、ハルばあ家は東京の外れにあります。

もともと都心部に比べ、電車の本数は少し少なめな上に
震災後は計画停電の影響で、ハルばあ家の沿線は途中までしか電車が運行されなかったり、運転本数が極端に少なかったりして、通勤通学の方々は大変でした。

でも、このところの陽気のせいか、計画停電の中止が続き電車の運行状況も安定したし
仕事先の停電に合わせた変則的な営業も、ほとんど元に戻ってきました。

そんな訳で、ようやくハルばあも電車でお出かけできる余裕が出来ました。

こんな時だからこそ、被災地以外に住んでいる人達は
いつもと変わらない毎日を送って、経済を安定させ復興の後押しをすべき!


そんな意見に賛成の友人のK子さんとハルばあは
きのう電車で30分ほどの街まで、映画を観に行ってきました。

実は震災当日に見るつもりだった「ツーリスト」
アンジェリーナ・ジョリーが相変わらずステキ!で、ジョニー・ディップも平凡な教師というには素敵すぎましたが、なかなか楽しめる映画でした。
映画の後は久しぶりにオシャレなカフェで、ランチしながら、おしゃべりを楽しみました。


そして今日は、散歩がてらヘアカットに行ってきました。
歩いているとあちこち花が咲き誇っています。
菜の花も満開です。

d0168471_2272535.jpg

例年より長かった冬がようやく終わりをつげ
本格的な春がやってきたんだ~と、あらためて実感できました。

気持ちに余裕がないと、花を見てキレイだと思うこともできません。
咲いている花に気づけないような、張りつめた気持ちのままでは
自分の事ばかりで、本当に人を思いやる事ができない気がします。

名前は東京とはいえど、この辺りでは、まだまだ桜は咲かないけれど
ここ数日の暖かさで蕾がふくらみ、たぶん来週にはピンクの桜が見られるでしょう。
きっと、桜が明るい気持ちを運んできます。

節電を楽しみ、自分が出来るだけの事をやったら
あとは毎日を一生懸命楽しく生きるのが、なにより大事なこと。

咲き誇る菜の花を見ながら、そんなことを考えた今日のハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-04-01 22:50 | 日記、雑記 | Comments(0)


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

お気に入りブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by htokuyama3 at 22:11
こんばんは~ 暫く..
by hazuki72336 at 20:09
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:36
あさがおさんへ お返事..
by haru2010yakei at 17:41
ともさんへ お返事が遅..
by haru2010yakei at 17:38
大人の基礎英語 という英..
by あさがお at 13:25
「女王の頭」という岩を見..
by とも at 09:11
hazukiさんへ 台..
by haru2010yakei at 18:36
salam2002さんへ..
by haru2010yakei at 18:33
こんにちは~ お久..
by hazuki72336 at 15:17

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧