カテゴリ:お出かけ ( 89 )

日帰りバス旅行 雨の伊豆

子供が幼稚園の頃の役員仲間3人と日帰りバス旅行に行ってきました。

「伊豆網代の名店で伊豆を食う みかんの花咲く丘で甘夏みかん狩り」というツアー。
せっかく久々に4人でバス旅行なのに、あいにく朝から冷たい雨が降っています。
それでも美味しい物が食べられるのを楽しみに出発。

バスの中では、おしゃべりに花が咲きます。
考えてみたら、あの役員時代から20年くらいたっているんだね~
そんな事に気づき、私達のおつきあいも20年になったんだと感慨深くなりました。

ハルばあ以外は親や姑と同居で、この20年の間に介護をしたり、最期を看取ったり
それぞれが色んな事情で忙しく、年に一度集まるくらいしか出来ませんでした。

それがここ1年半くらい前から、ようやくみんな自分の時間が持てるようになり
2ヶ月に一度くらい食事に行ったり、たまにはバス旅行に出かけたりしています。

そんな訳でたまに会うとオシャベリが止まりません。
現地到着まで3時間近いバスの中でも、ちっとも退屈することはないのです。

でも今回のツアーは、何故か年配の方が多く、また一人参加の方がかなりいて
いつも行くバスツアーと違って、バスの中がすご~く静か。
それでもオシャベリが止まらないハルばあ達は、自然とヒソヒソ声で話していました。

雨の中、伊豆半島を海沿いにバスは走るのですが
海はグレーで、どんより雲も出ていて、空との境目がわからないくらいです。

「晴れていたら向こうに初島がみえるんですよ」と添乗員さん。
でも雨で何にも見えないし、海が見えてもテンション上がりません。

お昼より少し早く網代の「福寿丸」というお店に到着。
ここでお昼をいただきます。
d0168471_1841441.jpg

おさしみがすご~く美味しくて、感激!
プリプリした伊勢えびの甘さに、いきなりテンションが上がりました。

d0168471_1845740.jpg

あわびのおどり焼きを食べたのも初めてです。
「この食べ方、けっこう残酷だよね」とか言ってたのに
焼きあがって口に入れると滅茶苦茶おいしく、アッという間にたいらげます。

伊勢えびの頭の入ったお味噌汁も飲んで、大満足のお食事でした。
このおいしい食事だけで「もう雨でも許せちゃう」
そんな風に思ってしまった食いしん坊のハルばあ一行です。

食事の後は、城ヶ崎海岸に行って吊り橋を渡ったり散策の予定でした。
が、添乗員さんが「雨でかなり足元がキケンなので、予定を変更します」とのこと。

代わりに、大室山にツツジを見に行こうと提案されたのですが
ツアー客の一人から「あそこのツツジはもう終わりよ」と声がかかりました。

あわてて添乗員さんが観光協会に電話すると
やはり花の見頃は終わっているので行ってもムダとの回答。

「じゃあ、どうしましょう?」
そんな事を言われても、ハルばあ達ツアー客はどうしていいかわかりません。

ツアー客から特にリクエストがないからと
添乗員さんの提案で、一碧湖に行くことになりました。

一碧湖は「伊豆の瞳」と呼ばれるひょうたん型の景観の美しい湖なんだそうです。
d0168471_18593335.jpg

でも、雨。
当然、ハルばあ達バスツアー客以外、誰もいません。

雨の中、湖を見たら後は何もすることはありません。
少し肌寒いので、温かいコーヒーでも買おうかと思っても
自販機には冷たい飲み物しかないし、唯一ある売店はお店を閉めています。

みんなやることもないので、サッサとバスに戻るしかありません。
一碧湖、完全に行ったというだけ。

次はおみやげ物屋さんに向かいました。
こういうツアーのお約束ですが、ここではみんな目の色が変わります。
伊豆の名産、干物など海産物を味見しては次々買っています。

中には大きな袋を両手で持っている人もいてビックリ。
どうやら買い物のために、このツアーに参加している人もいるようです。

ハルばあ達の後ろの席に座っていた一人参加の年配の女性は
昨年も同じツアーに参加して、色々買い物をしたと言っていました。

お買い物のあとは、甘夏みかん狩り。
でも添乗員さんが言いました。

「雨がひどいので、みかん狩りは中止にさせていただきます。
 でも、お店には向かいますので試食してください。
 そして甘夏ではなく伊豆の名産ニューサマーオレンジをお持ち帰りいただきます」

結局ハルばあ達一行は、みかん園の入り口にある売店に行き
それぞれ甘夏やジャムなど試食して、やはり多くの人が大量の甘夏を買いました。

それでその日の予定は終了、後は帰るだけ。
でもさすがに時間が早すぎるので
もう一軒小田原の蒲鉾屋さんに急遽立ち寄ることになりました。

ここでも試食、そしてお買い物。
みんな一体どれくらい買い物しているんだと、ハルばあチョット驚きです。

帰りは少し渋滞に巻き込まれ、それでも予定時間より30分以上早く到着。
食事をした以外は、買い物してバスに乗って、他には何もないバス旅行でした。

それでも4人そろって美味しい物食べて、たっぷりオシャベリできたから
雨に祟られたけれど、あまり悔しくない一日でした。


ツアーのお土産「ニューサマーオレンジ」とジャム。
d0168471_19431689.jpg

地方によっては「日向夏」とか「小夏」と呼ばれるものだそうです。
d0168471_19294480.jpg

食べる時は、こうやってリンゴのように表皮をむいてから、食べやすい大きさに切り
後は内側の白い部分も一緒に食べるのだそうです。
苦味もなく、甘くて美味しいオレンジでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-16 19:48 | お出かけ

「あしかがフラワーパーク」ふたたび

一体、どれだけ藤の花が好きなんだ…(決してそうではないのですが…)
そんな声が聞こえてきそうですが、昨日また「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。

今回は、最近すっかりカメラ女子になっている娘Meも連れて3人で出かけました。
もちろん今回も4時起きで5時出発。

高速を乗り継いで、前回より早く6時45分に到着したのに
前の時よりすでに車がいっぱいで、駐車場は半分以上うまっているし
入り口付近には、かなり多くの人が開園を待っています。

急いでチケット売り場に並び入園すると…
前回とは大違い、白藤のトンネルがちゃんと出来ています。
d0168471_2028514.jpg


あの大藤だって、こんなです。
d0168471_20302897.jpg

この大藤は紫藤なので、本当の見頃は先週だったらしく
少々花も枯れ始めていたのですが、それでも前回の枝だけに比べたら
一本の木でコレだけ枝が伸び、花を咲かせていると思うと感動です。
d0168471_2033287.jpg

d0168471_20335538.jpg


お天気も良かったので、黄藤の花が青空に映えてキレイです。
d0168471_20352680.jpg

d0168471_20355774.jpg

d0168471_20362270.jpg

黄藤は今が見頃のようです。

シャクナゲはそろそろ盛りを過ぎたとはいえ
園内どこもかしこも、29日に来たとき以上に見事な花々が咲き乱れています。
d0168471_20395291.jpg

d0168471_20402262.jpg

d0168471_20405227.jpg

d0168471_20412275.jpg

d0168471_204299.jpg

リョウさんもMeも、夢中で写真を撮りまくり。
このアングルがいいとか、光の加減はこちらがいいとか
どれだけ写真を撮れば気がすむんだと思うほど、ずっとシャッターを押している二人。
でも周囲を見渡せば、一眼レフを持った同じようなおじさん達がいっぱいでした。

「奇跡の藤」と呼ばれる、移植に成功し立派に花を咲かせている
県の天然記念物の「足利の藤」もそれは見事でした。
d0168471_20511061.jpg

d0168471_20514451.jpg

d0168471_2155878.jpg


本当にフラワーパークの名に恥じない、園内どこを見ても見事な花達に感動!
来年こそはしっかりネットでチェックして、紫藤の見頃ピッタリに又来よう。
そう決心して9時すぎには、フラワーパークを後にしました。

それにしても、朝7時でこの人出です。
d0168471_2111382.jpg

9時に出た時は前回と違って、駐車場前に長い列がないと思ったら
離れた所に臨時駐車場が2箇所も出来ていて、そちらにどんどん車が入っていきます。

やはり「あしかがフラワーパーク」に来る時は、4時起きだけは免れない…
しみじみ思ったハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-14 21:22 | お出かけ

今度は亀戸天神

藤の花の開花が今いちで、ちょっとがっかりだった「あしかがフラワーパーク」に行った翌日
リョウさんが「今日は亀戸天神」に行こうと言いました。

亀戸天神はこれまた藤で有名な所で、ちょうど「藤まつり」の最中だというのです。
「そんなに咲き誇った藤の花の写真が撮りたいんだ…」と思いましたが
せっかくのお誘いなので、カメラを持って朝から電車でお出かけしました。
d0168471_1723781.jpg

亀戸天神は先月「亀戸天神御鎮座三百五十年祭」を迎えた歴史ある神社です。
ゴールデンウィーク中の上、「藤まつり」中のためか、かなりの人出です。

ところが…肝心の藤の花というと…
d0168471_1731611.jpg

栃木だけでなく、都内も開花が遅れていたようです。残念…
d0168471_17332975.jpg

それでもめげずにリョウさんは愛用の一眼レフで写真を撮りまくっています。
d0168471_17355361.jpg

スカイツリーもよく見えます。

d0168471_17364066.jpg

亀戸天神はもちろん亀がたくさん飼われています。
写真は数匹ですが、池の中を見るとウジャウジャというくらいいます。

d0168471_17391246.jpg

お参りの方もたくさんいて、初詣以外でこんなに並んでいるのを見たことがありません。

亀戸天神を出た後は、歩いてスカイツリーを見に行きました。
d0168471_17435436.jpg

まもなく開業をひかえているスカイツリーの足元にはたくさんの人が来ていました。
d0168471_17445157.jpg

真下から見るスカイツリーはこんな感じです。
d0168471_17513411.jpg

いつかスカイツリーの上から撮った写真を載せたいな~と思いますが
ひどい高所恐怖症のハルばあ、そんな日が本当にやってくるんでしょうか?

暑い日だったけれど、川沿いにある有名な「じゅわり」で熱々の肉まんを食べました。
d0168471_17565798.jpg


お店を出て歩いていると、あのゆるキャラ「おしなりくん」にも会えました。
d0168471_17583637.jpg

一緒に写真を撮ってもらう列についつい並んで
ツーショット写真を撮ってしまった、ちょっとミーハーのハルばあです。

そこから浅草に向かって歩きました。
d0168471_181156.jpg

せっかくだから水上バスにも乗りたかったけれど、乗り場はすごい大行列。
やはりゴールデンウィーク、並みの混み方ではありません。

浅草側の吾妻橋から見るスカイツリーは今写真のベストスポットだそうで
すごい数の人達が写真を撮る順番待ちをしていました。
あまりに並んでいるので、ハルばあはベストよりちょっと横側で撮ってみました。
d0168471_1843922.jpg

それにしても、アサヒビール本社のモニュメントは
何度見てもウン○に見えてしまうのは、きっとハルばあだけではないと思います。

予想していたとはいえ、浅草はものすごい人混み。
浅草寺の雷門前は人でごったがえし、写真を撮るのも大変なくらいです。

結局、浅草観光はまたにして、そこからJR浅草橋まで散歩をかねて歩きました。
あれだけスゴイ人だったのに雷門から200~300mも歩くと
人はグンと減り、お休み中で多くの会社やお店の閉まった街は閑散としていました。

歩数計によると、この日は25000歩以上歩いていました。
お目当ての見事な藤が、またも見れず残念だったけれど
二人で良い運動が出来て、楽しく観光客気分にもなれたので
それなりに連休2日目を満喫したハルばあでした。

でもきっと今頃、藤の花は満開で、見事な藤棚なんだろうなぁ~
[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-12 11:00 | お出かけ

ハルばあ、藤の花を見に行く

ゴールデンウィーク初日、29日に栃木県にある「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。

ここは藤の花が有名で、毎年この時期は数多くのバスツアーが企画されている所。
藤の花の種類によって開花時期が違うので、何度も訪れる人も多いそうです。

ハルばあも、以前からずっと行ってみたいと思っていたのですが
とにかく藤の季節はすご~く混むと聞いていて、道路も大渋滞なのだとか。

それを聞いて出かけるのを躊躇していたハルばあに友人が一言。
「大丈夫よ。早く家を出て開園直後に入れば、どこも混んでいないから」

では、ハルばあ達もそうやって行きましょうと
開園時間を調べてみると、なんと朝7時開園…

「じゃあ、明日は5時に家を出ればいいから、朝4時に起きればいいね」
28日の夜、リョウさんがそう提案しました。

そして29日、朝4時に起きてハルばあの運転で一路栃木県の足利市へ。
さすがに朝早いので、連休中といえど高速は順調に流れていて
予定通り7時少し過ぎには「あしかがフラワーパーク」に到着。

こんなに朝早くから来ている人がいるのかと思っていたのですが
ハルばあ達が到着した時には、一番近い駐車場はもう満車。
すでにけっこうな人出でビックリでした。

ここのおもしろいところは、開園時間、入場料が花の咲き具合で変動するのです。
4月18日~5月20日の期間は900円~1700円。
ちなみに29日は1400円でした。
d0168471_13491195.jpg

広い園内を写真を撮りながら歩きました。
しかしお目当ての藤の花はこんな感じ。
d0168471_1350541.jpg

このフラワーパークの藤は、薄桃色、紫、黄色、白の順で開花するそうで
本来なら紫が満開でもいい時期なはずなのに、薄桃色ですら満開ではありません。

今年は梅や桜の花同様、藤も開花がかなり遅れているそうです。
枝の近くは咲いているけれど、先の方はまだ蕾のままです。
d0168471_13543230.jpg

それでも日当たりの良い所の藤は、遠目に見ると満開に見えるのですが
近くに寄ってみると、やはり先の方まで花が開いているものはほとんどありません。

d0168471_13571957.jpg

天然記念物に指定されている樹齢150年の「足利の大藤」もこんな感じ。
あちこちに作られている藤棚も、ほとんど花が咲いていません。
すご~く楽しみにしていたので、ちょっとガッカリ。

でもフラワーパークというだけあって、藤以外にも色々な花たくさんが咲いていて
すごくキレイで見ごたえはありました。
d0168471_1425542.jpg

d0168471_1432611.jpg

d0168471_143523.jpg

特にしゃくなげは今が満開。
いろんな種類のしゃくなげの花が、どれも満開状態でそれは見事でした。


d0168471_1453476.jpg

9時くらいには園内の売店も開き、「とちおとめソフト」を食べながら一休み。
このソフトクリーム、イチゴ味が濃厚で本当に美味しかったです。

その後も写真を撮りながら、かなり広い園内を散策。
d0168471_1481698.jpg

d0168471_1411832.jpg

d0168471_14113989.jpg

お目当ての藤の花の見ごろには早かったけれど、たくさんの花の写真を撮って
それなりに満足して、10時半過ぎにフラワーパークを出ると
普通車は300台入れるという駐車場はすでに満車。
それどころか、駐車場に入るのを待つ車の列が延々と続いています。

あの国道の先まで続いている、長い長い車の列の最後尾の人が
フラワーパークに入場できるのは、一体何時頃なんだろうと思うと
早起きして良かった!としみじみ思ったハルばあです。

外に出てもまだ午前中だし、せっかく足利まで来たことだからどこかに寄ろうと
そこから車で20分ほどの「足利学校」に行ってみることにしました。
d0168471_14223227.jpg

室町時代から明治時代まで続いた歴史的にも有名な「足利学校」
その昔は易学、兵法などを教えていたそうで、かなり有名な学校で
あのフランシスコ・ザビエルも故郷に宛てた手紙に、その存在を書いていたそうです。
d0168471_14292253.jpg

d0168471_14265526.jpg

ボランティアのガイドの方達がたくさんいて、色々話を聞かせてくれます。
d0168471_1428467.jpg

d0168471_14295549.jpg

中にはこんな漢字テストの用紙も置いてあったり、見事なお庭があったり
思っていた以上に見ごたえのある「足利学校」跡でした。

その後は朝早かったこともあり、高速が混まないうちにと3時過ぎには帰路に着きました。

それにしても満開の「足利の大藤」が見られず残念な足利行きでした。
5月半ば頃に、また4時起きしてリベンジだ!
帰りの車でそう強く決意したハルばあです。


※さっきネットでHPをチェックしたら、一気に花が咲き、紫も白も今が満開のようです。
 ハルばあが見たかった天然記念物の大藤も、白の藤棚も今が見ごろだそうです。
 …今週末には行けそうにないのに…

[PR]
by haru2010yakei | 2012-05-09 14:49 | お出かけ

ハルばあ、チューリップまつりに行く

今日はあいにく今にも雨が降りそうな曇り空ですが
箱根旅行から帰った翌日の15日日曜日は、かなり良いお天気でした。

その日、息子Takeが休日出勤なので「子供たちと行ってもいいですか?」と
お嫁さんのノンさんが、2人の孫を連れて遊びにきてくれました。

せっかく良いお天気なので、外に出かけようということになり
羽村市で行われている「チューリップまつり」に行くことにしました。

話には聞いていましたが、実際に「チューリップまつり」に行くのは初めてです。

羽村市は多摩川沿いの河川敷に桜並木があり、春は「さくらまつり」
それが終わると「チューリップまつり」と続き、毎年多くの人が訪れるようです。

桜に比べ、チューリップは開花期間が長いので「チューリップまつり」も4月29日まで続きます。
区画によって開花時期の違う品種を育てているので、長く楽しめるようです。

チューリップを見に行こうというと、孫のハー君は大喜び。
行きの車の中では、保育園で習ったという「チューリップ」の歌をずっと歌ってました。

d0168471_189395.jpg

思っていた以上に広い面積に、色取り取りのチューリップが咲いています。
赤やピンク、黄色にオレンジのチューリップ畑がとってもキレイです。
まだまだ咲いていない畑もあるので、これなら確かに来週以降もチューリップが楽しめそうです。
d0168471_1820043.jpg


チューリップ畑の周りには、地元の商店や観光協会のテントがたくさん出ていて
食べ物や飲み物、野菜の即売会などもあったりして、おまつり気分も盛り上がります。

この日は地元のお囃子連も出ていて、さらに気分はウキウキ。
でもハー君はキツネのお面が恐かったらしく、しばらくしがみついて離れませんでした。

それでも「大丈夫。ばあばは強いから一緒にいたら恐くないよ~」と何度も言うと
ようやく元気になって「チューリップ~」と言いながら、畑の畝を走り回っていました。

お天気が良かったせいか、けっこうな人出でしたが
かなりの広さなので混み合っている感じもなく、ゆったり歩き回れました。

ラッキーなことに、チューリップ畑のそばの河川敷には、まだまだ桜が咲いていて
桜の下で、多くの人がお花見を楽しんでいました。
d0168471_18274176.jpg

1キロ以上続く桜並木は満開で、今年はお花見をあきらめていたハルばあだったのに
風に散る桜吹雪も見れて、すごくキレイで感動しました。

それにしても、元気いっぱい走りまわれるようになったハー君を追いかけるのは大変。
もっともっと写真を撮りたかったのですが、孫連れでは中々難しかったです。
孫の相手も体力勝負だと実感042.gif

「チューリップまつり」の帰り道、友達が教えてくれた小さな公園へ立ち寄りました。
ここは住宅街にある小さな公園なんですが、枝垂桜がたくさん咲いているというんです。
d0168471_18411110.jpg

色の濃淡のある何本もの枝垂桜が見事に咲いていて、本当にキレイ。
d0168471_18424396.jpg

d0168471_18432699.jpg

20本くらいの枝垂桜が満開で、それはそれは見事です。
こんな人通りの少ない所に咲いているなんて、もったいないほどの光景です。
素敵な公園を教えてくれた友達に感謝!

お嫁さんと孫と一緒にキレイな花をたくさん見れて、先週は最高の日曜日になりました。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-04-21 19:02 | お出かけ

ハルばあ、コンサートに行く

はじめに…今日の話題は、かなりマニアックですが、ご容赦ください。

昨日、渋谷公会堂で行われたYESのコンサートに行きました。
YESなんていっても、大半の方が知らないと思います。

YESは1969年デビューのイギリス出身のプログレッシブロックバンドです。
とにかくいろんなメンバーが出たり戻ったりと、入れ替わりの激しいグループですが
とりあえずYESという名の活動は、40年以上続いています。

ハルばあは中学生の頃から、ちょっと生意気なロック大好き少女で
それも当時流行っていたポップ調のものより、マニア受けする彼らのほうが好きでした。

今回は9年ぶりに来日するというので、チケットを取り一人で行ってきました。
…というか周りの友人たちはYESなんて知らない人ばかりですから…

会場内に入ってみると、あたりまえですが40代後半から50代の男性がほとんど。
会社帰りのサラリーマン風が大半を占めています。
女性は1割ほどしかいません。

しかも周りを見渡していると、7割以上が一人で来ているみたいです。
今だ熱狂的なファンがほとんどでしょうけど、ハルばあと同じで
きっと今の自分の近くには、同じようなコアなファンはいないんじゃないのかなって思います。

肝心のコンサートですが、懐かしいナンバーから比較的最近のものまで
それこそ主要メンバーは60代なのに、今だすごいテクニック!
頑張ってるな~、懐かしいな~って感じでした。

でもものすごく残念な事に、ハルばあが一番好きなボーカルが替わっていたんです。
ハルばあ、ジョン・アンダーソンのちょっとかすれた揺らぎと深みのある声がすきだったのに。

さすがのジョンも、年齢には勝てなかったのか(もう67歳だそうですから)
どうやら体調を壊しYESを抜け、その間に新しいボーカルが入ったみたいです。

45歳だという今回のボーカルのベノワも歌は上手いし、ジョンと雰囲気が似ていますが
やはりハルばあにとってYESはジョンの声があってなんですよね…

もちろんギターもベースも素晴らしかったし、懐かしい曲の数々も楽しめましたが
ハルばあには、ちょっと不完全燃焼気味のコンサートでした。

             
[PR]
by haru2010yakei | 2012-04-20 18:48 | お出かけ

ハルばあ、イチゴ狩りに行く

それはリョウさんの還暦のお祝いの席での事。

孫のハー君はイチゴが大好きで、デザートについていたイチゴを
「イチゴちゃん、ちょうだい」と言って、全員の分もらって食べたのです。

そんなハー君を見ながら、お嫁さんのノンさんが言いました。
「昨年、イチゴ狩りに連れて行った時もすごかったんですよ。
 まだ1才8ヶ月くらいだったのに、ものすごい量を食べ続けて」

「へぇ~そうなんだ。
 でも土の上は歩きにくいから、ハー君しゃがんでイチゴ採るの大変だったでしょ?」
そう言ったハルばあの言葉を聞いた瞬間、リョウさんや子供達は大笑い。

「お母さん、一体いつの時代のイチゴ狩りの話してるの?
 今は水耕栽培で、イチゴは土なんかに植わってないの。
 水耕栽培の棚だって高さがあるから、立ったままイチゴを採るんだよ」

ハルばあ、あまりイチゴ狩りに興味もなかったんで知りませんでした。
そんな時代遅れのハルばあに、今のイチゴ狩りを体験させようと話が決まり
週末、Take一家と埼玉県越谷市にある「越谷いちご観光農園」にイチゴ狩りに行ってきました。

ここは30分1600円で食べ放題で、まず入口で小さなバケツとはさみを渡されました。
温室は品種ごとに分かれていて、その日は「章姫」「とちおとめ」「紅ほっぺ」の3種類が食べられました。

まずは「とちおとめ」の温室に入ってみました。
d0168471_2112248.jpg

はい、子供達の言った通り、土なんてどこにもありませんでした(笑)

イチゴ大好きハー君は、たくさんのイチゴに大興奮。
採ってあげるはしから、口につっこんでいきます。
d0168471_21411348.jpg

「もぐもぐ、ごっくんしてから、ゆっくり次のを食べるんだよ」そう言い聞かせても
すごい速さで口の中から、大きなイチゴが消えていきます。
d0168471_2165293.jpg

せっせとハー君に与えながらも、ハルばあも大きな赤いイチゴをどんどん食べました。

30分しかないので、温室を移りながら3種類のイチゴを食べ比べ。
係員の方が、美味しいイチゴの見分け方を教えてくれました。

「章姫」などは、実の全体が赤い完熟した状態よりも
上の方がまだ白いくらいで固めの方が、甘くて美味しいのだそうです。

そう教えてくれながら係員のお兄さんの採ってくれたイチゴは
本当に甘く美味しくて、さすがにプロの目は違うんだと思いました。

あっちだこっちだと温室を巡りながら、30分間一心不乱でイチゴを食べまくり。
d0168471_21401080.jpg

ハー君もずっと口の中にイチゴが入っているくらい食べ続け
いくらなんでも食べすぎだろうと、イチゴを与えるペースを落とすと
「イチゴちゃん、イチゴちゃん、ちょうだい」と大騒ぎ。

自分でそこら辺の、まだ白っぽいイチゴまで手で引きちぎろうとするので
あわてて赤く熟した実を与えていたりしたので、最終的には一体いくつ食べたのやら。
恐るべしイチゴ大好き2歳児。

根が貧乏性なので、お金を払った分の元は取ろうと大忙しで食べ続けた30分。
でもイチゴはとっても美味しかったし、大好物を前に超ご機嫌のハー君と楽しめたし
初めてのイチゴ狩りに大満足のハルばあでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-04-02 21:47 | お出かけ

ハルばあ映画に行く

先週末、朝から休日出勤していたリョウさんからメールが入り
「なんとか6時過ぎには仕事上がれそうだから、待ち合わせて映画に行こう」
だらだらお休みを過ごしていたハルばあに、急にそんなお誘いがきました。

大慌てで着替えてメイクして、立川のシネシティへ向かいました。
ハルばあの方が待ち合わせの時間より、40分ほど早く立川に着いたので
せっかくだからと駅ビル入り口でやっていた冬物最終セールに立ち寄りました。

50%オフになっていたセーターがタイムセールで
割引価格からさらに20%オフだというので、迷わず買い。
d0168471_16193786.jpg


その後、駅ビル内で朝食用に焼きたてパンを買ったりして
リョウさんと会った時は、大荷物を持っていました006.gif

思わぬセール品GETで気持ちが盛り上がったまま、シネシティへ行き
「ミッション・インポッシブル~ゴースト・プロトコル」を観て来ました。

ドバイの高層ビルからぶら下がったり、立体駐車場を駆け上がったり飛び降りたり
今回のミッションもトム・クルーズの身体をはったアクションがすごかったです。

「ミッション・インプッシブル1」から、もう何年もたっているだろうに
トム・クルーズはまるで年をとっていないんじゃないかと思えるほど若々しい肉体。
驚きのアクションシーンの連続でした。

難しいことは考えずに、ハラハラドキドキしながら観るのに最適な映画。
ホント映画館で観るためのハリウッド映画って感じで、とても楽しめました。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-01-23 21:16 | お出かけ

ハルばあ「2Cellos」に感動する

2Cellosのコンサートに行ってきました!
d0168471_2049454.jpg

最近話題のイケメンユニット「2Cellos」
2チェロと名の通り、クロアチア出身のルカ・ストリックとステファン・ハウザーという
二人の若いチェロ奏者のユニットです。

彼らはイギリスのクラシックの名門大学でチェロを学び
有名クラシックコンクールの優勝経験もある実力の持ち主です。

そんな二人が「もっと若い世代にクラシックになじめる糸口を作ろう」と
2011年1月にマイケル・ジャクソンの「Smoth Chiminal」という曲を
チェロ2本でカバーし、Youtubeでアップロード。

それがなんと560万回の再生を記録。
アップロードから3日後には大手レコードレーベルからオファーが殺到。
わずか半年後には世界デビューというスゴイ二人です。

昨年8月にTVで彼らを紹介していたのを見て衝撃を受けたハルばあは
今回の来日コンサートに行って、ぜひ生で演奏を聴きたいと思ったのですが
残念ながらチケットが取れなかったんです。

ところが一昨日の昼間、娘Meが突然電話してきて言いました。
「友達が急に行けなくなったから2Cellosの明日のチケット譲ってくれるって。
 お母さん、どうする?」

もちろん「絶対に行く!」と即答。
昨日は仕事を早上がりさせてもらい、赤坂ブリッツで行なわれたコンサートに行きました。

赤坂ブリッツは割と狭いせいもあってか、立ち見も含め超満員。
思っていたより、観客の年齢層は高めでした。

7時の開演から10分ほど遅れ「2Cellos」の二人が登場。
それから1時間20分くらい、短い曲紹介をはさむ程度で休むことなく演奏が続きました。

コールドプレイ、ガンズ&ローゼス、ニルヴァーナ、グリーンデイズなどのカバーが
超絶パフォーマンスで演奏され、その迫力に本当に圧倒されました。

もともとバイオリンの音色より、チェロの音のほうが好きなハルばあですが
チェロがあんなに多彩な楽器だなんて驚きました。

アンコールはお辞儀だけに出てきた2回。
さらには演奏が3回。
「もうこれ以上ロック曲の持ち合わせがないよ」と言いながら
マイケル・ジャクソンの曲など再度演奏してくれるというサービスもあり
本当に楽しめたアッという間の1時間20分でした。

まさかコンサートに行って生「2Cellos」が見れて聴けるなんて!
今年の運をすべて使ってしまった気がするほどラッキーだったハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-01-18 21:05 | お出かけ

ハルばあ、ニューハーフショーを見る

今朝、ハルばあ家地域では、この冬初めての雪が降りました。

d0168471_2337444.jpg

d0168471_23381314.jpg

10時前にはやんでしまったけれど、いよいよ本格的な冬の到来です。

雪の降るそんな寒さの中、ハルばあはインディアカ仲間3人と日帰りバス旅行に出かけました。
今日のコースは「お台場と《新宿アルカザール》オカマ&ニューハーフショー」

11時半に最寄の集合場所からバスに乗車。
何箇所かの乗車場所に寄りお客さんを乗せ、バスは高速道路で一路お台場を目指します。

お台場に1時45分くらいに到着。
ここで4時20分の集合時間まで自由行動です。

お腹がすいたハルばあ達は、まず遅めのランチへ。
デックス東京ビーチの中のカレー屋さんで、カレーバイキングを食べました。

窓際の席からは目の前にレインボーブリッジが広がり、中々の眺めでした。
日ごろ東京都の外れに住むハルばあ達にとって、大都会を感じる素晴らしい景色です。

そこでのんびりお昼を食べていて、ハッと気づいたら時計は3時少し前。
実は3時からヴィーナスフォートの噴水広場で行われている
スノーショーを見に行くつもりだったんです。

これは天井から雪に見立てたシャボン玉が降ってくるというイベントだそうで
クリスマスまでの期間限定なので、絶対見ようと決めていたんです。

3時の次は5時に行われているそうですが、ハルばあ達は3時の回しか見られないスケジュールです。
あわててヴィーナスフォートに向かってみましたが、時すでに遅し
スノーショーはすでに終わっていました。残念。
d0168471_0363426.jpg


お台場からは、ニューハーフのジェニファーさんがバスに乗り込み
新宿のお店に着くまで、大爆笑のお話をたくさん聞かせ楽しませてくれました。

ツアーのメインイベント「アルカザール」では、ウイスキー&ソフトドリンクが飲み放題でおつまみつき。
まずオカマさん達と飲みながらおしゃべりした後は、約1時間のショーを見ました。

華やかな衣装で、想像していたよりはるかに見事な踊りがすぐ目の前で繰り広げられます。
次々と曲が変わり、激しいダンスやセクシーなダンス、そして大爆笑のダンスなど続き
お客を飽きさせない、本当に楽しいショーでアッという間の1時間でした。

ショーの後はジェニファーさんと写真を撮影。
いっぱい笑って楽しんだ「アルカザール」を後にしました。

年末の忙しさにチョッとささくれ立っていた心が、少し軽くなった楽しい一日でした。

d0168471_0575138.jpg

この人がジェニファーさん。
すごく色っぽくてきれいなニューハーフさんでした。
[PR]
by haru2010yakei | 2011-12-10 01:23 | お出かけ


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧