カナダ~アメリカ旅行 その1

9月26日~10月4日、娘Meと二人でカナダ~アメリカ旅行に行ってきました。

今回の旅の一番の目的はカナダに住む、若い友人Sちゃんに会うこと。
Sちゃんは以前ワーキングホリデーで日本にいた時に知り合い
娘Meとも仲良くなった、日本語ペラペラの素敵なカナダ人女性です。

Sちゃんはカナダ ビクトリア州のサマーランドという所に住んでいます。

サマーランドは、バンクーバーからカナダ国内線でケローナ空港に行き
そこからは車で45分ほどらしく、空港までSちゃんが迎えにきてくれるといいます。

旅は基本、格安旅行のハルばあ家。
エクスペディアで格安航空券を探し、ついでにホテルも予約。

格安なのでもちろん、バンクーバーまでの直行便ではなく
アメリカ シアトルで乗り換えするデルタ航空のチケットをとりました。

9月26日 0時5分羽田空港発の便なので
25日の夜、早目に羽田に行き、自動チェックイン機でチェックイン。

そのあとデルタ航空カウンターでスーツケースを預けます。
この時に担当してくれた係員の若い女性の手際がものすごく悪く
何気なく名札を見ると「研修中」とあったので
「こんな時間で空いているから、仕事に慣れるために研修中の人がやるんだね。
 しかたないね」なんてMeと話していました。

「シアトルで乗り換えの時に、この荷物は一度ピックアップするんですか?」
荷物を預ける時、研修中とあるけど大丈夫かなと思いながら、この係員に聞くと
「いいえ、バンクーバーまでそのまま届けますので大丈夫です。
 バンクーバー空港に到着してから受け取ってください」
確かに彼女はそう言ったのですが、後になってそれが間違いだとわかるのです。

デルタ航空DL580便は定刻通りに羽田空港を出発。
シアトルまで約9時間のフライトです。

時差の関係でシアトルに到着したのは、現地時間25日17:09。
次に乗るバンクーバー行きは18:55発。

少し時間に余裕があるとはいえ、アメリカの入国審査やセキュリティーチェックなど
次の出発ゲイトに向かうまでに、かなり時間のかかりそうな事があるので
まずは急いで入国審査エリアに向かいました。

今回行ってみると、以前ESTAを使ってアメリカに入国した人は
ズラ~っと並んだ機械で、各自パスポートチェックができるようになっていたので
思っていたより入国に時間がかからず、すんなり入国することができました。

そのあとセキュリティーチェックを抜け、案内表示に従ってシャトルトレインに乗り
次に乗るバンクーバー行きのターミナルに向かいました。

予想よりも早く搭乗ゲイトに到着してみると18:55発の便は「DELAY」遅延の文字。
19:15発に変更になったようです。
近くのスタバでコーヒーを買い、ゲイト近くの待合所で待っている事にしました。

その後、アナウンスとともに19:15は19:25、19:30、19:45と遅くなります。
バンクーバーで予約してあるホテルは、12時までチェックイン保障なので
まだ大丈夫そうだけど、このまま遅れると間に合うか少々不安。

そんな話をしていると、突然、空港内のアナウンスでハルばあの名前が!

ハルばあ達の英語力では、アナウンスの内容が完全にわからないのですが
どうやら荷物の事で、ハルばあにカスタムまで戻れと言っているようです。

乗る予定の便はどんどん遅れているため、何かアナウンスがあると困るので
Meはそこで待っていて、ハルばあ一人でカスタムに向かうことにしました。

が、案内表示だけを見て搭乗ゲイトまで行ったので、戻るターミナルもわからず
又、どうやってセキュリティーを抜け、カスタムにいけばいいのかわかりません。

インフォメーションに行っても人がいないし、しかたなく空港職員らしい人に
ハルばあのブロークン英語で「アナウンスで呼ばれた。カスタムに行きたい」
そう必死で話をして、カスタムへの行き方を聞くのですが
ハルばあの英語力が足りないせいか、それとも相手が自分の管轄外は知らないせいか
結局、広い空港内をグルグル歩きまわる羽目になりました。

この時ほど「ああ、もっと英語を勉強しておけば良かった」と思った時はありません。
日本に戻ったら絶対に英語をやろうと、その時は真剣に誓ったハルばあ。
(あくまで、その時は…のど元過ぎれば何とやらですが)

どうしようと思ったところで、やっと黄色いセキュリティーの制服を着た人に遭遇。
同じ話を繰り返すと、詳しくセキュリティーチェックへの行き方を教えてくれて
そこに行ったら同じ黄色の制服の人に言えばカスタムに連れていってくれる
まるで子供に言い聞かせるように、丁寧に教えてくれました。

教えられた通りシャトルトレインに乗り、別のターミナルに行き
そこで黄色の制服のおじさんを見つけ、カスタムで呼ばれたと言うと
後ろのドアからセキュリティーを通してくれて
担当者が来るまで、そこで待つように言われました。

ところが肝心の担当者が見つからないようで、結局あちこち連れまわされ
ようやく担当だという女性に会えた時までに、かなり時間がかかりました。

やはりスーツケースは一度ピックアップしなければならなかったようで
アナウンスで呼び出したのに、ハルばあがカスタムに中々来ないので
「私があなたの荷物をバンクーバー行きのカーゴに乗せた」と言われました。

「やっぱり…」そう思いながら、担当者にお礼を言うと
彼女は、あなたの便の出発時間が迫っているからゲイトまで走れと言います。

ハルばあが「DELAYで19:45に変更だった」と言っても
担当の女性は「そんな事はない。18:55だ。走れ!走れ!」と強く繰り返します。

そんなはずないよ~と思いながらも、再び搭乗ゲイトに向かおうとすると
今度は先ほどの黄色の制服のおじさんが「セキュリティーチェックを通れ」と。

ハルばあの後ろではカスタム担当者が「急げ!走れ!」と繰り返しています。
それを見ながらも、おじさんは長い列の後ろを指さしながら
「もう一度並んで、セキュリティーチェックを受けろ」そう言います。

しかたなく並んで、再びセキュリティーチェックを受け、シャトルトレインに乗り
「DELAYなはずなのに」と思いながらも、一応搭乗ゲイトまで走りました。
d0168471_1938339.jpg

やっと搭乗ゲイトに戻ってみると、なんとさらに出発は遅れ表示は20:15。

「やっぱり遅れてるんじゃない~」
必死で空港内を走り回ったハルばあは汗だくです。

ハルばあが事の顛末を話すと「お疲れ様。でも無事で良かった」
中々戻らないハルばあを心配していたMeはホッとしたようです。

まだまだ旅は始まったばかり。
カナダにすら着いていないのに、いきなりのハプニングです。
この先の旅がスムーズにいくことを祈るばかりだったハルばあ。

出発が遅れているので、デルタ航空から搭乗予定者に水のボトルが配られ
そのあとスナックやジュースなども配られたので、それを食べながら
お疲れハルばあは待合所のベンチで一休み。

でもこのままさらに遅れると、ホテルのチェックインが間に合うか不安だね。
もう少し遅れるなら電話入れておこうか…なんて話していた頃
ようやく搭乗できることになりました。
d0168471_19385977.jpg

20:25、予定より1時間半遅れて、バンクーバー行きDL4540便が出発。
バンクーバーまでは1時間5分かかる予定です。

ところが乗り込んだ飛行機の中で、機長からアナウンスがありました。
遅れたお詫びと、出来る限り急ぐらしいことが聞こえました。

英語は少ない語彙に勘と度胸、あとは身振り手振りで乗り切ってきたハルばあ。
そんな英語力では、アナウンスの内容に今一つ確信が持てなかったのですが
なんと出発して30分もしないうちに着陸準備のアナウンスが。
出来る限り急ぐと聞こえたのは間違っていなかったようです。

そして20:55バンクーバー空港に無事ランディング。
「1時間5分のフライト予定って何なんだ」と思いながらも
少しでも早くカナダに到着できて、取りあえずホッと一安心。

入国審査を抜けスーツケースを受け取り、バンクーバー空港内から直結の
バンクーバーシティセンター駅からスカイトレインに乗って
予約してある市内のホテルの最寄り駅に向かいます。

スカイトレインの券売機は比較的わかりやすく、初めてでも大丈夫ですが
駅にいる係員がすぐさま寄ってきて、親切に切符の買い方を教えてくれます。
ニコニコ笑顔でとっても親切、本当に旅行者に優しい駅員さん。


この数日後、サンフランシスコでも空港駅で切符を買おうとするのですが
ここの券売機は不親切なくらい使いにくい券売機で
ハルばあ達ばかりじゃなく、色んな国からの旅行者が戸惑っていました。

おまけに近くにいたおばさん駅員に聞くと、ものすごく高飛車で
切符の買い方を教えながら、恐いくらいの声で「覚えた!?」と言われました。
旅行者の多い所なのに、バンクーバーを見習えと言いたかったです。


さて、ようやくスカイトレインでバンクーバー市内に向かったハルばあ達。
最寄り駅から徒歩5分ほどで、予約していた「MODAホテル」に到着。
チェックインしたのは夜11時でした。
d0168471_1943361.jpg

(翌日写したホテルの外観です。)

「MODAホテル」は、ガイドブックによると治安の良い市内の中心部にあり
繁華街にも近く、交通の便の良い所にあるこじんまりしたホテルです。

ラッキーな事に、エクスペディアで航空券と一緒に予約したので
一応星3つホテルだったのに、かなり格安料金で宿泊できました。

ホテルの部屋は、お値段から想像していたより広くてきれいなお部屋でした。
ベッドもクイーンサイズが二つで、ゆったりだったので大満足。
d0168471_19445056.jpg


それにしても、旅の始まりから走り回ったり不安になったりの波乱の幕開け。
でもバンクーバーに着いて、ようやく海外旅行気分が高まってきて
さらには想像より、ホテルが綺麗で静かで良かったので
すっかり気を良くして、翌日からの観光に期待大になったハルばあです。

その2に続く。
[PR]
by haru2010yakei | 2015-10-13 18:33 | 旅行


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧