追悼

友人Mちゃんのご主人Aさんが亡くなりました。
ガンでした。
うちのリョウさんと同じ年齢、60歳になったばかりでした。

Mちゃんとは同じマンションに越してきて子供が同じ幼稚園だったことで親しくなり
その後、家族ぐるみのおつきあいになりました。
Aさんとリョウさんはここ10年くらいは、一緒に山登りに行く山仲間でもありました。

子供達が小学生くらいまでは一緒にキャンプに行ったり、バーベキューしたり
マンションの最上階にあるMちゃんの家のルーフバルコニーで花火見物をしたり

子供が育ってからは、Mちゃんもフルタイムで仕事をするようになり
お互い時間が合わず、なかなか一緒に何かできるわけではなかったけれど
時々はメールしたり、立ち話したり、年に何回かは食事したり
むしろAさんとリョウさんの方が、山仲間集まっての山行き、飲み会と
年に何度となく一緒に楽しむ友人同士でした。

Aさんは誰もがマンション一のスポーツマンと認めるほどのスポーツ万能の人で
でもギターも上手くて、みんなが集まるとギターを手に見事な美声を披露してくれる
明るくて面倒見のよい、みんなに好かれる本当に良い人でした。

MちゃんとAさんは、とっても仲の良いご夫婦で
趣味もピッタリ同じで、どこに行くのも常に一緒。
Mちゃんが結婚して30年たった今でも、旦那さまのAさんが大好きなのは
誰でもわかるほど、いつもラブラブな二人でした。

Aさんは今年のお正月に、リョウさんたち山仲間6人で
亀戸天神辺りの七福神巡りに行き、その時の写真を大きく加工して
「2012年 みんなまだまだ元気です」なんてコメントをつけて山仲間に配ってくれ
その写真は、ずっと我が家のリビングにも飾ってありました。

そんなAさんの死。
あっという間の死でした。

誰からも愛された人柄を表すように、お葬式にはマンションからも多くの人が参列。
集まった老若男女みな、涙が止まらない状態でした。

どんな人だって、死んでいい人なんていないけれど
それにしたって「何であんなにいい人が…こんなに早く…」と
誰もが思ってしまう、そんなAさんの死でした。

お葬式の後、お骨を前に「こんな姿になっちゃって…ばかやろう…」
そう涙ながらにつぶやくMちゃんに、何と言ってあげたらいいかわかりませんでした。

親しい人の死は、いつだってとっても辛く悲しいです。
いつまでも悲しんでいても、きっとあの元気いっぱいだったAさんが喜ばないとは思います。
それは十分わかっているけど、まだ悲しみがとれません。

ハルばあですら、こんな状態ですから
大好きな旦那さまを失ったMちゃんの心を思うと、本当につらく心配です。

なんの慰めにもなれないかもしれないけれど
これからも変わらずMちゃんの側にいて、少しでも力になってあげたいと
心から思うハルばあです。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-11-17 16:21 | 日記、雑記 | Comments(10)
Commented by とも at 2012-11-17 21:37 x
お友達のご主人、お悔み申し上げます。

私の友達も、ガンと判ってから3か月で逝ってしまいました。
56歳でした。
いまだに、思い出すと悲しくなります。
病院に早く行くよう勧めれば良かったとか、体がきつかったのを
気付いてあげれば良かったとか・・
未だに思うことが、たくさんありますが、もう過去は替えようがなく
どうしようもないのですね。

お友達のそばにいてあげてくださいね。
力になりたいと思ってくれるお友達がいるだけで
お友達は嬉しいと思います。
Commented by kabe25 at 2012-11-19 16:08
★心よりお悔やみ申し上げます。

人間は、誕生日があるように 命日もある。
その時まで、自分らしく生きていきたいね。

傍にいるだけで お供たちは、心強いと思いますよ。
優しく見守って上げてね。
Commented by haru2010yakei at 2012-11-19 18:18
ともさんへ
ともさんも最近、お友達を亡くされたんですよね。
本当に良い人ほど早く逝ってしまうんですね。
今もAさんの写真を見ると悲しいけれど
片割れを失くし悲しみのどん底にいる友人の事を思うと
もっと前向きに彼女の力にならなければと思っています。
ともさんの言う通り、まずはなるべく傍にいようと思います。

Commented by haru2010yakei at 2012-11-19 18:21
kabe25さんへ
本当に運命は自分で最期を決められないから
その日がいつ来ても良いように、毎日を大切に
悔いの少ないよう、一生懸命生きていきたいですね。
友人もまだまだ悲しみの底にいるので
せめて傍に寄り添っていてあげたいと思います。
Commented by anello63 at 2012-11-19 21:48
60歳ではまだまだこれからやりたいことがたくさんあってでしょうに、
心残りでしょうね。
何よりも残された奥さまがお気の毒ですね。
そばにいてくれるだけでどんなに支えになることか。
haruさん、優しいです!
Commented by htokuyama3 at 2012-11-20 10:07
私たちの年になると 特に喪中はがきでも若い人がなくなられるのが目につきます
リョウさんも 寂しくなられましたね 3年前私の友人もなくなりました 

横浜に住んでいましたが 亡くなってからご主人の友人が去っていくのが解ったそうです 私も彼(私の友人)が亡くなったけれど 高校生のお子さんと奥様とは今までよりも深くつながるようになりました。
遠く離れてるので時々のメールや電話 季節の味などを送ったりして 遠くからも見守ってます
お友達もきっと haruさんの声掛けだけでもずいぶん癒されると思いますよ3回忌までが一つの山みたいです 49日までは忙しくて余裕がないけれど それを過ぎるとじわじわ寂しさがこみ上げるようです
Commented by kerosanba-kero at 2012-11-20 16:49
辛いですね・・・癌は若い方ほど進行が早いと言いますが60歳は早すぎますね。
ご家族の方もharuさんやご主人様も今は辛いでしょうが、お互いそばにいて声を掛け合うだけでも気持ちが落ち着きますよ。
よく、時が忘れさせてくれる・・・と言いますが私の場合は10年たった今でも父の死をズルズルと引きずっているような感じです。
ですから皆さん、上手に乗り越えていってほしいと心から思います。
Commented by haru2010yakei at 2012-11-20 18:52
anello63さんへ
本当に仲の良いご夫婦で、Mちゃんは旦那さんがいなければ何にもできないと常日頃から言っていたほどでした。
そんな彼女ですからご主人を失った悲しみは計り知れません。
私達夫婦にとっても、かなりショックな出来事でした。
ただそばにいることしか出来ないのが、とても歯がゆいです。
Commented by haru2010yakei at 2012-11-20 18:58
htokuyama3さんへ
葬儀が終わり49日を済ませると、やはりあらためて辛くなるようですね。
大したことができるわけでもないけれど、ただそばにいて
彼女が淋しい時は少しでもささえになっていきたいと思います。
本当に最近は喪中はがきを受け取る事がグンと増えてきました。
その中でも、やはり同じ年代の方の死はツライですね。
いつかは別れる時がくるけれど、亡くした人たちのためにも
精一杯生きなければとあらためて思いました。
Commented by haru2010yakei at 2012-11-20 19:02
kerosanba-keroさんへ
夫婦そろって仲良くさせてもらっていたので
やはりかなりのショックを受けました。
でも一番つらく悲しいのはMちゃんなので
私達で少しでもささえていけたらと思っています。
大好きなご主人の死を乗り越えるのには時間がかかると思うので
せめて淋しさが薄れるように傍にいてあげたいと思ってます。


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のコメント

明けましておめでとうござ..
by htokuyama3 at 22:11
こんばんは~ 暫く..
by hazuki72336 at 20:09
明けましておめでとうござ..
by anello63 at 00:36
あさがおさんへ お返事..
by haru2010yakei at 17:41
ともさんへ お返事が遅..
by haru2010yakei at 17:38
大人の基礎英語 という英..
by あさがお at 13:25
「女王の頭」という岩を見..
by とも at 09:11
hazukiさんへ 台..
by haru2010yakei at 18:36
salam2002さんへ..
by haru2010yakei at 18:33
こんにちは~ お久..
by hazuki72336 at 15:17

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧