済州島旅行 その4

6月19日 午後

日本に台風上陸のため飛行機が欠航という
思いがけないハプニングに遭遇してしまったハルばあ一行。

でもみんな、日本に連絡がつきホテルが決まってしまえば
さっさと気持ちを切り替えて、済州島観光を楽しむことになりました。

前日、大雨のため行くのをとりやめにした「済州民俗村」へ

済州島には民族村がふたつあって
ここは1890年頃の済州島の文化を再現した歴史テーマパークです。
「チャングムの誓い」など、たくさんのドラマや映画のロケにも使われています。
d0168471_23342862.jpg


済州島は「三多三無の島」といわれているようで
三多とは、女性が多い、石が多い、風が多い
三無とは、泥棒がいない、貧民がいない、門がない
けっして裕福な島ではないけれど、お互いの信頼関係の下
みんなで助け合って生きてきたのだそうです。

d0168471_23392420.jpg

門のない代わりに、家の入り口には両側の石に挿した3本の棒があったそうです。
片側の3本がはずされ、こんな風になっている場合は
「家にいます。どうぞお入りください」の意味。

一番上の棒一本だけかけられているときは
「ちょっと出かけていますが、すぐに戻ります」

上2本の棒がかけられているときは
「出かけています。夕方に戻ります」

3本の棒すべてがかけられている時は
「しばらく出かけているので戻りません」という意味があるのだそうです。
d0168471_23485220.jpg

まるで真夏のような暑さの中、現地ガイドのキャンディの説明を聞きながら見て回ります。

d0168471_23504885.jpg

ちょうど昔から続く民族音楽の演奏があったので、木陰で一休みしながら鑑賞。

d0168471_2354360.jpg

d0168471_23563882.jpg

ドラマ「巨商」のロケが行われたのもココだそうです。
これは済州島の恩人と言われる実在の女性の半生を描いたドラマだそうです。

次は当初の予定通り、韓国食品店に立ち寄る予定でしたが
肝臓疾患にきくとか、代謝をあげてダイエットにきくとかいわれる
「冬虫夏草」を買いたいと、栃木ご一行が言い出したので
もうひとつの民族村「城邑民俗村」に向かうことになりました。

ここは、伝統的なかやぶき屋根の家に今も人が生活しているのです。
d0168471_043729.jpg

d0168471_062031.jpg

その日の当番だという日本語の上手な村の女性が、いろいろ話をしてくれます。
d0168471_083579.jpg

そして最後には「冬虫夏草」の説明と販売。

ふつうこういう販売の場は、誰かが買うまで、なかなか外に出にくいものですが
元々これがお目当てだった栃木一行があっさり2セットずつお買い上げ。
ハルばあ一行、安心して村を出ました。

そこからバスは韓国食品店におみやげを買いに立ち寄り
後はまっすぐホテルに向かいました。

その日の宿は、前日まで止まったホテルグランドのすぐ近く
サンランドホテルというビジネスホテル風なホテルでした。

ちょうど夕食の焼肉店の予約時間になったので、荷物を置いてすぐに
焼肉店の迎えの車に乗り込みました。

キャンディは、予定外の宿泊になったハルばあ達を心配し
焼肉店まで自分の車で一緒にきて、注文をするのにアドバイスをくれたり
食事のあと、マッサージに行きたいという栃木の奥様2人のために手配したり
やっぱり今夜もカジノにいくべ~という栃木のオッパ2人のために手配したり
明日朝の確認をしたりと、本当に親身になっていろいろ頑張ってくれました。

日ごろ、あまり歩かないTさんは疲れたと言っているし
KOさんはホテルに戻って韓流ドラマを見たいと言うので
ハルばあ一行は、美味しい焼肉を目いっぱい食べたあとは
まっすぐホテルに戻りました。


そして済州島4日目。
朝6時20分にキャンディがマイクロバスに乗って迎えにきました。

「朝早くて何も食べていないでしょう。
 朝からやっている店を探してキンパを買ってきました。
 キャンディからのささやかなプレゼントです。
 チェックインしたら、飛行機に乗るまで時間があるので食べてくださいね」

そういってキャンディが、一人一本ずつ韓国のり巻きキンパをくれました。
キャンディの心配りに、もうみんな大感激。

バスの中で「会社のほうからの指示です」と
キャンディが、今回の延泊代金の一部を返金してくれました。

ホテル代とバス代で合わせて6000円弱支払ったのですが
何故か、約2800円ほど戻ってきました。ラッキー!

空港に着き、長いチェックインの列に並んでいたとき
後ろに並んだ日本人のご夫婦が「昨日は大丈夫でしたか?」と訊ねてきました。
そのご夫婦の話によると、その方たちは、昨日ホテル探しが大変だったそうなのです。

空港に近い新市街や旧市街は、どこもホテルが満室でことわられ
結局、島の反対側、車で1時間くらいかかる場所のホテルに泊まったそうです。

空港に来るのも朝かなり早いので、タクシーを予約しようと思ったら
20日は済州島のタクシー会社が一斉にストライキだからと断られ
しかたがないので、前日まで使っていた観光タクシーの運転手に泣きついて
割り増し料金を払うからとの約束で、なんとか空港に来られたのだと言ってました。

そんな話を聞き、キャンディと旅行会社の迅速な対応のおかげで
早々にいろんな手配がついたおかげで、よぶんに観光を楽しめた
自分達のラッキーさを、あらためて感じたハルばあ一行でした。

空港に着きチェックイン後、出国ゲートに入る時まで
キャンディは何かトラブルはないかと心配して、最後まで見送ってくれました。

本当にお世話になったキャンディとは、ゲートに入る前にひとりひとりハグしてお別れ。
ありがとう、キャンディ!
あなたのおかげで、本当に忘れられない楽しく最高の旅でした。

帰りの飛行機は、時々気流の悪いところはあったものの
1時間50分ほどで成田上空、降下体制に入りました。

ところが、最後にもうひと波乱。
かなり降下してもうすぐ滑走路が見えそうだというところで、突然、飛行機が急上昇。

何事かと機内が騒然としていると機長からのアナウンスで
「かなりの強風のため、管制塔から着陸中止命令が出ました。
 着陸許可が出るまで、上空を旋回します」との事。

一瞬、もしかして着陸できずに他の遠い空港に行くのでは…
なんて心配になったので、ちょっとホッとしたものの
やはり上空も風が強いのか、かなりガタガタ機体が揺れ、不安が増します。

あまりの揺れに気持ちが悪くなり始めた頃
ようやく飛行機は再び着陸態勢に入りました。

まだまだ風の強い中、ガタガタ機体を震わせながら無事着地。
着地の瞬間、機内の乗客から大きな拍手があがりました。

成田から家までの高速道路でも、時折強い風が吹いていましたが
午後1時半くらいには、無事に家に戻ることができました。


前回ソウルに行った時は、ちょうど北朝鮮の韓国砲撃事件が勃発。
今回は台風で飛行機が欠航と、アクシデントが続いた韓国の旅。

でもガイドのキャンディといい、栃木のご夫婦達といい
本当に明るくポジティブな良い人たちに巡り合い
ハプニングはあったものの、思い出深い楽しい旅行になりました。


今回も長々した旅行記を読んでくださり、ありがとうございました。
[PR]
by haru2010yakei | 2012-06-30 01:32 | 旅行


グータラ主婦ハルばあの日常のあれこれを綴ってみました。


by ハルばあ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ご挨拶
お出かけ
日記、雑記
マイ ファミリー
イベント
スポーツ
お店
お散歩
山登り
お買い物
旅行

以前の記事

2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

フォロー中のブログ

今日も元気一杯!
空の見えるベランダから
やっぱり旅が好き♪
恵♪♪♪
うじうじしない日記
雑食系(アラフィフ)女子帖
たかこキッチン♪
こけの実のひとりごと
とものひとりごと
想い出はセピア色に。。。

最新のトラックバック

「綿の宮殿」と呼ばれる自..
from dezire_photo &..

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

ハルばあ、台湾に行く その3
at 2016-10-17 20:36
ハルばあ、台湾に行く その2
at 2016-10-11 22:07
ハルばあ、台湾に行く その1
at 2016-10-03 18:51
秋の味覚がいっぱい
at 2016-09-12 20:31
夏の色々と秋の野望
at 2016-08-31 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧